通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
無人暗殺機 ドローンの誕生 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【Amazon配送センターより発送】中古のため表紙に多少の使用感がございます。しかし、ページ部分は読むには差し支えないコンディションです。中古品の為、検品には万全を期していますが、書き込みや付録が付いていない場合など、状態説明に錯誤がある場合は対応させて頂きます。お手数をお掛け致しますが、ご連絡はメールにてお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

無人暗殺機 ドローンの誕生 単行本 – 2015/2/21

5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 532

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 無人暗殺機 ドローンの誕生
  • +
  • ハンター・キラー アメリカ空軍・遠隔操縦航空機パイロットの証言
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 134pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

卑劣な殺人マシンか、素晴らしき兵器か?

無人偵察機からテロリストを殺害するまで進化した無人攻撃機。誰が何のためにここまで開発したのかを追及したノンフィクション大作。

プロローグ 無人暗殺機の創世記

第一章 天才エンジニアが夢見た無人機 模型好き少年の飛翔

ユダヤ人の航空技師カレム。第四次中東戦争で苦戦した祖国のためにと考えた「無人機」。その実現のためにアメリカに移住し起業・開発に乗り出す

第二章 無人機に革命をもたらした男 ブルー兄弟はGPSに目覚めた
エール大学出身の冒険野郎は自分で飛行機も操縦。キューバでカストロ政権に拘束されたこともあった。やがてレーガン支持者となり、無人機「プレデター」を考案する

第三章 麦わら帽子は必ず冬に買え 投資の黄金律で揺れた武器市場

無人機「アンバー」を開発したカレムの前に、ブルー兄弟が現れ、彼の全資産・知的財産・技術を買収。だが、当時無人機の市場はゼロに近い状態だった‥‥

第四章 ボスニア紛争で脚光 消えかけた「プレデター」の再生

ソ連崩壊、冷戦終焉で国防費削減の時、ボスニア紛争で突如甦ったローテク撮影用の無人機への関心。CIAとパウエルが「未来の兵器」獲得に動き出した

第五章 陸・海・空軍が三つ巴で争奪 進化する無人機に疑念なし

ボスニアでの実戦配備・偵察飛行の実績により、もはや玩具ではないことが証明された無人機の効用。それに気付いた米軍内部は色めき立った。

第六章 殺傷兵器としての産声 ワイルド・プレデターの誕生

007に登場する機関銃付き自動車も顔負けの秘密兵器として無人機に注目した「ビッグサファリ」。「異常な愛情」と「オタク精神」で改良に乗り出す

第七章 リモコン式殺人マシン 「見る」から「撃つ」への転換

潜伏するテロリストの監視だけでなく攻撃にも使用可能となりうる無人機。これを駆使すれば巡航ミサイルより安価で民間人の被害も減らせるはずだった‥‥

第八章 アフガン上空を飛べるか ヘルファイアの雨が降る

無人機武装化へのステップは法律的にも技術的にも文化的にも大きな障害があった。武装化のための改造を禁じられたビッグサファリは苦肉の策に出る……

第九章 点滅しつづける赤ランプ ドイツからは操縦できない

9・11の直前、スイカを使ったミサイル発射実験も成功。あとはテロリストに向けるだけ。だが、ドイツ駐留米軍地位協定に違反するというクレームが提起された。

第十章 ならば地球の裏側から撃て CIAは準備万端

ラングレー(CIA本部)から操縦すれば、ノープロブレム。だが、暗殺ミサイル発射の引き金を引くのは、軍人かCIA職員か、それが問題になった‥‥

第十一章 殺せる位置にて待機せよ 9・11テロで一気に加速

テストは終った。レーザー照準機とヘルファイアミサイルを搭載した無人暗殺機「ワイルドファイア」はウズベキスタンから飛び立ち、ビン・ラディンらを狙う

第十二章 世界初の大陸間・無人殺人機の成功 悪党どもを殺せ

「あのトラックをやれ」と命令され、無人機から女性として初めてミサイルを発射したのは「チンギス」という名の兵士。彼女はいかにして歴史に名を残すことになったのか

第十三章 醜いアヒルの子 空の王者となる 戦争は発明の母

アルカイダのナンバー3を無人機が殺す直前、「プレデターは運用上有効ないし適切とは認められない」とペンタゴンの報告書は書いた。その予測は全くのハズレだった‥‥、


エピローグ 世界を変えた無人暗殺機 訳者あとがき…ほか。

解説 日本よ、中国空母も無力化する無人機革命に着目せよ 佐藤優

内容(「BOOK」データベースより)

戦争は発明の母である―イスラエルで生まれ、ボスニア紛争で姿を現し、アフガンで敵を殲滅。地球の裏側のCIA本部で操縦、アメリカが密かに海外の領土で敵を暗殺しつづける「無人暗殺機」プレデターの知られざる開発史―技術者、陸海空軍、ペンタゴン、CIAなどの暗闘を全て書いた傑作ノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 443ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2015/2/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163902198
  • ISBN-13: 978-4163902197
  • 発売日: 2015/2/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 132,808位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
無人機の開発話はなかなか図書がないので貴重な話でした。
今後もこうした本が現れ紹介されることに期待しています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 進化する無人攻撃機―ハイテク・スナイパー
 無人航空機によるピンポイント攻撃がメディアを賑わす昨今である。
無人機実用化への取組みは第二次大戦前から、何とかパイロットの生命を危険に曝さず敵地を攻撃したいという
目的で行なわれて来た。しかし制御技術の未熟さから、せいぜい訓練用標的機としてしか実用されなかった。それ
も四半世紀ほど前までで、軍の期待もそれほどではなかったのだ。
 開発にぐんと拍車がかかったのは1993年のボスニア紛争の時である。当地は常に雲が低く垂れこめ戦況を掴む
のは容易でなかった。NATO軍に対するセルビア軍の対空戦闘は巧みで低空侵入するステルス戦闘機を撃墜した
り、偵察衛星通過軌道を探知してカモフラージュを施したりして、戦闘配備を隠蔽した。クリントン大統領に任命され
たCIA長官ジェームス・ウールジーはすでにレーガン政権時代に整備されたGPSシステムを活用した無人機の採用
に注力した。要件はターゲットから100km離れた地点から24時間リアルタイムで偵察映像を送れること、であった。
 チョット遡って、小生がこの本に興味を持った経緯をお話しよう。実は小生も中学生時代は模型飛行機少年で、当
時ゴム動力の模型製作に血道をあげて、近隣の対空競技に参加したものであ
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
同種の無人兵器の本と言うのはいくつかあり、中でもシンガーの「ロボット兵士の戦争」が知られています。この本は原題が「PREDATOR」。つまりジェネラル・アトミックスRQ/MQ-1プレデター”ドローン”の発達史を通してこの現在最も成功したとみなせる無人兵器について描かれたものです。
イスラエル人の航空技師が祖国の危機(ヨムキップル戦争)に直面して構想したものが大西洋を彼が渡り、20年にわたっての苦心の末に具体化していく。その過程で関わってくる多くの軍人、技術者、政治家。そのドラマがメリハリの利いた文体で描かれていき出来の良いドキュメントに仕上がっています。
どこでも起業や発明発見物語は面白いエピソードがあるものですが、たとえばマリリン・モンローが大戦中無人機の工場のラインで働き、ロナルド・レーガン大尉が無線標的機調達に一役買うという具合に面白いネタもちりばめられています。
軍の無理解、本職パイロットたちの反発、官僚主義の壁、技術上の問題と何回も座礁しかかったプレデターが最後アフガン戦争で使われ、そして2008年にワシントンDCのNASM(国立スミソニアン航空博物館)に一機のプレデターが展示されるところで終わります。

中東のみならず、すでに無人機はもはや戦場に現れない日はないと言われます。肯定否定どちらにせよ、まず正しい認識を得るためにも本書のようなものからまず目を通してから考えていく必要があるでしょう。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 友井幹夫 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/6/16
形式: 単行本
無人の偵察機から攻撃機へ、ドローンの開発の歴史が、かなり詳細に述べられています。
軍事機密のように思うけど、きっと、これ以上のことができるので、問題がないのかも知れない。
それにしても、天才エンジニアのエイブラハム・カレムの才能と情熱が、ドローンの製作と製造への過程は、軍需産業と政治力の舞台裏を見せてくれました。

アメリカ本土の基地から、地球の裏側まで二日以上飛び続け、偵察しながら攻撃できる「無人暗殺機ドローン」は、今後の戦争の姿を変える。
SF小説のような青写真を、現代の最先端の科学は、常に歴史を切り拓く挑戦に、想像を超えるものがある。

p39 二日間飛び続けることが可能に
p204 無人機の武装化へ
p267 SFの世界が現実に

国内で話題のドローンと、アメリカ軍のドローンでは、その性能が、趣味のラジコンと火星探査ほど、あまりにも技術の規模が違う。

作家・元外務省主任分析官の佐藤優氏(さとうまさる1960年生まれ)の結びの解説「日本人よ、中国空母も無力化する無人機革命に着目せよ」は、「空母は単なる標的」と世界中の軍関係者も読まれていることだろうから、空域防衛の重要性を、科学技術の進歩により変化と対応が求められていることを知る。
それにしても、ここまでやれる人間の科学的な能力に驚きです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告