通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
災害を生き抜く: 災害大国ニッポンの未来をつくる がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付】【保障付】概ね良好なコンディションです。カバーに少し汚れがあります。丁寧な検品、迅速な発送を心がけます。◆簡易クリーニング済。◆迅速に対応致します。◆ゆうメール配送。◆ビニール防水梱包発送。◆ポスト投函。※万が一検品漏れがございましたらご一報ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

災害を生き抜く: 災害大国ニッポンの未来をつくる 単行本 – 2014/3/5

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2014/3/5
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,322

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 災害を生き抜く: 災害大国ニッポンの未来をつくる
  • +
  • 人が死なない防災 (集英社新書)
  • +
  • 人はなぜ逃げおくれるのか―災害の心理学 (集英社新書)
総額: ¥3,197
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

30年以内に70%の高い確率で発生すると言われる首都直下型地震。最大震度7のとき1万人以上の死者が発生すると想定されています。どんなふうに災害と向き合えばいいのか。私たちはどうしたら生き抜くことができるのか、家族をどう守るのか、学校で子どもたちをどう避難させるのか、災害支援の現場で活躍してきた著者が実践的にアドバイスをします。
災害をキーワードにした、未来の日本を生き抜くための本です。

内容(「BOOK」データベースより)

台風、土砂崩れ、噴火、地震、波津…災害大国日本で生き抜くために。災害支援の現場から生まれた、本当に役に立つ具体的なアドバイス。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 232ページ
  • 出版社: みくに出版 (2014/3/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840305366
  • ISBN-13: 978-4840305365
  • 発売日: 2014/3/5
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 412,893位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
著者の広瀬敏通さんは、カンボジア難民の救済から阪神淡路、中越、そして東日本大震災の現場で緊急支援から復興まで、常に現場で災害支援に尽力してきた人物。もとは富士宮で四半世紀以上前にホールアース自然学校を起こし近年はエコツーリズムの推進にも力を注いでいる野外教育やエコツーリズムの世界では知る人ぞ知る人物だ。

この本は、広瀬氏の体験に基づいた災害を生き抜く知恵を中心に、自然の恵みと災害の裏表の関係、災害支援とボランティア、さらに長期的な被災地復興に必要とされる支援と地域作り、日本の社会に不可欠な減災と災害教育など、幅広い視点から災害を生き抜く知恵が書かれている。

災害を生き抜くノウハウだけではなく、災害大国日本として何を為すべきかを指南する提言として、災害や復興に関わるすべての人が読むべき本だと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
災害の多い「災害大国」である日本に暮らす私たちに必読本です。

現場で動く人たちは、情報発信する時間がなかったり、ときに苦手だったりします。一方、研究者の文章は専門的すぎて読みにくく、現場の状況を踏まえていないことも多くあります。
この本は、災害や紛争の現場に立ってきた筆者の経験に基づいていながら、さらに専門的かつ多角的なデータの裏付けによってなりたっていて、とても説得力があり、かつ読みやくなっています。

地震だけでなく、台風や火山など複数の災害について触れられており、また、その時おきる「パニック」についても書かれています。大きな災害が起きれば、冷静を保つことは難しい。その時に、人はどういう行動をとってしまうのか。それを事前に知っておくだけでも、実際に被災したときにかなり役に立ちます。

日本に住んでいる限りは災害は避けられない。だからこそ、災害と前向きに向き合っていくことは不可欠です。そのためにも読んでおきたい一冊です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック