通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
災害がほんとうに襲った時――阪神淡路大震災50日間... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●カバー端にゆるい開き痕、本文の状態は概ね良好です。●帯なし【梱包】防水梱包 【発送】店舗名に記載時間までの確定注文で当日発送/ゆうメール(追跡番号なし)【お届け】発送日含め約2~5日でお届け(エリア・郵便局の配達状況等によります)/基本ポスト投函/ポストに入らない商品は手渡し/不在時は不在連絡票から受取り手続きとなります 【ご注文お待ちしています】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

災害がほんとうに襲った時――阪神淡路大震災50日間の記録 単行本(ソフトカバー) – 2011/4/21

5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 災害がほんとうに襲った時――阪神淡路大震災50日間の記録
  • +
  • 復興の道なかばで――阪神淡路大震災一年の記録
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 91pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

東日本大震災発生後の今、何が必要なのか。「神戸」の経験に学び、考える。精神科医の50日におよぶ関与観察の記録を新編集。

出版社からのコメント

家屋の倒壊、近親者の死、長びく避難所生活・・・・・・ 
阪神大震災は被災者たちに、計り知れない心の傷を負わせた。
「なにかやらなくては」―みずからも被災者である
神戸在住の精神科医とナースがまず立ち上がった。
つぎに全国から駆けつけた医療ボランティアたちが。
彼らが疲れてくると、さらには援助者を支える援助者もやってきた。
1995年1月17日から50日間。被災地では何が起こり、何が必要だったのか。

1995年3月に刊行した『1995年1月・神戸―「阪神大震災」下の精神科医たち』から、
編者・中井久夫が記した「災害がほんとうに襲った時」を再編集する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 144ページ
  • 出版社: みすず書房 (2011/4/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4622076144
  • ISBN-13: 978-4622076148
  • 発売日: 2011/4/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 425,805位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
東日本大震災からまもなく五十日を迎えようとしている。第一次世界大戦の時の記録によると、戦争のプロでも四〇〜五〇日たつと、戦闘消耗と呼ばれる状況に陥り、武器を投げ捨てて、わざと弾に当たろうとするような行動に出るものが現れたという。そろそろ新たなステージに入るべき時が、来ているのかもしれない。

本書は阪神淡路大震災の時に神戸大学で精神科医を務めていた中井 久夫氏による五十日間の記録がベースである。ことは今回の震災の際、ノンフィクションライター最相 葉月さんが自宅にて落下してきた本の中に『1995年1月・神戸』を見つけ、著者にネット上での全文公開を要請したことに端を発した。そこに、今回の震災の記録を追記して生まれた一冊が、本書である。

◆本書の目次
東日本巨大災害のテレビをみつつ 2011年3月11日ー3月28日
災害がほんとうに襲った時 付・私の日程表 1995年1月17日ー3月2日

二つの記録は、一つは被災に対しての外部としての立場、もう一つは内部としての立場である。しかし、いずれの立場においても共通しているのは、著者による俯瞰の目線であり、背景を観察する能力である。著者自身、被災後に病院へ出向きすぐに行ったことは、医局の整理、電話番、ルートマップの作成だった。そして、その後も、隙間を埋
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ib_pata トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/4/21
形式: 単行本(ソフトカバー)
 「有効なことをなしえたものは、すべて、自分でその時点で最良と思う行動を自己の責任において行ったものであった。指示を待った者は何ごともなしえなかった。統制、調整、一元化を要求した者は現場の足をしばしば引っ張った」というあたりが特に印象に残っています。
 
 これとも関係するんですが、面白いなと思ったのが、日本人のリーダーシップのあり方。

 ドイツの精神医学全書の「捕虜の精神医学」の項に、シベリアにおけるドイツ軍捕虜に比して日本軍捕虜を恥ずかしくなるほど称えた文献の引用があるんだそうです。いわく、ソ連軍が日本軍捕虜の指揮官を拘引するとただちに次のリーダーが現れた、と。彼を拘引すると次が。将校全員を拘引すると下士官、兵がリーダーとなった、と。こうして日本軍においてはついに組織が崩壊することがなかったがドイツ軍は指揮官を失うと組織は崩壊した、と。

 「日本の組織は軍でなくとも、たとえば私の医局でも私がいない時は誰、その次は誰と代行の順序がわざわざいわなくとも決まっている。これは日本の組織の有機性という大きなすぐれた特徴であると思う」とまとめていますが、今回の東日本大震災でも、各地でこうしたリーダーが活躍しているんじゃないかと思っています。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gori トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/7/6
形式: 単行本(ソフトカバー)
著者の中井久夫氏は精神科医。
3.11の津波や自身によって辛い思いをした人々にたいして
「PTSD(うるさく言え急性心的外傷ASD)の応急措置はhot meals and rest
 暖かい食事と休息である。炊事を手伝わせるところから始めたりするが、
 そんな難しいことをやるわけではない」
とする。寄り添えばいいのだ。
寄り添うことに資格は必要だろうか。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 いちは トップ500レビュアー 投稿日 2017/2/6
形式: Kindle版
精神科医の大御所、中井久夫先生による阪神淡路大震災の被災記録で、それに東日本大震災に対する所感を追加したもの。

いかにも中井先生らしい文章で、被災当時のことが綴られている。それに加えて、神戸という街への愛情というか、優しい眼差しというか、そういうものも感じられる。

こうしたことはともかくとして、「中井先生は躁うつ病的だ」というのは恩師の言葉である。本書の中で中井先生が自身の常用薬としてリーマス400mgを挙げられていたのには驚いた。リーマスは主に躁うつ病の治療薬なのだ。おー、恩師の推測は当たっていたようだ。ちなみに、躁うつ病的な中井先生に対して、「神田橋先生は統合失調症的だ」とのこと。

しかも、就寝前にはデパス3mgとあったので、なかなかの向精神薬の飲みっぷりである。

精神科医がみた大震災なので、外傷や遺体の話はほとんどなく、そういう話が苦手な人には読みやすいだろう。また、精神科専門の話もほとんど出ないので、医療関係者でなくても興味深く読めると思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告