この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

炎上する君 単行本 – 2010/4/29

5つ星のうち 3.5 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 22,345 ¥ 5
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

私たちは足が炎上している男の噂話ばかりしていた。ある日、銭湯にその男が現れて…。何かにとらわれ動けなくなってしまった私たちに訪れる、小さいけれど大きな変化。奔放な想像力がつむぎだす不穏で愛らしい物語。

内容(「BOOK」データベースより)

恋に戦う君を、誰が笑うことができようか?何かにとらわれ動けなくなってしまった私たちに訪れる、小さいけれど大きな変化、奔放な想像力がつむぎだす不穏で愛らしい物語たち。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 198ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/4/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048740571
  • ISBN-13: 978-4048740579
  • 発売日: 2010/4/29
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 380,912位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
恋愛小説かなーと思って読み始めましたが、そんな感じでは全くありませんでした。
中身は少々ファンタジーっぽくて、とにかく不思議な物語の短編集。

何にも考えずにさくさく読み進められます。
個人的には『トロフィーワイフ』が一番好きです。

タイトルにぴったりの印象的な装画ですが、作者本人が描いたそうです。
この表紙に惹かれてこの本を買った人も多いかと思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
短編集。どれも大層感心させられました。
特に表題作。
傑作ではないですか。男子たちから呪詛に近い罵詈雑言を浴びせられながらも女ふたりでたくましく生きてきた主人公たち。
このふたりで長編を書いて欲しい。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 まゆ 投稿日 2013/3/24
形式: 単行本
西さんの、感性や世界観を感じ取るのにいい本。個性的な、切り口だか私のような凡人にも理解できる。 短編なので、西さんの作品の食べ始めにいい。男性的な文体に近い印象。男性も読みやすいはず。 ただ、惹きつけられたタイミングで、話が終了するため、不消化な感覚が残る。 次回は、彼女の長編を読みたい。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「絶望するな。僕たちには西加奈子がいる。」又吉による解説文の締めくくりに有るのだが、
私は、この短編集で、勇気や力が湧く様な事は無かった。

ほんの小話が数話有るのだが、
まあなんとなく西加奈子が書くのエピソードの面白さは伝わるかもしれないけれど、
例えば、太陽という名の中華料理屋、階下でセックスをする女の声をノートにメモる主人公。
32歳になってもお下げ髪のままで、高校の時には、さらに黒縁メガネだったから「戦中」や「学徒動員」と呼ばれていた浜中と、おかっぱ頭で頬が赤い「火垂るの墓」の梨田二人による「大東亜戦争」というバンドなど。

いろんなところに登場する山崎ナオコーラ、実際に足が炎上している男、お尻を部屋に預ける特殊な技術、風船の様に膨らんで飛んでいく病気とか、
突拍子も無いSFの話になるので、なんか理解してあげるのに疲れる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
何かに深く囚われたり、他者との摩擦の中で、「自己」の存在感や手触りが希薄になってしまった人々を描いた短編集。
「何か」とは、容姿だったり、性別だったり、嫉妬だったり、劣等感だったり、生きるための信条だったり。

「足が炎上する男」とか「風船病」とか非現実な道具立てが色々出てきますが、基本構造としては
苦悩していた人がその人ごとの絶望から、初めの一歩を踏み出すという話が多いです。

「ある風船の落下」に対する解説でも触れられていますが、
『過酷な状況の中でも顔を上げて頑張っている人はもちろん素晴らしく、尊敬に値する。
ただ、人から見たら些細なことでも心揺れ、悩み、うずくまってしまう人もいる。
私達は誰かの過酷な苦しみと比較して、こんなことで苦しいと感じることは
悪であると思わなければならないのか?』

この作品は「その人なりの苦悩」を肯定したところから始まっています。
苦しみの深さや大きさを比較することは意味がなく、その人なりの悩みを生きること。

正直に言って、それまでの世界が一変し、踏み出すきっかけとして「恋愛」が都合よく使われている気がする話も
ありましたが、それはそんな恋愛に縁がない自分のせいでしょう、きっと。
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tay1 投稿日 2014/12/22
形式: 文庫
面白い。
面白いんだけれども、これらのお話にのめり込むといささか日常生活に支障をきたすかもしれない。と言えば言い過ぎか?
ただ中毒性はあります。
あなたがこの本を読んで、なんだかわかんないけど、心に何かが残って、この作家さんを追いかけたいと思ったらビンゴ!
是非追いかけて下さい!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
面白みはあるが、インパクトは少々不足気味。。。
一話一話がちょうどいい長さで読みやすい。だらつかず、余計な文もなく、テンポもいい。
いい本を読み終わると、はあとため息をついてしばらくじんわりと余韻にひたりたくなるが、この本では特にそれがなかった。
友人などに強くオススメするのは躊躇するかなあ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー