¥ 3,024
通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

焚き火大全 単行本 – 2003/1

5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 2,900

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 焚き火大全
  • +
  • 山で暮らす愉しみと基本の技術
  • +
  • 楽しい山里暮らし実践術
総額: ¥8,640
ポイントの合計: 290pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

焚き火の技術から燃材・道具、伝承文化、用途までを案内。

内容(「MARC」データベースより)

焚き火の技術、燃材・道具、伝承文化、用途などを紹介。火と人間の歴史、焚き火の種類と分類、材料と道具、技術と法則、焚き火のクッキング、環境教育、文芸と絵画などについて論じ、焚き火の魅力、醍醐味に迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 351ページ
  • 出版社: 創森社 (2003/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883401472
  • ISBN-13: 978-4883401475
  • 発売日: 2003/01
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 167,441位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
年に数回キャンプに行って焚き火する「焚き火好き」のつもりでしたが、
この本の執筆陣の本気さかげんに完全に脱帽です。
たかが焚き火、されど焚き火。これからは心して遊ぼうと決意しました。
それにしてもこの人達はマジです。本気です。
焚き火に魅せられた愛すべき遊び人達。
野外遊びが好きで好きでたまらない大人が大集合しています。
考古学的に正確に検証される「火と人間の歴史」に始まり、
具体的かつ実用的な「焚き火」のHOW TO、
焚き火に関する文学、絵画、俳句まで本格的な焚き火全書です。
読んでいるだけで服や身体に染み付いた「煙の残り香」が蘇えります。
書を捨てて、野山に出ようっと!
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sonojordan VINE メンバー 投稿日 2004/3/3
形式: 単行本
中学・高校時代、初春になると峡谷を流れる川に釣り歩き、暖を取るために焚き火を覚えた、それがいつしか「目的」になり、バイクに乗り始めた時期と重なりガソリンを買うことで、さらにエスカレートし廃油やガソリンを燃やして5メートル以上もの火柱を上げる「ワルサ」をしたことを懐かしく思い出した。
事の顛末は、大人に見つかり厳重注意を受け、大事無きを得た。
本書は「正しい焚き火」の仕方のノウハウが、多岐にわたりまとめられた優良書だ。
わたしが少年時代にした「ワルサ」の類いは一切書かれていない。(あたりまえだが)
まずはタキギの組み方(カラー写真もあり)からタキギの材料(材質)、まき割り道具など焚き火に関係する道具類、それらを上手に使う姿勢、焚き火で作れる料理の紹介やレシピ、焚き火のための環境管理や教育、焚き火という語の入った俳句、焚き火の世界史や諸外国事情などなど・・・挙げたらきりがないが、とにかく焚き火に関することで、本書に載ってない事は無いというくらいの内容となっている。
火を御す神聖さを改めて感じた書だ。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
2800円という額にちょっとビビリましたが、内容は文句のないところです。
歴史に始まり料理や起こし方、焚き火にまつわる風俗に至るまで、
まさに盛りだくさんでした。
読後には友人を誘って焚き火の前で飲み交わしたくなるのではないでしょうか。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
田舎育ちの私は 子供の頃は時間ぎりぎりまで焚き火で暖まってから学校へ行きました。田んぼや山の清掃をすれば 焚き火は当然。記憶が微かですが土間でご飯を炊いたり、餅米を蒸したり、風呂をたいたり。子供なりにいろんな工夫もしていました。そういえば キャンプファイアもありましたね。しかし、大人になってから焚き火をしたのは キャンプで数えるくらいです。
この本は 昔の記憶を解説つきでよみがえらせてくれました。しかも 焚き火の体系だった技術、楽しみ方、料理、絵画、文学、文化、地球規模の環境問題まで 新しい知識をくれました。
焚き火という切り口で ここまで 考える、面白いですね。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告