中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

灼眼のシャナ (電撃文庫) 文庫 – 2002/11

5つ星のうち 3.5 57件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 2,821 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

新学期が始まったばかりの高校生・坂井悠二は、いつものように“日常”を生活していた。だが、彼はある日突然、“非日常”に襲われる。人の存在を灯に変え、その灯を吸い取る謎の男、フリアグネに襲われたのだ。悠二の“日常”生活は壊れた。しかし同時に、彼の前に一人の少女が現れた。少女はフリアグネから悠二を護るため、悠二のそばで生活を始める。悠二は感謝を込めて御礼を言うが、少女はこう呟く。「おまえは、もう『存在していない』のよ」自分はすでに死んでいる!?存在亡き者、悠二が考え、思うこととは…!?奇才・高橋弥七郎が贈る、奇妙な学園ストーリー。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高橋/弥七郎
大阪生まれ。大阪在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 293ページ
  • 出版社: メディアワークス (2002/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840222185
  • ISBN-13: 978-4840222181
  • 発売日: 2002/11
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 57件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 215,213位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
灼眼のシャナとの出会いは、アニメ版ゼロの使い魔のルイズと、アニメ版灼眼のシャナのシャナの声を当てている声優さん釘宮理恵さんつながりです。また、噂に聞いていたシャナはツンデレキャラということに惹かれて読んでみたわけですが、これがいい!
まず、高橋弥七郎氏のこの作品では、()や《》を使った表現が目立ち、読み始めは少々違和感を感じますが、読むうちにその意図が分かって寧ろ「」とは違う表現であることがすぐ伺えます。
そして、ストレス無く読める点として、基本的に1巻で1つの話の区切りはついているということです。気になって新しい巻を出るまで、または手に入れるまで気になって仕方ないというストレスにさいなまれることはありません。
そして、アクションにせよ恋愛にせよ、くどくない文章は微妙に先が分かる期待感から、その期待を確認したいという読者の欲望をそそって読むペースを落とさせません。
ですから、読む時間があればすいすい読んでしまえるわけです。

さて、第一巻である本作品、私がこの作品に出逢って最初に感じたのはありそうな気がするような話という、現実味でしょうか。故に空想しまくらなくても頭にイメージを思い浮かべられます。
この現存する世の中、それとは別の「紅世」と呼ばれる世界があり、その世界に住む「徒」は人の「存在の力」を喰らい、喰われ
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
久しく考えさせられる文庫本に出会いました。
私達も当然送っている何気ない日常。それがどんなに脆い物か、壊れやすいかが良く表現されています。
主人公"悠二"は、その脆く儚い日常が突然の出来事によって崩れ、
"紅世(ぐぜ)"より現れた謎少女、"シャナ"に自分はもう人ではない事、
すでに死んでいて、もう消えるのを待つのみだという事、他にも自分と同じ人間が沢山いる事を告げられます。
同時に、悠二はその中でも特に特殊で自身の"存在"の中に何かが隠されており、それゆえこの先も危険に会う可能性が極めて大きい…ということも。
それを受け止め愕然とする悠二と、その傍を護衛という形式で付き添うシャナ。
二人の成長する様、惹かれあう様が文と挿絵で描かれています。
造語も多いですが、読者を置いてきぼりにしなく、きれいに理解できたうえで
読み進められるようになっているので感情移入も難くはありません。
ストーリーもアクションシーン豊富で、退屈している暇も貰えません(w
ちなみに私は、買ったその日に読破しました。
一旦読み始めると止まらない…そんな魅力をこの本は持っています。
ぜひ一度お試しあれ。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 龍神 投稿日 2009/3/10
形式: 文庫
大人気と言うから買ってみたけど専門用語が最初から多すぎて読むのが面倒くさいなってやめました。合う人には合うかもしれませんがこの作品の世界に慣れるまでが大変だと思います。まず、試し買いしたほうがいいと思います。まとめ買いは失敗するかも…
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 akishuu101 投稿日 2005/12/1
形式: 文庫
アニメも放映中とのことで何となく手にとって読んでみたが、なかなか面白かった。最初はややこしい専門用語や設定にとまどうかもしれないが、ケレン味たっぷりで軽妙な語り口にはグイグイ引き込まれるし、穏やかだが年相応の下心も持つまさに等身大の主人公・悠二や、イケメンの佐藤、メガネマンの池に虚弱美少女・吉田さんなど、キャラクター達もみな魅力的で、読んでいて楽しい。

そして最大の見所(詠み所?)は、やはりヒロインであるシャナの見せるアクションや、強烈なツンデレぶり(笑)であろう。悠二とシャナの微妙な距離感が物語の主軸となり、学園ラブコメに笑わせられ、時に切なくさせられる。このあたりのメリハリも上手い。

まだ1巻しか読んでいないが、これは後のシリーズも是非読んでみようと思う。イラストも綺麗で大変よろしい。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
初めてライトノベルというジャンルに手を出してみたが
これは18禁だったようだ。18歳以上は禁止という意味で。
まともな文章を読んだことのある人間ならコレを読むのは苦痛だろう
とはいえ設定は悪くないので、高橋氏を原案、監修にして
執筆者はよそから引っ張ってきてみてはいかがだろうか?  

 
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー