中古品
¥ 60
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品ですが、状態の綺麗な商品になります。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

炎情―熟年離婚と性 単行本 – 2009/6

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

すれ違う欲望、キレツする心と身体、決断する女たち。語られなかった女性の反乱。『快楽』の著者が描く“熟年離婚”驚愕の真実。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

工藤/美代子
1950年(昭和25年)生まれ。チェコスロヴァキア・カレル大学を経て73年からカナダに移住し、バンクーバーのコロンビア・カレッジ卒業。91年『工藤写真館の昭和』で講談社ノンフィクション賞を受賞。93年帰国(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 276ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2009/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4120040348
  • ISBN-13: 978-4120040344
  • 発売日: 2009/06
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 436,289位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 「クロワッサン」誌でお勧め書籍として紹介されていました。既に前作「快楽」は読んでいたので、二番煎じなのかなと思いつつ手に取りましたが、前作を更に掘り下げた、充実した内容です。「快楽」が問題提起と概論なら、「炎情」は具体的事例を挙げながらの各論展開。他の方が「快楽」を読んでから読むべきと書かれていましたが、その通りだと思います。きわどい内容なのに、良識的な工藤節ゆえ、読んでいて安心感があります。
 このテの問題に興味をお持ちの方ならご存知でしょうが、同じジャンルの書き手として、他に亀山早苗さんがいます。40代の彼女の鋭い筆致が、同世代のまだたぎるような激情が引き起こす悲劇をえぐるのに対し、工藤氏の語り口には、ナイフのような切れ味はないけれども、人生の終着駅に近づいた人の、円熟した落ち着きと温かみがあります。
 
 隣の芝生は青く見えますが、自分だけが特別に不幸ということはなく、皆それぞれ悩み苦しみを抱えて、傷つきながらも生きている。今与えられているものに感謝しよう。そう思わせてくれる本です。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
熟年離婚を扱った本だが、それを性的問題から捉えている点が特徴。従来の熟年離婚と言えば、定年退職した夫が妻に「濡れ落ち葉」として付き纏う構図が取り沙汰されたものだ。本書は40〜60年代の熟女にインタビューした結果に基づいて書かれている。

その結果は、上述の通り、むしろ性的不満が原因と言う。「女性は幾つになっても"女"として扱われたい」との主張が強く打ち出されている。これは一般に、表に出て来ずらいデータであるし、インタビューの対象者が恣意的に選ばれている可能性もあるが、真実の一端を示しているとも言える。熟年男性にとっては怖い現象・本である。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
世間でひそかに話題になっているような作品で気になってはいた作品でした。とうとう読むことになりました。世間で言われているほど、ショッキングな作品ではないというのが読後感です。世間での評判はマーケティング上、この性と熟年離婚の関連の部分が肥大化されて伝えられているのでしょう。たしかに性は重要な一面であります。それを通じてしか伝達されないものが人間の間には存在するからでしょう。でもこれは重要な一面ではあるが全てではないという単純な真理は、この作品に含まれた様々なストーリーの描写を通じて著者によっても十分伝えられています。ここに呈示されているのは様々な人生の形です。時代や育った環境を反映して、その発現形態は様々です。面白くもあり、悲しくもあり、グロテスクでもあります。でも、ノンフィクションとう形態ながらも、どこまでが「真実」なのかは本質的に不明です。この作品は、あくまでも現代における変貌した価値観を投影した解釈と暫定的なprescription以上のものではないと思われます。人間は自分を振り返って他者にそれを伝達しようとするときには必ずdramatiseの作業が介在してきます。そして時間は経過します。人間のdramatiseと再解釈は永遠に続いていきます。これが生きるということなんでしょう。「男性と女性は違う」とよく言われますが、本書にでてくる様々な登場人物の行動と心情の吐露は必ずしもそれ...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック