通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は概ね良好です。Amazon専用の在庫につき在庫切れはございません。速やかに発送をいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書) 新書 – 2013/10/17

5つ星のうち 4.0 243件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 950
¥ 950 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)
  • +
  • ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか (光文社新書)
  • +
  • 人類最強の「糖質制限」論 ケトン体を味方にして痩せる、健康になる (SB新書)
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 86pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

◆「糖質制限」の陰の火付け役による待望の書!

糖質は人類にとって、
神か、悪魔か――


◆著者は、光文社新書のロングセラー『傷はぜったい消毒するな』でも
よく知られる「湿潤療法」のパイオニアだが、
じつは昨今の糖質制限ブームの陰の火付け役としても知られている。

傷の治療法の発明時と同様、自分の身体で糖質制限を試し、
その効果や危険のなさを確かめた著者は、
糖尿病の糖質制限治療の第一人者である江部康二氏と親交を深めながら、
栄養素としての糖質の性質や、人類の糖質摂取の歴史、
カロリーという概念やその算出法のいいかげんさ、
そしてブドウ糖からみえてくる生命の諸相や進化などについて、
独自の考察や研究を開始。

本書では、糖質からみた農耕の起源についても新説を展開、
穀物栽培によって繁栄への道を得た人類が、
穀物により危機への道をたどりつつあることも指摘する。

著者のHPに日々寄せられる、
多くの糖質セイゲニストからの体験談の一端も紹介。
糖質を切り口に様々なことを考える。


【目次】

はじめに

I やってみてわかった糖質制限の威力

II 糖質制限の基礎知識

III 糖質制限にかかわるさまざまな問題

IV 糖質セイゲニスト、かく語りき

V 糖質制限すると見えてくるもの

(1) 糖質は栄養素なのか?
(2) こんなにおかしな糖尿病治療
(3) 穀物生産と、家畜と、糖質問題
(4) 食事と糖質、労働と糖質の関係

VI 浮かび上がる「食物のカロリー数」をめぐる諸問題

(1) 世にもあやしい「カロリー」という概念
(2) 哺乳類はどのようにエネルギーを得ているのか
(3) 低栄養状態で生きる動物のナゾ
(4) 「母乳と細菌」の鉄壁の関係
(5) 哺乳類はなぜ、哺乳をはじめたのか
(6) 皮膚腺がつないだ命の連鎖

VII ブドウ糖から見えてくる生命体の進化と諸相

(1) ブドウ糖――じつは効率の悪い栄養
(2) エネルギー源の変化は地球の進化とともに

VIII 糖質から見た農耕の起源

(1) 穀物とは何か
(2) 定住生活という大きなハードル
(3) 肉食・雑食から穀物中心の食へ
(4) 穀物栽培への強烈なインセンティブ
(5) 穀物に支配された人間たち

あとがき


【著者プロフィール】

夏井睦(なついまこと)
1957年秋田県生まれ。東北大学医学部卒業。
練馬光が丘病院「傷の治療センター」長。
2001年、消毒とガーゼによる治療撲滅をかかげて、
インターネットサイト「新しい創傷治療」(http://www.wound-treatment.jp/)を開設。
湿潤療法の創始者として傷治療の現場を変えるべく、発信を続けている。
趣味はピアノ演奏。
著書に『傷はぜったい消毒するな』(光文社新書)、
『キズ・ヤケドは消毒してはいけない』(主婦の友社)、
『さらば消毒とガーゼ』(春秋社)、『これからの創傷治療』(医学書院)、
『創傷治療の常識非常識』『ドクター夏井の熱傷治療「裏」マニュアル』(ともに三輪書店)、
共著に『医療の巨大転換を加速する』(東洋経済新報社)などがある。

内容(「BOOK」データベースより)

自分の身体で糖質制限を試し、効果や危険のなさを確かめた著者は、糖尿病の糖質制限治療の第一人者である江部康二氏と親交を深めながら、栄養素としての糖質の性質や、カロリーという概念やその算出法のいいかげんさ、そしてブドウ糖からみえてくる生命の諸相や進化などについて独自の考察や研究を開始。本書では、糖質からみた農耕の起源についても新説を展開、穀物栽培により繁栄への道を得た人類が、穀物により滅亡への道をたどりつつあることも指摘する。著者のHPに日々寄せられる、多くの糖質セイゲニストからの体験談の一端も紹介。糖質を切り口に様々なことを考える。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 339ページ
  • 出版社: 光文社 (2013/10/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334037666
  • ISBN-13: 978-4334037666
  • 発売日: 2013/10/17
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 243件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,453位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
久しぶりに目が覚めるような本にめぐりあった。

本書は、大胆な仮説を思いっきり展開したもので、栄養学への疑問からはじまり、食物から見た生物進化、狩猟採集生活から農耕文明への人類史の展開と、著者の仮説は縦横無尽にこきみよく展開される。

曰く、

米とパンは嗜好品を通り越して糖質中毒とでもいうべき有害なものだ。

農業により、人間は穀物に支配されるようになった。

穀物は人類を飢えから救った神だったが、それは偽りの神。現代社会に疾患をもたらした悪神だった。

等々。

あとがきで著者が述べているとおり、魅力的な仮説を思いついた科学者はそれを公開するのが義務という考えを実践した本だ。

これは、ダイエット本などという低次元のものではない。
末尾の参考文献一覧だけでも価値ある本だ。

私は以前から腸内細菌叢を無視した栄養学に疑問をもっていたので、著者の仮説は、我が意を得たりの感をもって楽しむことできた。

惜しむらくは、なぜ人は甘いものにかくもとらわれ魅せられるのかということに、著者の説明がなかったことである。是非、間が甘いものに惹かれる秘密に大胆なメスを入れた本を出して欲しい。<
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
江部先生の『腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹ダイエット」』
で "糖質制限食" の理屈とやり方を勉強してから夏井先生による
この本を手にした。

糖質制限によって "パラダイム・シフト" は将来的に十分起こり
得ると強く感じるのだ。
従来からの栄養学も根本から見直す必要が出て来るかもしれない。
砂糖まみれの世界的な状況は余りにも行き過ぎで、人間が実験台
となっている印象も否定できない。
その結果、各種病気の発症で治療薬が必要となれば、先生指摘の
如く "製薬会社" の作為のようなものがあっても何ら不思議でない
と思われるのだ。
たまたまだろうが、例えば三井系製糖会社と英米資本の製薬会社
の合併で旧名 "台糖ファイザー" 。食品との関連で明治、大塚の
名前も思いだす。

個人的には、もう今から自分の体を守りながら生活しようと思い
『糖質制限食』を開始している。体調は悪くなく、いたって元気
である。開始4日目の血液検査でケトン体の明らかな上昇を確認
した。総ケトン体が正常値の1.5倍、3ヒドロキシ酪酸 2倍、アセト
酢酸(エネ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
全面的に賛同は出来ませんが、米、麦、トウモロコシの大規模な生産がいかに地球に負担をかけているかが分かり、その点は勉強になった。米食至上主義だった考えが少し変わりました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
最初は、本当に医者が書いた本なのかという内容でした。あまりにストレートで的を射てはいるのですが・・・

読んでいくと非常に多角的で、興味深い記述が多数あり、
食事の側面からというよりも、生物学・地質学・人類史から見た炭水化物の可能性について
詳しく書かれた本だと思います。

ですので、これから糖質制限を始めようと思う人の教科書というよりは、
糖質制限をしている人用に、より深く科学的に掘り下げていきたい人用の本であるのではないかと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 新村正純 投稿日 2014/4/30
形式: 新書 Amazonで購入
糖質制限を生命体の進化や農耕の起源にまで遡って考察していることは高く評価できる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 阿吽 投稿日 2017/6/4
形式: 新書 Amazonで購入
理屈はわかるが体質による
私には最適だが、ある程度歯止めをかけ無いと体調不良を起こす
まぁ3日坊主の私が1週間くらいかな、この本の影響下にある時のみ、役立ちますわ
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
糖質制限から導き出すなんて。読み終えた今、5万年前の人間に「感謝」と「嫌み」を伝えたいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
出だしは衝撃的で、今までのダイエットの常識からウロコが落ちたようなイメージが出来て
どんどんと読み、大変参考になりました。但し 後半は少し歴史的な範疇に入り決論として
何を言いたいのかという想いが残りました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー