通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
火曜日はもう待たない (リリ文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

火曜日はもう待たない (リリ文庫) 文庫 – 2015/9/25

5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 610
¥ 610 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 火曜日はもう待たない (リリ文庫)
  • +
  • 慈しむ獣 愛す男 (ショコラ文庫)
総額: ¥1,280
ポイントの合計: 32pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

それは戯れの会話――「もし金をやるといったらいくら欲しい?」
「一億円」だが、そう答える加藤の声は真剣で――彼は、なにを考えている?
ふたりの出会いは火曜日のバー。
加藤はあまり自分のことを語らない青年だったが、長門の誘いを嫌がる様子もなくホテルについてきた。
しかし真剣な交際を望むと、その美しい顔で、ただ火曜日に会うことだけを許した。
好意は感じるのに、まるで掴めない彼自身とその真意に、心を乱し続ける長門だったが…。

内容(「BOOK」データベースより)

それは戯れの会話―「もし金をやるといったらいくら欲しい?」「一億円」だが、そう答える加藤の声は真剣で―彼は、なにを考えている?ふたりの出会いは火曜日のバー。加藤はあまり自分のことを語らない青年だったが、長門の誘いを嫌がる様子もなくホテルについてきた。しかし真剣な交際を望むと、その美しい顔で、ただ火曜日に会うことだけを許した。好意は感じるのに、まるで掴めない彼自身とその真意に、心を乱し続ける長門だったが…。


登録情報

  • 文庫: 224ページ
  • 出版社: 大誠社 (2015/9/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4865180508
  • ISBN-13: 978-4865180503
  • 発売日: 2015/9/25
  • 梱包サイズ: 15 x 10.5 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 558,917位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
1
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
2/3くらいまで、淡々とした会話のやり取りが、どうも好きになれず(-.-)

火曜日にしか会えない理由も、『ああ、そうなの…』って感じで、大したミステリー性も無く。
受けの頑なな態度も、攻めを好きになる行程もパッとしないと言うか、煮え切らないと言うか…ツンデレとも違う気もするしな~?うーん?

大ラスで、なんとなく甘い感じが出てきますがー。
時、既に遅し!って感じなんですよね。手前のやり取りが長過ぎて、これで終わり?って。Hシーンも別に…ってな、程度ですしね。

火曜日にしか会えない理由をチャッチャとハッキリさせて、それの解決も早くさせて、あとがきに書かれてる「その後、こんな事があるかも?」的なネタを入れ込んだ方が余程面白くなったのではないかと思います。
そしたら、もっと紆余曲折なり、胸キュンなりの萌えがあった筈!(T.T)

二度読み返す事は無いかな、残念ですが。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告