通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
炎の蜃気楼(ミラージュ) 邂逅編 真皓(ましろ)き... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版・帯無し。中古品ですので、経年劣化(スレ、ヤケ、少々の汚れ等)はご容赦ください。店頭併売品のため、品切れの際はキャンセルいたします。商品の詳しい状態を知りたい方は、メールにてお問い合わせください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

炎の蜃気楼(ミラージュ) 邂逅編 真皓(ましろ)き残響 奇命羅(きめら)変 (コバルト文庫) 文庫 – 2009/7/31

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 514
¥ 514 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 炎の蜃気楼(ミラージュ) 邂逅編 真皓(ましろ)き残響 奇命羅(きめら)変 (コバルト文庫)
  • +
  • 炎の蜃気楼(ミラージュ) 邂逅編 真皓き残響 十六夜鏡 (コバルト文庫)
  • +
  • 真皓き残響 仕返換生 炎の蜃気楼邂逅編 (コバルト文庫)
総額: ¥1,604
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

柏崎で水が燃えるという不思議な噂を耳にした景虎は、怨霊の仕業と睨み調査を始めた。勝長の協力で「燃える水」を精製する里へと足を踏み入れた景虎だったが、そこで幻惑にかかり囚われの身となってしまう。だが、里長の少年と接触する機会を得た彼は、少年に気に入られ、仲間になることを執拗に迫られることに!?時同じくして、奇命羅と名乗る謎の刺客が、直江たち夜叉衆を襲撃する…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

桑原/水菜
9月23日千葉県生まれ。中央大学文学部史学科卒業。1989年下期コバルト読者大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 232ページ
  • 出版社: 集英社 (2009/7/31)
  • ISBN-10: 4086013169
  • ISBN-13: 978-4086013161
  • 発売日: 2009/7/31
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 217,269位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
読み終えるのにいつもより時間がかかったのは何故か考えてみました。たぶん、場面転換が多いだけではなく、夜叉衆5人が出ていたのに、軸になる人を見付けられなかった為、なかなか感情移入がしにくかったのかもしれません。故に、辛口で星2つです。
勿論、 直江さんとばしています。(以下、本文のまま)
「あの者をそんなわけのわからない憑依霊の餌食にさせるなど、この自分が断じて許さぬ」
「直江の怒りに火がついた。よりによって景虎と比べるとは、地雷もいいところだ。矜持を傷つける人間には、黙っていられない。直江信綱はそういう男だった」
晴家のお家事情もでてきます。
化粧師河鹿の正体が気になります。
こうしてまた、次の巻を買ってしまうんでしょうねぇ…
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
妙な組織の不気味な敵。
景虎達はそんな敵の罠にはまり、それぞれが別の、
しかも油断ならない相手と戦う。
その敵は異様な力を持ちそして強く 皆ボロボロです。
更には味方同士の「あい討ち」もあり、苦戦をしてます。
ボスも意外な人物で、あらまっ・・・でした。

しかし・・・・・
確かに戦ってはいるのですが、
これまでの作品に比べると、勢いはちょっと不足ぎみか?
やはり夜叉衆のファンとしては、個人戦も結構ですが、
できればもっと、団結した戦いがみたい。と、思ってしまう・・・。
次巻に期待!です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
炎の蜃気楼の大ファンです'本編も邂逅編も全編ハマり読みしています。けど、邂逅編のここにきて巻をまたがる長編というのはちょーっと疲れるかも。ストーリーはバトルあり、人間味あり、個人戦ありで深いものがあっていいんですが、対戦相手の解説が長いのと、個人戦なんだけど相手がみんなキメラという同族なので対戦内容が同じでちょっと飽きてしまいますね。次巻での解決を願うばかりで★4つです。自分としては”景虎の力”の凄さを見たいです!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
今回は新潟特産・石油を発端に、框一族という謎の集団とのサイキック・バトルが展開します。敵に雑魚扱いされちゃう直江とか、色部殿の色っぽい挿絵などが見どころ(笑)新たな宿敵登場ということで、これまでの単発バトルから、連続したシリーズになる模様。ただ、歴史の表舞台との絡みももっと見えるといいのになぁ…ということで、今後の展開に期待を込めて、星4つです☆
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック