この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

烏有此譚 単行本 – 2009/12/16

5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,406
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第32回(2010年) 野間文芸新人賞受賞

内容(「BOOK」データベースより)

灰に埋め尽くされ、僕は穴になってしまった―目眩がするような観念の戯れ、そして世界観―。不条理文学のさらに先を行く、純文学。


登録情報

  • 単行本: 156ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/12/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062159333
  • ISBN-13: 978-4062159333
  • 発売日: 2009/12/16
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 590,919位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「オブ・ザ・ベースボール」で2007年に第104回文學界新人賞受賞、芥川賞候補にもなった円城塔のことだから、純文学を書いたっておかしくない。しかし、自分にとっては、彼はSF作家。
しかし、どちらにしてもこの本は、読みづらいことこの上ない。

別に読みやすいことが、小説として価値の高いことでもないし、そればかりを求めるわけではない。実験的な小説もあると思う。
でも、この小説はどうだろう。

この題名からして、著者が欄外に膨大に書き加えた注によれば、「いづくんぞこのはなしあらんや」と読み下せるとのことで、その意味は、「こんな話あるのか、いやない」っていうことらしい。本当に、こんな話、あってたまるかという感じ。

そもそも、本編と注のページがズレまくり、読みづらく、本編のストーリー(そんなモノあるのかって感じだけど)に集中できない。むしろ、「群像」掲載時にはなかったこの膨大な注のほうが面白くて、そちらばかり読んでしまう。

ただ、これも著者の確信犯的な行いのようだ。私のような素人のリアクションをあざ笑うかのように、著者の手の内で転がされているような気がする。かといって、読後感は悪くない。不思議な小説だった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今や様々なメディアで引っ張りだこ、色々なところで書かれている著者の待望の新刊です。

本作は群像に掲載されたものにページ数が足りないので注をたくさん付けたものということらしいです。という内実の事情はおいといて(とは言ってもそれも中に書き付けられているのですが)、今回の作品はこれまで単行本として発行されてきた著者の作品とはひと味違います。

物語についてはネタバレとなるので言及しませんが、上にも書いたとおり、ページを開いてパッと目に飛び込んで来るのは本文と注の2段組み。海外のものや所謂前衛小説、実験小説などでは良くあるパターンですが、大概が、注の文章を読むのが苦痛だったりします。しかし、本作はこの注がまた中々面白い。本文と注の読み方は読者それぞれで良いと思いますが、その人の好きなように楽しむことが出来るというのは、良いですね。

注については、著者の本領発揮的な、専門的な解説が書かれていておもしろいですが、そこまでだとこれまでの著者の作品からひと味違うとは言えない、むしと踏襲していると言えますが、今回私が違うなーと思ったのが、この注を書く作業、結構しんどかったのだろうなーと思わせるような、著者の(語り手、と別に言ってもいいですが)生(っぽい)声が溢れていて、小説に著者(語り手)のキャラという位相が介在してきているような感じが
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
・読中の光景が凄い。後半凄いことになる。
・下半分を埋める膨大な注釈が物語を立体にしている。
 話の端端から棘のように伸びて来ては読者を逆撫でする。
 本編から枝分かれした無数の棘は物語の世界から現実へと顕現する。
 本編が訳わからないから余計にそのギャップによる効用が大きい。
・読み進める程に注釈を読んでいるのか本文を読んでいるのかわからなくなって、
 ごっちゃになって、
 境を失った現実と空想が緩く混ざり合う。
・全てが悪いと言ってしまえばそれまで。
 好い悪いの範疇を逸したもの故、それを語ること自体ナンセンス。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
作者の"注"によると、題名は「烏ぞ此の譚有らんや(どうしてこんな話があるだろうか、いや、ない)」という意味だそうである。確かに上段に綴られた物語(だろうか ?)とその物語とは一見関連性が乏しく頁の時間差もある夥しい下"注"から構成された一風変わった体裁の小説である。その"注"では、作者が持つ、物理学、位相幾何を中心とする数学、進化論を含む生物学の知識等がユーモア交じりで連鎖的に披瀝されており、"注"だけ読んでも面白いし、本体の物語(?)より理解し易い感さえある。私は最初、本体と"注"とを同時に読み進め(これは疲れた)、再度本体だけ読んだ。

私は、作者が「作品を産み出すチューリング・マシンは作家ではなく、読者の想像力の方」という独創的哲学の下で執筆していると常々考えている(「Boy's Surface」、「これはペンです」、「道化師の蝶」等の後に本作を手に採った)のだが、本作を読んで改めてそう感じた。作中で「方丈記」の冒頭が引用されるが、"変転"と変転によって起った"穴"の充填(あるいは"穴"を充填するための"変転")をモチーフにした奔放なエッセイの様にも映った。広く言えば文明(終末)論である。作者の思惟が木目細かく、しかも殆ど脈絡なしに語られるので、その断片から何を感じるかは読者次第といった所がある。筒井以外でこうした種類の刺激を与えてくれる作家は稀有と言って
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告