通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書) 新書 – 2013/10/17

5つ星のうち 4.0 224件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 950
¥ 950 ¥ 25

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)
  • +
  • ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか (光文社新書)
  • +
  • 食品別糖質量ハンドブック
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 60pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

出版社からのコメント

◆「糖質制限」の陰の火付け役による待望の書!

糖質は人類にとって、
神か、悪魔か――


◆著者は、光文社新書のロングセラー『傷はぜったい消毒するな』でも
よく知られる「湿潤療法」のパイオニアだが、
じつは昨今の糖質制限ブームの陰の火付け役としても知られている。

傷の治療法の発明時と同様、自分の身体で糖質制限を試し、
その効果や危険のなさを確かめた著者は、
糖尿病の糖質制限治療の第一人者である江部康二氏と親交を深めながら、
栄養素としての糖質の性質や、人類の糖質摂取の歴史、
カロリーという概念やその算出法のいいかげんさ、
そしてブドウ糖からみえてくる生命の諸相や進化などについて、
独自の考察や研究を開始。

本書では、糖質からみた農耕の起源についても新説を展開、
穀物栽培によって繁栄への道を得た人類が、
穀物により危機への道をたどりつつあることも指摘する。

著者のHPに日々寄せられる、
多くの糖質セイゲニストからの体験談の一端も紹介。
糖質を切り口に様々なことを考える。


【目次】

はじめに

I やってみてわかった糖質制限の威力

II 糖質制限の基礎知識

III 糖質制限にかかわるさまざまな問題

IV 糖質セイゲニスト、かく語りき

V 糖質制限すると見えてくるもの

(1) 糖質は栄養素なのか?
(2) こんなにおかしな糖尿病治療
(3) 穀物生産と、家畜と、糖質問題
(4) 食事と糖質、労働と糖質の関係

VI 浮かび上がる「食物のカロリー数」をめぐる諸問題

(1) 世にもあやしい「カロリー」という概念
(2) 哺乳類はどのようにエネルギーを得ているのか
(3) 低栄養状態で生きる動物のナゾ
(4) 「母乳と細菌」の鉄壁の関係
(5) 哺乳類はなぜ、哺乳をはじめたのか
(6) 皮膚腺がつないだ命の連鎖

VII ブドウ糖から見えてくる生命体の進化と諸相

(1) ブドウ糖――じつは効率の悪い栄養
(2) エネルギー源の変化は地球の進化とともに

VIII 糖質から見た農耕の起源

(1) 穀物とは何か
(2) 定住生活という大きなハードル
(3) 肉食・雑食から穀物中心の食へ
(4) 穀物栽培への強烈なインセンティブ
(5) 穀物に支配された人間たち

あとがき


【著者プロフィール】

夏井睦(なついまこと)
1957年秋田県生まれ。東北大学医学部卒業。
練馬光が丘病院「傷の治療センター」長。
2001年、消毒とガーゼによる治療撲滅をかかげて、
インターネットサイト「新しい創傷治療」(http://www.wound-treatment.jp/)を開設。
湿潤療法の創始者として傷治療の現場を変えるべく、発信を続けている。
趣味はピアノ演奏。
著書に『傷はぜったい消毒するな』(光文社新書)、
『キズ・ヤケドは消毒してはいけない』(主婦の友社)、
『さらば消毒とガーゼ』(春秋社)、『これからの創傷治療』(医学書院)、
『創傷治療の常識非常識』『ドクター夏井の熱傷治療「裏」マニュアル』(ともに三輪書店)、
共著に『医療の巨大転換を加速する』(東洋経済新報社)などがある。

内容(「BOOK」データベースより)

自分の身体で糖質制限を試し、効果や危険のなさを確かめた著者は、糖尿病の糖質制限治療の第一人者である江部康二氏と親交を深めながら、栄養素としての糖質の性質や、カロリーという概念やその算出法のいいかげんさ、そしてブドウ糖からみえてくる生命の諸相や進化などについて独自の考察や研究を開始。本書では、糖質からみた農耕の起源についても新説を展開、穀物栽培により繁栄への道を得た人類が、穀物により滅亡への道をたどりつつあることも指摘する。著者のHPに日々寄せられる、多くの糖質セイゲニストからの体験談の一端も紹介。糖質を切り口に様々なことを考える。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 339ページ
  • 出版社: 光文社 (2013/10/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334037666
  • ISBN-13: 978-4334037666
  • 発売日: 2013/10/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 224件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,927位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
糖質制限により、8か月で-13.5kgのダイエットに成功しました。ただしダイエットは、この本を読む前に成功、完了していました。

ダイエットが成功した後にもかかわらずこの本を読んだ目的は、
「糖質を制限したことで確かに短期間で体重が減ったが、いったいぜんたい自分の体に何が起きたのか」が知りたかったためです。
この本を読んだことにより、生命誕生にまでさかのぼる仮説からその理由がわかりました。
脂肪をエネルギー源に、たんぱく質から糖がつくられ脳へ供給するすばらしい仕組みも理解でき、糖質制限を続けることに安心しました。

ダイエット理論本として優れた本です。
脳がなぜ糖質を欲しがるかわかりますし、医学界のパラダイムシフトが困難なことで糖質制限法が医療に導入しにくいことを理解すると、糖質制限ダイエットを始める敷居は低くなると思います。

また本書には、ダイエット中に私が実践、経験した同様のことが記載されており(アルコールはやめなくてもいい、特別な運動は必要無い、ひどい空腹感が無くなる、熟睡できる、甘いものや多量の糖質を体が欲しがらなくなるなど)、この部分の真実性は私も支持します。
そして何より共感するのは、二度とデブには戻らない、戻りたくない。という著者の主張です。私もそう思います
...続きを読む ›
コメント 121人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
糖質制限をしている者なら、著者のブログは
誰でも一度は見たことがあると思います。

本来は、自分の専門である「湿潤療法」というケガ治療法を
紹介するはずのブログが、いつの間にか糖質制限の話ばかりになったのは
2年ほど前でしょうか。

そこで断片的に書かれていた文章が、1冊にまとまったと
いってもいいような内容の本がこれです。
ただし、大半を占めているのは、「人類の食と進化」の話です。
ものすごい知識量をベースに書かれているため、
読む者を飽きさせないと思います。

が、純粋な糖質制限の話は冒頭のわずかだけなので
そういう意図で読む人にはちょっと後半が重すぎ。
(なんだか学術書みたいなのです)

進化の話は、「炭水化物がいかに不要なものか」との解説なのですが
もう少し短くてもいいように感じました。

人類学者が出した本ではなく、いつもブログで展開していたような
「夏井節」をもっと聞きたいと思って読んだので
その点だけがちょっと残念です。

私は十分に楽しめましたが
読むなら、糖質制限中級者以上限定で。
コメント 244人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Lombardi トップ500レビュアー 投稿日 2015/10/21
形式: 新書 Amazonで購入
この本を読んで糖質制限を始め、昨年9月まで、90kgあった体重が現在78kg。ズボンのウエストサイズは97cmから85cmに。 血圧がいつも上170、下105くらいと大変高かったのに、今は上125、下80くらいに安定しています。
この本から糖質制限に関する基本的な考え方を学び、具体的な糖質制限食の選び方については江部康二先生の「糖質オフ!健康法」や「食品別糖質量ハンドブック」を参考にしました。夏井先生の本を「理論編」、江部先生の本を「実践編」と考えて、セットで活用するのが良いと思います。
体重が落ちたことも嬉しいですが、「スマートに体型変化した」「減量を成功させたことにより自分に自信が持てるようになった」の二つが大きいと思います。
私がおこなった具体的な糖質制限実施策としては、
1. ラーメン、うどん、パスタなどの麺類が大好物だったのを、極力やめました。週に3回くらい麺類を食べていたのですが、今は月に2回くらい自分に「ご褒美をやる」ような感覚で、好物のラーメンを食べています。
2. ご飯、特にチャーハン、オムライス、丼ものなどの食べる頻度を減らしました。
3. 夕食は、おかずにサラダをもりもり食べます。おかずの中に糖質を含むものがあっても、気にせず食べています。
4. 昼食は、会社の仕出し弁当ですが、ご飯抜きにし
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
正直に認めよう

三ヶ月前に初めて「炭水化物が人類を滅ぼす」というタイトルを目にした時、
「あーあ、どっかのトンデモアホ医者がまたウケ狙いでやっちまってるなあ(笑)」
・・と思ったことを

そして現在、自身による人体実験の結果、体重が6's減ったとか体脂肪率が20から15になったとか
腹がへっこんだばかりか三ヶ月前には絶対不可能だった若向けのスリムなジーパンがはけるようになったとか
そんな個人的な結果いや自慢話は皆しつこいように聞かされて耳タコだろうから、まあどうでもいいことだ。自分で得心すればそれで良い。

そもそも自分の肉体に満足していて、ダイエットや糖尿病の心配をする必要のない方々がこんな怪しげなタイトルの本に関心を持つはずがない。私自身を含め自分の体に危機感を感じている人種のみがこの手の本を手にする。

この本に書いてあることを信じるか否かは、別に専門家でなくとも、これだけ情報収集が容易くなった時代だ。
全部、自力で納得いくまで調べればいい。

私自身が医学の世界の末端にいる人間だからあえて言うが、医者もピンキリで、患者さんに対して偉そうに講釈たれているコメントもどこからの借り物である場合がほとんどだ。ヒトの体の中で本当は何が起こっているのかは誰にも分からない。

自分の体は自分で守ろう。
今はそれが出来る時代だ。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック