通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
灼眼のシャナ〈12〉 (電撃文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯なし。  状態は結構きれいです!    「年中無休!!土日祝も発送OK!」中古品の為、多少の傷汚れ等がありますが、おおむね良好です:併売商品の為、売り切れの場合はご返金いたします。他と同時購入は、送料100円引き致します。(迅速・丁寧に梱包し、発送致します!!)「クロネコDM便にて」
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

灼眼のシャナ〈12〉 (電撃文庫) 文庫 – 2006/2

5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 灼眼のシャナ〈12〉 (電撃文庫)
  • +
  • 灼眼のシャナ〈11〉 (電撃文庫)
  • +
  • 灼眼のシャナ〈13〉 (電撃文庫)
総額: ¥1,717
ポイントの合計: 21pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

“日常の中の非日常”―御崎高校では、年に一度の学園祭『清秋祭』が開かれていた。「悠二!!」その一日目、最大のイベント『ベスト仮装賞』発表の舞台上。「私、悠二が―」シャナは、自分の『どうしようもない気持ち』を一人の少年へ伝えようとして―一陣の風によって防がれた。(あった)遠くから、一人の“紅世の王”が、(もう二度と、離さない)遂に捉えた愛しい人の許へと飛ぶ。(待ってて、ヨーハン)その風の色は琥珀。『約束の二人』の片割れ、“彩飄”フィレス顕現の証だった―。


登録情報

  • 文庫: 253ページ
  • 出版社: メディアワークス (2006/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840233047
  • ISBN-13: 978-4840233040
  • 発売日: 2006/02
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 487,300位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
突如として学園祭を巻き込んだ彩飄フィレスの顕現、狙われた悠二が展開した自在法「封絶」を使ったときの炎の色が銀色であったために、弔詞の詠み手までが悠二を狙って学園を・・・生徒を形無きものにしてしまう。

・・・と、今までに無く身近な日常が壊されていくところから始まります。

これまででは考えられないようなことをシャナが感じ、行動に出しはじめます。もはや照れ隠しでしか使わなくなった「うるさいx3」も健在です。

この巻も、期待通りの灼眼ワールドです。

お勧めします。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 無色不透明 投稿日 2006/2/14
形式: 文庫
平穏な日常を描いた前巻から急展開、ついに「約束の二人」の片割れ”彩瓢”フィレス到来。狙われる”零時迷子”、”銀”の影に困惑する”弔詞の詠み手”、最悪の展開に悲嘆する”万条の仕手”。渦巻く各々の思いが、御崎市で激突する。「灼眼のシャナ」シリーズ第12巻。                     そして、”零時迷子”の中には何が…
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ayuyo 投稿日 2006/12/6
形式: 文庫
学園祭のベスト仮装賞を受賞し、マイクを握ったシャナ。其の時、そこに現れたのは、悠二の中に秘められた宝具「零時迷子」の元の持ち主とともに「約束の二人<エンゲージ・リング>」と呼ばれた"紅世の王"、「彩飄フィレス」。自己の消滅の危機におびえた悠二がとっさに展開した封絶の"銀"の炎を見たマージョリーは暴走し...

前巻と打って変わり、派手な展開が山で、話もどんどん進みます。ヴィルヘルミナがへこんでて、シャナとゆかりが頑張って、田中がおびえて、とりあえず、今回は非常に面白かった!次が楽しみです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
なんと言うか・・・もの凄く先が気になるところで終わりましたね

流石としか言い様がありませんね

銀の正体。零時迷子に掛けられた自在法。悠二の行方。

気になる展開です

次の巻で、灼眼のシャナなまた一つ大きな節目を迎えるのではないでしょうか?
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告