通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
灰色の巨人 (少年探偵) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 創育の森■
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯無。カバー:ヨレ、キズある場合もありますが良好です。ページ:良好。古本としては良好な本です。G
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

灰色の巨人 (少年探偵) 単行本 – 2005/2

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 122

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 灰色の巨人 (少年探偵)
  • +
  • 海底の魔術師 (少年探偵)
  • +
  • 黄金豹 (少年探偵)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 38pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

東京の有名デパート宝石展で、「志摩の女王」という真珠の宝塔が盗まれた! サーカスを舞台にまたしても二十面相と探偵団の戦い。
--このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

デパートの宝石博覧会から、真珠の美術品を持ちだしたどろぼうは、アドバルーンにつかまって大空へ。ところが、犯人をつかまえてみると…。「灰色の巨人」となのる怪人が、今度は「にじの宝冠」をぬすみだす。賊を追いかける少年探偵団がたどりついたのは、サーカスの大テント。奇妙な賊の一味は、ここにまぎれこんだのか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 177ページ
  • 出版社: ポプラ社; 文庫版 (2005/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591084221
  • ISBN-13: 978-4591084229
  • 発売日: 2005/02
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 13.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 102,053位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 山岸健悦 投稿日 2013/5/12
形式: 単行本 Amazonで購入
状態が良く、とても満足しています。プレゼントした相手の方も喜んでおります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 かなりドラマチックな展開が繰り広げられましたが、如何せん今まで少年探偵一巻〜十巻まで熟読してしまったため感動がやや薄くなって来てゐます。「灰色の巨人」といふ外面露出がそれ程に実を帯びてゐない事も何となく分かって来ましたし、次の展開が何となく分かってしまふので、力強い内容ロマンをイメージできませんでした。
 今回は舞台設定にサーカスといふ場面を持って来てアクロバチックな展開が新しかったと感じました。唯、現在の日本には執筆当時程には、サーカスが日常風景になってゐないのでややしっくり感が欠けてしまったのは残念でした。
 その他にも、屑屋さんやお手伝ひさんといった存在が登場してゐてややレトロ感を醸し出しゐるのは逆によかったかもしれません。
 筆者の流れるやうな展開の文章には、勢ひがあって少年探偵団の輝き、更には、その上を行く明智探偵の安心感ある力強さを描いてくれたのはよかったです。
 最後の四十面相の取り押さへ箇所は、誠に怪盗ならぬ御粗末さそのもので、もう少し花を持たせて上げてもよかったかなと思ひました。少年探偵団と明智探偵は本当に力強しです。次のロマンに期待しようと存じます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック