この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

火縄銃・大筒・騎馬・鉄甲船の威力―戦国最強の兵器図鑑 単行本 – 2010/6

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,250
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

鉄炮の伝来は、戦場を大きく塗り変えた。戦国大名たちは存亡をかけて、ある者は火器を多用し、ある者は騎馬軍団を強化し、海戦においても強力な鉄甲船が出現するなど、わが国の戦闘はかつてないエポックを迎えた。戦国の世に一大軍事革命をもたらした必勝の兵器・戦術を徹底検証する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

桐野/作人
1954年、鹿児島県生まれ。歴史作家、歴史研究者。歴史関係の出版社編集長を経て独立。戦国・織豊期や幕末維新期を中心に執筆・講演活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: 新人物往来社 (2010/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4404038690
  • ISBN-13: 978-4404038692
  • 発売日: 2010/06
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 907,769位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
タイトルにある各種兵器の製造法・運用・使用例などをコンパクトかつわかりやすく解説した一冊。オールカラーで図版も豊富です。とりわけ鉄炮と大砲に関しての記述が本書のメインです。鉄炮については銃床、銃身、ネジが別々に製作方法が図解されていますし、火薬の製造方法や保管方法、伊達の騎馬鉄砲隊の真偽などを解説しています。鉄炮を使用した戦術に関しても、江戸時代に島津の軍学者・徳田'興が、関ヶ原における島津軍の撤退戦を失敗と評価した点を引用して、その背景にあった島津の鉄炮戦術に言及している記事は非常に面白く読めました。一方で、武田騎馬軍団と馬に関する記事では、騎馬軍団と騎馬隊と騎馬集団の用語の使いわけがわかりにくく、読み手を混乱させます。騎馬集団による密集突撃戦があり得ることの傍証も弱いと感じました。鉄張船(鉄甲船)についても、どのような船かはっきりとは示してくれず、各海戦の詳細にもあまり触れておらず分量も物足りません。しかし、見応え、読み応えもあり、戦国時代の鉄炮・大砲について知りたい方にはお薦めできる本。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
鉄砲・大砲の伝来から国産化への経緯、その構造と運用などの項目が特に勉強になりました。刀鍛冶の精錬技術が鉄砲の鋳造に生かされているかもしれないこと、長篠の戦いが実は守城戦であったこと、信長が兵農分離という社会的要因、財政的基盤、堺を抑えることにより得た玉薬の力により、鉄砲数だけなら織田家を凌駕していた雑賀衆にはなしえなかった質量兼ね備えた鉄砲部隊を構築しえたこと、弾道の島津家の「繰抜」「釣り野伏」について等、図版も豊富でいろいろと目からうろこでした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告