¥ 473
通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

灼熱の卓球娘 5 (ジャンプコミックス) コミック – 2016/12/2

5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 473
¥ 473 ¥ 799
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 灼熱の卓球娘 5 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 灼熱の卓球娘 4 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 灼熱の卓球娘 3 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,419
ポイントの合計: 23pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

明らかになる本当の紅真深──!?
過去とは違う自分を見せる!!
あがりvs.紅真深戦。あがりへの憧れから、彼女に執着していった紅真深の、衝撃の過去とは!? もず山中学を描いた番外編も収録!!



登録情報

  • コミック: 168ページ
  • 出版社: 集英社 (2016/12/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088808320
  • ISBN-13: 978-4088808321
  • 発売日: 2016/12/2
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 11.2 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
今までのコミックスも素晴らしいの一言でしたが、今回の巻は本当に本当に素晴らしいの一言。

今までは
紅真深ちゃんはあがりが大好きだけど何かしら闇を抱えている。
ぐらいにしか感じなかった、紅真深ちゃんの過去の話がほとんどです。

狂った愛を持った理由、それでも優しい心を持っていることなど
紅真深ちゃんの可愛さ、恐ろしさ、優しさ、かっこよさ
全てが詰まっている至福の一冊となっていました。

さらに、ヤングジャンプに掲載されていた特別番外編も載っています。
こちらはもず山中の石榴部長のお話。
アニメの今放送しているところと丁度お話がピッタシです!
こよりvsくるりを見てたら、思わず「おおっ!!」ってなるところがあるので是非是非!
あと、くるりちゃんと結構おバカだなーって笑えるところも最高でした。

おまけのプロフィールは本当に必見です!

朝野やぐら先生もおっしゃっていた通り部数が少なく、私もやっとの思いで一冊ゲットしました。
皆さんも、欲しくなったら買うではなく、気になったら買うの根性で是非お手に!!!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
敵側の紅真深があまりにも敵として良すぎて読み始めたら止まらなく、一気に最後まで読んでしまいました。
私の中では最高の盛り上がりを見せています。
紅真深が歪んだ性格をしているので、そういうのかだめな人なはおすすめできないかもしれないですね。
主人公側ではなく敵側なので、私はそういうのはありかなと思っていますけれども。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
漫画なので(というか作者のセンスも多分にあるのでしょうが)かなりあさっての方向へと誇張した描き方になっていますが、まごうことなき『天才』である紅真深のことを、昔のあがりが受け止めきれなかったことが、本来であれば互いに手を取ることのできた二人の間に距離を作ってしまったという…まあ、切ないお話ではあります。
しかしながら、こよりに導かれた今のあがりならば…というわけで、1~4巻まで読んだ方にとっては、これは希望の物語でもあります。だから、シリアスではあるけれども、あまり暗い気持ちになることもなく、キャラクターたちのことを見守るようなつもりで読めるとてもいいエピソードだと思うのです。
紅真深の、天才ゆえの鬱屈や孤独を受け止める、狐姫という存在もひとつのクッションになっていて、彼女たちを取り巻く世界に柔らかさを与えています。
その狐姫に関しては、秘密を共有することで紅真深との間に二人だけの世界を作っているような描き方になっているのですが、一方で部員たちにも広くその愛情を注いでいるようにも見えるのですよね。そういう、存在の広さの部分が今後どう展開していくのか(いけるのか)が、個人的な注目点です。こよりとの間に、これみよがしな共通キーワードも設定されていますしね。
単純に見えて、かなり盛りだくさんな一冊に思います。

もず山エピソードは、アニメ見た人へのサービスみたいな感じですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
書籍版はなかなか手に入りませんよ。
大型書店を数軒回ってようやくゲット。
ここまで購入されている方にとっては内容はもちろん納得のことだと思うので、
手に入れたい方は早めに動いた方がよいと思います。

本当…こんなにおもしろいのに何で扱いが低いんだろう…
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告