通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
火車 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

火車 (新潮文庫) 文庫 – 1998/1/30

5つ星のうち 4.0 376件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,069
¥ 1,069 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 火車 (新潮文庫)
  • +
  • 理由 (朝日文庫)
  • +
  • 模倣犯1 (新潮文庫)
総額: ¥2,848
ポイントの合計: 88pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第6回(1993年) 山本周五郎賞受賞

内容紹介

休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して――なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか? いったい彼女は何者なのか? 謎を解く鍵は、カード社会の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 590ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1998/1/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101369186
  • ISBN-13: 978-4101369181
  • 発売日: 1998/1/30
  • 梱包サイズ: 15.4 x 11 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 376件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,800位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 yuu 投稿日 2017/2/12
形式: 文庫 Amazonで購入
宮部は「理由」で有名になったのかと思ってたが、この作品はそれ以前なんですね。
宮部みゆきは、『理由』のディティールにせよ、『模倣犯』や『ソロモンの偽証』に出てくる幾人かの少年にせよ、
不条理でエキセントリックに見えるが、実はリアリティあふれてるところが魅力である。

ただこの一作は違う。他の方の感想を読んでて「クレジット破産の闇のからくり的話かな?」と思ってたけど、それも違う。

簡単に言えば、これは「現代版、砂の器」である。
(著者も意識していたのだろう、後半【砂】【脆い】といった言葉が数度出てくる)

宮部の作品読んでて、面白い、なるほどこう来たか、と思ったことは多々あるが、「切ない」という感情を持つことは稀だ。
この小説に出てくる女性二人の生き様は、二人の終着点が真逆にせよ、あまりにも切ない。

日本のミステリークラシックと比べても遜色無い、名作中の名作かと。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
怪我で休職中の刑事が、失踪した婚約者の捜査を甥に依頼されたところから、ストーリーが始まります。足取りを追跡するうちに、甥と婚約した女性は本人ではなく、別の女性が本人になりすましていたことがわかります。これは、何年も執拗に追いかけて来る借金の取り立てから逃れるために、他人になりすまして暮らざるを得なかった女性の悲しい話です。

主人公である刑事の息子、同僚の刑事、幼馴染みの女性を探そうと必死の青年とその妻、失踪した女性の職場の人々など、脇役の人々のキャラクターが際だっており、小説として面白いです。

ミステリーしての完成度もさることながら、お金についてのリテラシーが不足しているために、罠に落ちてしまうリスクへの警鐘がストーリーにみごとに溶け込んでいます。テレビでは、消費者金融のCMが絶えず流れています。それだけ利用者が多いということなのでしょう。日本では、諸外国と違ってほとんどお金に関する教育が行われていません。わずかばかりの知識が無いばかりに、借金を苦に自殺してしまうなど、不幸になってしまう人を少しでも減らそうとする宮部みゆきさんの熱い思いが感じられます。

その一方で、この本でも触れられているとおり、消費者金融やクレジットなどが、一大産業になっていて、利息収入を生活の糧としている人もたくさんいるのも事実です。
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
私の印象としてこの作品はスッキリと終わらない点に魅力を感じた。

奇妙な事件を調査に調査を重ね、少しずつ明らかになる真実。
しかし容疑者がどんな人物なのか、「こんな人なのではないか?」というのはあっても最後まで明らかにはされない。

どんな人物なのか?なぜこんなことをしたのか?
この謎は根本に置かれていた謎だったように思える。
そこをあえて語らず、作中にどんな人物なのか想像する材料は十分に用意して、あとは読者の想像に委ねているところが面白い。
読み返すたびに想像がさらに広がり、何度も読みたくなる。そんな作品でした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
読みやすいし、悪くはないんだけど全体的に盛り上がりに欠ける印象
終始淡々と進む上に登場人物のキャラが薄いので、読んでいてあまり面白くない
トリックも別段大した事はないし、そのくせしてページ数が多い・・
ボリューム的にはこれの半分くらいで終わらせてくれたら良かったかも

結果、社会派作品としても娯楽作品としても中途半端な仕上がりに思えた
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
以前、一度読んだことがあります。今回又買いました。いつの作品だったか? 同名TVドラマ化されていたのを、たまたまBRレコーダーの中に見つけ、その出て映えに圧倒されたからです。本間俊介に上川隆也、相棒に寺脇康文、謎の女に佐々木希というキャストで、一切の無駄を排した上級のドラマでした。何度も見て、もう一度原作を読みたくなり購入したのですが、原作もいいけれど、TVドラマの出色の完成度に拍手です。殺人はあるのですが、表に出してこない、「行われたことに間違いはない」程度で、過不足なくドラマは静かに進行していきます。全体的にフラットで、大きな山場といって派手なシーンはありません。しかし、宮部みゆきの筆力でしょうね、途中で本を置くことを許さない、圧倒的な謎解きが秀逸です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー