通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
無業社会 働くことができない若者たちの未来 (朝日... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆全体的に汚れがあります。全体的に傷みがあります。全体的に使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

無業社会 働くことができない若者たちの未来 (朝日新書) 新書 – 2014/6/13

5つ星のうち 3.8 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 無業社会 働くことができない若者たちの未来 (朝日新書)
  • +
  • 独身・無職者のリアル (扶桑社新書)
総額: ¥1,642
ポイントの合計: 107pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

高校や大学に通学しておらず、
独身で、
ふだん収入となる仕事をしていない
15~39歳の「若年無業者」。

潜在数で日本に483万人とも指摘される彼らが年を取り、
増え続ければ、日本の社会は成り立たなくなる。

現場を知るNPO代表と気鋭の社会学者が
若年無業者2300人以上からのリアルなデータに基づき、
ミクロとマクロ双方の現状認識と衝撃の未来予測、
いま打つべき方策を解き明かす!

【目次】

はじめに

第1章 なぜ、いま「若年無業者」について考えるべきなのか
・メディアで報じられる「怠惰な若者たち」
・無業社会の出現
・人間関係が喪失する無業状態
・人口減少社会の希少財としての若年世代
・多くの誤解にさらされる若年無業者の実態

第2章 「働くことができない若者たち」の履歴書
<ケース1>
大卒後、超有名企業に入社も 憧れた「ビジョン」と乖離する現場で苦悩
<ケース2>
100通のお祈りメールに心を折られ、「申し訳なくて」面接を受けられない
<ケース3>
初心者歓迎のIT企業に就職も 教育なし・休み無し・突然の退職勧奨
<ケース4>
難関資格を見事取得も 面接が苦手で働けず、ひきこもり生活へ
<ケース5>
会社の都合で2度の解雇を経験。「とにかく潰れない会社で働きたい」
<ケース6>
友人と会社を設立もケンカ別れし退職。自信はあったのに再就職は失敗の連続
<ケース7>
夢も働く気もないが、人とはかかわりたい

第3章 「働くことができない若者たち」への誤解
Q1.そもそも「若者」の定義とは何か?
Q2.15歳と39歳の若年無業者に違いはあるのか?
Q3.結局、自分のやりたい仕事を選んでいるだけでは?
Q4.お金はなくても毎日自由に遊んだりしているのでは?
Q5.親のすねをかじれるから働かないのでは?
Q6.病気というよりも本人の意欲の問題では?
Q7.親やハローワークなど相談する場所はあるのでは?
Q8.彼らは自分の現状を改善しようとは思っているのか?
Q9.学歴と無業の割合は関係するのか?
Q10.なぜ、会社を辞めてしまったのか?
Q11.彼らはどのような支援を求めているのか?

第4章 「無業社会」は、なぜ生まれたか?
・若いころの苦労が美徳とされた時代
・格差社会からSNEPまで
・日本的経営と長期的雇用の合理性
・「福祉国家の危機」と「新しい社会民主主義」
・年金制度参加が大前提の日本型福祉社会
・戦後から最小限でやってきた日本の福祉
・田中角栄以降、場当たり的に発展した福祉
・フリーター、就職氷河期が少子化の原因! ?
・ようやく若者も「弱者」として認め始めた公的機関
・一度こぼれ落ちると圧倒的不利になるシステム
・人材を育てる場所がなくなった日本

第5章 「無業社会」と日本の未来
・生涯のコストギャップは一人1億5000万円
・OECDが推計した潜在若年無業者483万人
・社会とはいかにして483兆円を減らしていくか

第6章 若年無業者を支援する社会システムのあり方
・消えた「再チャレンジ担当相」のポスト
・エビデンスとしての『若年無業者白書』
・省庁の壁を越えて取り組むべき若年無業者対策

第7章 「誰もが無業になりうる社会」でNPOが果たす役割
・小さな成功事例を作る
・ミクロのデータを蓄積する
・エコシステムを作る

おわりに

内容(「BOOK」データベースより)

15~39歳で、学校に通わず、仕事もしていない「若年無業者」2333人のデータから見える本当の姿とは。現場を知るNPO代表と気鋭の社会学者によるミクロとマクロ双方の現状認識と衝撃の未来予測、いま打つべき方策を解き明かす!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 216ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2014/6/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022735651
  • ISBN-13: 978-4022735652
  • 発売日: 2014/6/13
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 50,598位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
一時期ひきこもりに近い生活をしていた。その経験からすると、本書はとても頷けた。
ドロップアウトした個人の中でも、引きこもりに至る段階がある。最初の方は自己評価が高い。
今まで何とかやって来たのだから、今回も何とかなる、と。活発に動く。友人にも会う。
しかし、これが失敗を重ねるたびに、あれ、という感じになっていく。
おかしいな、と冷や汗をかいているうちはいい。いずれ、そんな余裕もなくなってしまう。
社会から、拒絶された人間ができあがりだ。友人に会うのも恥ずかしくなる。親以外との接点をなくし孤立していく。
働くこと、そのものにそれほどの意味はない。普通に生活している今だから言えるのかもしれないが、
働くことそのものには、金を稼ぐ、それ以外の意味合いは、さしてないはずだ。
しかし、世間は働いていない人間にとても冷たい。

