Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 640

¥ 51の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[十文字青]の灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)
Kindle App Ad

灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.1 62件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 灰と幻想のグリムガル(オーバーラップ文庫)の10の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 640
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691 ¥ 2
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ



商品の説明

内容紹介

おれたち、なんでこんなことやってるんだ……?
ハルヒロは気がつくと暗闇の中にいた。何故こんなところにいるのか、ここがどこなのか、わからないまま。周囲には同じように名前くらいしか覚えていない男女、そして地下から出た先に待ち受けていた「まるでゲームのような」世界。
生きるため、ハルヒロは同じ境遇の仲間たちとパーティを組み、スキルを習い、義勇兵見習いとしてこの世界「グリムガル」への一歩を踏み出していく。その先に、何が待つのかも知らないまま……
これは、灰の中から生まれる冒険譚。

内容(「BOOK」データベースより)

おれたち、なんでこんなことやってるんだ…?ハルヒロは気がつくと暗闇の中にいた。何故こんなところにいるのか、ここがどこなのか、わからないまま。周囲には同じように名前くらいしか覚えていない男女、そして地下から出た先に待ち受けていた「まるでゲームのような」世界。生きるため、ハルヒロは同じ境遇の仲間たちとパーティを組み、スキルを習い、義勇兵見習いとしてこの世界「グリムガル」への一歩を踏み出していく。その先に、何が待つのかも知らないまま…これは、灰の中から生まれる冒険譚。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2794 KB
  • 紙の本の長さ: 230 ページ
  • 出版社: オーバーラップ (2013/6/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00DKPH8LG
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 62件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 2,375位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
とても面白かったです!世界観がよく、キャラクターの心情描写がよく書けてると思います悩みや葛藤そういったものがありながらも地道に成長していくところがいいです
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
アニメで作品を知って、楽しく見れていたので原作が気になりますが、キャラ絵がアニメとかなり違うのでアニメでの良い印象や自分の中のイメージが損なわれないか心配で、結構長い間読むのをためらっていましたが、1巻を読んだ後は一気に9巻まで読んでしまいました。

主人公が選ばれし者で、強くなる素質が元々あり、敵をなぎ倒していくという話ではなく
地味に一歩一歩丁寧に踏み出していく感じがとても好きです。
アニメを見た人は分かるかと思いますが、一応、主人公が起死回生の一手を持っていることは持っていますが、それに頼りすぎずに冒険が進んでいきます。おそらく、それに頼って物語が進んでいたら、自分の印象は、つまらないなぁ・・・となっていたはずです。

作風としては、無駄だなぁとか青臭い表現だなぁとか、主人公の気持ちを垂れ流しただけの文章だったりと、思うところは多々ありますが、読みやすさと内容の面白さがそういう欠点を補っても余りあるという印象です。

既刊分を一気に読んでしまったのは、きちんと冒険になっていて先が気になるのが大きいです。
本当に、先が読めないんですよね・・・次々といろいろな要素が出てきて、世界が広がっていくので、読んでいて楽しいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
最近、某小説投稿サイトを中心に世にあふれている主人公最強要素やハーレム、ざまあ…または逆転(最弱から最強へ)みたいな展開はありません。
人間関係にもご都合主義的展開はなく(何もしてないのに勝手に主人公が好かれれるとか、持ち上げてくれるとか…)、特に約一名ウザキャラがいます。
主人公を含め仲間もそれぞれ欠点があり、こういった部分にストレスを感じる方もいるかもしれません。
また作品の持ち味でもあるのですが、書き方が一人称(主人公の独白的)でありながら視点変更が時折あることから人によっては読みにくさを感じるかもしれないです。

しかし読み進めていくと何故か引き込まれていきます。次の展開が知りたくて先へ先へと読むスピードが上がっていく… 最弱の敵にすら苦戦する世界で、ご都合主義もないので戦闘は主人公たちの不安や緊張、焦りが伝わってきて緊張感があります。だからこそ敵を倒したときの喜びは強く、ゆっくりと成長していく彼らを応援したくなります。

私は一気に7巻まで読んでしまいました。
1巻ではただウザかったキャラも必要な仲間なんだと納得できる位置におさまり、いまではそれなりにお気に入りのキャラの一人になっています。
等身大の主人公たちが必死になってグリムガルで生きていくこの物語は最強ハーレム物に胸やけを起こしていた私にとって最高の作品です。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
星5つけたかったけど、4。
理由は、おそらく読みづらい小説なんだろうなと思うところ。私はアニメ観て、その熱が残ったまま(当時で5?巻まで出てたかな)一気読みをしてしまったので、ランタのウザさとか主人公がぱっとしないとか(じきにぱっとする)、気にならなかった。小説から入る人にはランタとハルヒロの掛け合いとかはかなりマイナスポイントだと思う。しかし考えてもみると、あまりものの寄せ集めがパーティを組んで共同で生活をして行くなかで、気の合う合わないがあるのも当然なのかと。
この作品を現在出てる11巻まで読んで感じるのは、ジャンル分けするなら〔異世界召喚モノ〕ではあるんだけどページが多く割かれているのは仲間との関係性や焦り、緊張、恋心などで、これが学園モノでもいい感じな小説になりそうだなと。
伝説の武器、ドラゴンや精霊王とか出てこないので、そういうのを求めてる人には物足りないと思う。
よくあるラノベではない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
 これは1巻の感想と言うより、7巻まで読んでみて…なんですが、かなり面白いと思います。

 僕の場合は、アニメから入ったので、当初はこの挿絵のクセが強すぎるというか、アニメと違いすぎて、話もなんか読みずらかったりしてました。でも、まぁそこをちょっとガマンして?読み進めていくうちに、この作者の描きたい世界の広さというか、深さというか、そういうものが少しづつ少しづつ浮かび上がってきて、ちゃんと楽しめました。

 むしろ、はじめがこのぐらい地味で、遅々として進めない歯がゆさが、あとあとこの物語が逆に良くなってくる要因の一つにも思います。(さすがに1巻は読みにくいところやイラストのクオリティも含めて星ひとつ減らしましたが…)

 まぁ、確かに読者の好みが別れそうな感じもしますが…。例えばチート系の初めから主人公大活躍&モテモテ~!!みたいな話に少し飽きてきてて、もう少しじっくりと、それこそ英雄でも天才でもない主人公たちが一歩一歩壁を打ち壊していくような、そういう物語を読んでみてもいいかな…という人にはお勧めです。

 この物語のイラストレーターさんも、なんか物語同様に急速にどんどんいい感じになってきますから、どうか1巻だけで判断しないで、読み進めてみてください。

 ちなみに、話の流れそのも
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover