通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
無冠、されど至強 東京朝鮮高校サッカー部と金明植の... がカートに入りました
中古商品: 良い | 詳細
発売元 あんしん道
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバー・本体に多少の擦れ、ヤケ等の使用感あります。検品・商品のクリーニング後、発送致します。状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


無冠、されど至強 東京朝鮮高校サッカー部と金明植の時代 (日本語) 単行本 – 2017/8/23

5つ星のうち4.6 6個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,530
¥2,530 ¥950
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 無冠、されど至強 東京朝鮮高校サッカー部と金明植の時代
  • +
  • 橋を架ける者たち ――在日サッカー選手の群像 (集英社新書)
  • +
  • 蹴る群れ (集英社文庫)
総額: ¥4,224
ポイントの合計: 53pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

東京朝鮮高校サッカー部が「幻の日本一」と呼ばれた理由

「ピッチの中では国籍も民族も問われない。うまいやつが王様なんだよ」と語っていたのは、Jリーグ・名古屋グランパスの元スカウトだった金益祚(キムイッチョ)だ。本田圭佑を高校時代から常に見守り続けた在日コリアン二世は、日本はもちろん、韓国・北朝鮮、ブラジルやヨーロッパにも幅広いネットワークを持つサッカー人だった。

その金益祚が“恩師"と慕っていたのが本書の主人公・金明植(キムミョンシク)だ。一九三八年・東京生まれ。べらんめえ調で「サッカーに政治や思想を持ち込んだりしちゃいけねぇよ」と啖呵を切る粋で元気な老人である。

その半生も波乱万丈。東京・枝川の朝鮮人集落で生まれ育ち、北朝鮮の政治思想や朝鮮総連の組織論理に翻弄されながらも、かつて「幻の日本一」と呼ばれた在日朝鮮蹴球団や東京朝鮮高校サッカー部に黄金時代をもたらした。小柄だがブレザー姿に黒いサングラスでサッカー指導するカリスマ性が強烈で、当時の朝高生たちから恐れられる存在だった(筆者もその一人だ)。

尤も、昭和の時代に青春期を過ごした者たちが朝鮮高校と聞いて連想するのは、「喧嘩とサッカー」だろう。本書では、各種学校扱いゆえ長らく公式戦に出場できずとも(九四年解禁)、朝鮮高校サッカー部が強かった理由が、詳細に綴られている。金明植が北朝鮮サッカー界を経由して当時としては珍しい東欧サッカーのエッセンスを習得・実践していく過程はその情景が浮かんでくるほどだが、個人的に興味深かったのは対峙する側だった日本の高校サッカー界の名将たちのインタビュー集だ。

「帝京が強かった理由? 朝高に金明植さんがいたっていうこともある」(古沼貞雄)、「サッカーだけではなく言葉まで真似た」(本田裕一郎)といった証言は、国籍や組織に縛られず親交を深めた人間同士の交流の素晴らしさに改めて気づかせてくれる。本書は日本サッカー裏面史という領域にとどまらず、いよいよ多文化共生時代を迎えた日本社会への貴重なメッセージが込められているような気がしてならない。

惜しむらくは東京朝鮮高校サッカー部監督として、前出の日本人指導者たちとの交流をも恩師から受け継いだ金益祚が登場しなかったことだ。ただ、彼はガンを患い、享年五十八で他界しているだけにそれも仕方ない。「幻の日本一なんて虚しい自己満足に過ぎない」と毒づくも「それでも日本サッカーの一部として記憶されて光栄」と嬉しそうだった“伝説のスカウト"は、本書にどんな感想を抱いただろうか。そんな読後感が過(よぎ)る一冊だった。

評者:慎 武宏

(週刊文春 2017.10.12号掲載)

内容紹介

1970年代から80年代にかけて、あらゆるサッカー強豪校が東京朝高との対戦を望んだ。 日本の高校が東京・十条に足繁く通う姿は、いつしか「朝高詣で」と呼ばれるまでになった。 では、カナリア軍団=帝京を率いたのが古沼貞雄ならば、高校年代の「影のナンバーワン」と呼ばれた東京朝高サッカー部を育て上げたのは誰なのかーー 公式戦に出られず、長年不可視におかれてきた東京朝高サッカー部を、ジャーナリストの木村元彦が、いま可視化する。

続きを見る

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: ころから株式会社 (2017/8/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4907239254
  • ISBN-13: 978-4907239251
  • 発売日: 2017/8/23
  • 梱包サイズ: 19.4 x 13.2 x 2.8 cm
  • カスタマーレビュー:
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 297,548位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
評価の数 6
星5つ
81%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
19%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2018年7月30日に日本でレビュー済み
形式: 単行本Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年10月13日に日本でレビュー済み
形式: 単行本
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年2月15日に日本でレビュー済み
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年10月21日に日本でレビュー済み
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年11月27日に日本でレビュー済み
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告