たまたま、自分は上手い具合に他人の助けがあって、地獄から抜け出せた。
しかし、一歩間違ったら今も実家のベッドの上で丸まっている、
または、すでにこの世から姿を消していると思うと、紙一重なのだ。
誰しも、引きこもりたい、孤独になりたい人間はいない。
そうなってしまう悲しみをうまく掬い取って、人間として復活させられるシステムなりがあれば、いいと思う。
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
本著においては、高校や大学に通学しておらず、 独身で、ふだん収入となる仕事をしていない15~39歳を「若年無業者」と定義されますが、潜在数で日本に483万人いると見込まれているそうです。

彼らをニートだとか仕事を選んでいるからだとか、能力不足だとか、自己責任だとか責める言説が巷にあふれています。

しかし、果たして、その批判は適切なのか?本著はミクロな具体例と、マクロなデータを使い、更には日本型福祉・雇用システムの歴史までを振り返り、議論を冷静に整理していきます。

要は、高校中退、あるいは大卒でも新卒就職で失敗してしまったりして、一度レールから落ちてしまうと、復帰するのが極めて困難な日本型雇用システムに問題があるのだということです。

これには納得。履歴書に「高校中退」とあったら、あるいは大卒で入社した会社を短期間で退職して、その後履歴書に「空白期間」がある場合、書類選考で落とされる可能性が高いでしょう。

だからといって、そういう状態にある若者に職業訓練を与えて、再チャレンジを促すような仕組みはきわめて不十分な現状があります。
結果として、無業者はますますキャリアから遠ざかり、いずれ生活保護などに頼らざるを得ないという未来が予測されます。

生活保
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2014/6/20
形式: 新書
若年無業者(15〜39歳で学校に通わず仕事もしてない)の数は200万人を超える。これは15〜39歳の16人に1人にあたる。最も多い理由は「病気・けがのため」で、怠惰と指摘されそうな「急いで仕事につく必要がない」「仕事をする自信がない」といった理由が占める割合は高くないという。そして、そのような若年無業者は、だいたい以下の3つの類型のどれかに当てはまり、誰にでも起こりえる事象であると、著者達は述べている。

「働きたいけど働けない」
「働き続けることができない」
「もう何からはじめたらいいのかわからない」

2333人のデータと無業状態に陥った人たちの例から、無業者の実態と背景について解説した本。若年就労支援を行うNPOの理事長と社会学者の共著となっている。

無業は就業のための何らかのトレーニングを受けているケースもあるから、厳密には全てがイコール「ニート」ではない。支援機関に訪れた人たちの70%は「どうしたらいいのか」すらわからず、無業が3年を超える人ではその率が90%を超える。その一方で、考えすぎたり、真面目すぎる傾向も見られるという。支援を求めるというところまでたどりつけない人もいる。そして、無業状態が長期化したり、高い年齢になるほど、抜け出すのは難しくなる。同じ年齢の若者全体と比べて中卒と高卒の
...続きを読む ›
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この著作の冒頭の「はじめに」を読んで、すぐに購入しました。

工藤氏の育児休暇時の「働いていない時」の著述に非常に興味を持ちました。なぜなら、私も一緒の経験をしたからです。

働いていない人、もしくは、働けない人にとって、日本という場所は(私の場合、東京ですが)、相当「居心地が悪い」と思います。違う表現で言うならば、自分の存在に自信がもてなくなります。なぜなら、日本では、若年者もしくは、そうではない年齢も含めて、働いていないことは、イコール、「普通ではない」ことだからです。

この著作の中で、無業状態になった当時者7人を引き合いに出し、
「誰でも起こりうること」であることが、よく分かります。

私自身は、無業状態の経験もあり、事情はよく分かります。問題は、一度社会との所属がなくなると、元に戻るには、相当ハードルが高いということです。

なんでハードルが、高いかは、この本を読むと、理解出来ます。
これから、若年無業者が減ることはなく、増え続けるように思います。
著者の支援活動は、もちろん支持しますが、その支援を超える勢いで
無業者が増えていっているのでは、ないでしょうか?

個人が出来ることは、限られています。日本社会が急速に
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー