通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【書込み無し】カバーに微スレがありますが、紙面は使用感の少ない綺麗な状態です。◆Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。◆付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ◆Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

無気力の心理学―やりがいの条件 (中公新書 (599)) 新書 – 1981/1/22

5つ星のうち 3.7 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 1981/1/22
"もう一度試してください。"
¥ 713
¥ 713 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 無気力の心理学―やりがいの条件 (中公新書 (599))
  • +
  • 知的好奇心 (中公新書 (318))
  • +
  • 人はいかに学ぶか―日常的認知の世界 (中公新書)
総額: ¥2,269
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 新書: 173ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (1981/1/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121005996
  • ISBN-13: 978-4121005991
  • 発売日: 1981/1/22
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,620位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
この本は、何らかのかたちで人に者を教える立場の人間の必読書だと思います。人に勧めたり、何冊も差し上げたりしています。少なくとも5〜6冊は買ってます。お勧めします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
他の方は「無気力な状態で読んでも意味が無い」とおっしゃられていますが、
自分がなぜ無気力なのか、どうすれば克服できるか客観的に見直せる本だと思います。

無気力を抜け出すためには「主体的に行動できているという感覚」「他者から信頼を得ているという感覚」「自身の熟達を自己評価する感覚」
の3つを獲得することで、「効力感」に結びつけることが必要だと述べられています。
これ自体はマズローの欲求階層説なり、最近話題のアドラー心理学でも見られるような文言だと思います。
ただ、本書は動物実験などの実験結果を元に理論が組み立てられている点が優れています。
流行りの心理学本はただ人に共感を呼びかけることで評価されていますが、それとは異なり、理科的なアプローチで主張が成立しているのが特徴的です。

また後半は”教育心理の立場から”効力感を得るための具体的方法として、
「賞罰を減らす」「グループワークで教えあう」「各人の自尊心を守る」などを挙げています。
ホントは上司や周りの方にも効力感を得る方法を共有して欲しいところですが、逆に言えば自分が効力感を得られない説明になり、納得できます。
一応教育者に向けられた本なので「グループワークで教えあう」など、一般的ではない内容も含まれますが、<
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
だいぶ前に出版された本。目新しいことは書いてない。「それはそうだよな~」という感想。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まさに1行目に、この本の中心的な内容が凝縮されていた。
「いくら努力したところで、自分のおかれている「ひどい」事態に、なんら良い方向への変化が生じそうもないと信じ、すっかり意欲を失っているのが無力感にほかならない」

なるほど。すかさず、線を引いてしまった。

この本は古い本です。間違いありません。
しかし、良書でもあります。これも、間違いのないことです。

この本には、一貫して無力感について、書かれています。
無力感は、なぜ訪れるか。
無力感を脱するには。
具体的には。

やる気の出ない方へ。
この本を読めば、やる気を出すための知恵を得ることが出来ますよ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 wave115 VINE メンバー 投稿日 2008/7/2
人はなぜ無気力になるのか,どうすればモチベーションが向上するのか.これは自分自身にとっても是非知りたい話題です.

本書では,実験などによって無気力になる原因や効力感(モチベーションややる気といったものでしょう)を育てる方法などを検証しています.ただ,結論としては概ね予想の範囲です.また,下位の欲求が満たされないことには,より上位の欲求に対するモチベーションが湧かないという,マズローの欲求階層説と似たような結論を得ています.

最後の章に,効力感の獲得に関する日本とアメリカの比較があります.文化や取り巻く環境によってこの効力感の形成のされ方が違ってくるというのは,人間が回りとの関係の中で生きていく生き物なので当然なのですが,日本人に生まれたからには日本人なりの育て方があるというのは興味深いですね.
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告