通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
火花 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ハピネス書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: コンディションはAmazonマーケットプレイス コンディションガイドラインをもとに付けさせていただいております。☆★詳しい商品の状態を知りたい方はご購入の前にお問い合わせください☆★商品に万が一、品質不備があった場合は返金にて対応致します。☆★配送は防水フィルム梱包し、封筒で原則ゆうメール【追跡番号無】にて配送いたします。また、配送料金は商品1品に対して発生いたしますのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

火花 単行本 – 2015/3/11

5つ星のうち 3.3 1,297件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 581

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 火花
  • +
  • コンビニ人間
総額: ¥2,700
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

笑いとは何か、人間とは何かを描ききったデビュー小説

売れない芸人徳永は、師として仰ぐべき先輩神谷に出会った。そのお笑い哲学に心酔しつつ別の道を歩む徳永。二人の運命は。

内容(「BOOK」データベースより)

お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 152ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2015/3/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163902309
  • ISBN-13: 978-4163902302
  • 発売日: 2015/3/11
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 1,297件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 236位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
売れない芸人2組の相方同士が、切磋琢磨しながらつるんでいくという作品。

ものすごく評価が難しい作品。
前半~中盤にかけては全く面白くなかった。そもそも話に入り込めない。
登場人物同士の関係や性格なども全く見えず、読者だけが取り残されている感じ。
評価が低い人は恐らくこのあたりで挫折した人であろう。

後半になってようやく登場人物の立ち位置や性格、ストーリーが分かってくる。
そのあたりまで読み進めると、ようやくこの小説の面白さが理解できた気がする。

全体を通して、感想が出てこない。何というか、ストーリーについていくのが精いっぱいで、楽しむという段階まで行けなかった。
終盤では、物語の山場のような展開が出てくるが、取ってつけたような感じが否めない。
さらに言えば、作中に「伝記」がキーワードのように出てくるのだが、最終的にストーリーにはほとんど絡んでこない。

知り合いはつまらない等々酷評している者もいたが、そこまでつまらないというものでは無かった気がする。
ただ、「面白い」か「つまらない」かの2択で聞かれたら、私は「つまらない」と答えると思う。
コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
芥川賞候補とお聞きして、先日購入し2時間で読了しました。今まで芸人さん等が書いた類のイロモノは読んでこなかったので、かなり食って掛かって読みましたが、思ったよりも好感が持てた、と言うのが素直な感想です。

先ず、良いと思った点。純文学らしい、「人間の奥底にある、取るに足らない問題」を主題としている所。主人公の心情や性格が作りこまれており(これは作者自身の事かもしれませんが)、彼の人生の生きづらさや迷い、憧れ、守りたいものが読者に訴えかけられ、私たちは自然と自分の人生や考えを顧みさせられます。また、登場人物において素晴らしかった点は、全ての人間が人間臭い事です。陽と陰の部分が脇役においても細かく書き込まれ、生臭さを感じさせられます。

文体については、賛否両論あるようですが、自分は、大正・昭和初期の文学を彷彿とさせるような言葉の言い回しに好感が持てました。崩れたと思ったら、固い文になる、という事に違和感を持つ人もいると思われますが、自分はピシっと空気が締まる雰囲気がして、芥川龍之介の晩年の作品を思い起こしました。しかし、文体は好みもありますし、作者の書き方だとペダンチックだと受け取る人も少なからずいると感じます。

さて、この「火花」は全体を通して見てみると、かなり時間の流れがずさんだと感じられます。時折、読者が主人公の時間
...続きを読む ›
12 コメント 1,543人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 t 投稿日 2016/8/16
形式: 単行本
主人公が表現に性的表現は嫌いという美学を持ちながら、小説のラストはオパッイ落ちって‥

学生演劇の悪ふざけの終わりのようだった
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
話の全般はそれなりに面白いが目新しさなく、逆に後半のサプライズは嫌悪感のみとなりました。期待してただけに残念です。
コメント 105人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 goody 投稿日 2016/6/14
形式: 単行本
何度途中で読むの止めようかと思ったことか。最後まで読んでもやはり面白くなかった。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
こんなに読みごたえがない作品は初めてでした。これが純文学か…。電子書籍で読みしたが、本の厚みがわからないので読み進めていくとあっという間に終わりました。ラストも?という感じで、何も心に残りません。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
メディアやクローズドな場所で評価されたものが決して良いものではない
ただの販売戦略であるということにこの本を通して改めて気付かされました
1 コメント 163人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マツダ草介 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/1/9
形式: Kindle版
言いたいことはそれだけです
文章に凝っていてもそれが文学的に質がいいというわけでなく
語彙が豊富なほどすばらしいというわけでもない
これが文学作品ならこれまで自分が読んできた文学小説はなんだったのかと不安になった
文学の商業化が文学を殺す
日本文学は完全に終了した
コメント 124人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読むのが苦痛 特に台詞がヤバい
こんな出来の本が持て囃される業界は潰れて当然だわ
コメント 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今までいろいろな本を読んできたが、人生でこれほど無味乾燥な本を読んでことないくらい内容が無意味。
内容だけでなく日本語も稚拙。

このような本が賞を取れるということは賞に価値がない。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック