通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
火曜クラブ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

火曜クラブ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 文庫 – 2003/10

5つ星のうち 4.6 21件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 359

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 火曜クラブ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
  • +
  • 予告殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
  • +
  • ゼロ時間へ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
総額: ¥2,722
ポイントの合計: 85pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

甥のレイモンドを筆頭に、前警視総監や画家などさまざまな職業の人々がミス・マープルの家に集っていた。一人の提案で各自が真相を知っている昔の事件を語り、その解決を推理しあうという“火曜クラブ”ができたが…静かな目立たない田舎の老婦人ミス・マープルが初めて驚異の推理力を披露した短篇13篇を収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

クリスティー,アガサ
1890年、保養地として有名なイギリスのデヴォン州トーキーに生まれる。中産階級の家庭に育つが、のちに一家の経済状況は悪化してしまい、やがてお金のかからない読書に熱中するようになる。特にコナン・ドイルのシャーロック・ホームズものを読んでミステリに夢中になる。1914年に24歳でイギリス航空隊のアーチボルド・クリスティーと結婚し、1920年には長篇『スタイルズ荘の怪事件』で作家デビュー。1926年には謎の失踪を遂げる。様々な臆測が飛び交うが、10日後に発見された。1928年にアーチボルドと離婚し、1930年に考古学者のマックス・マローワンに出会い、嵐のようなロマンスののち結婚した。1976年に亡くなるまで、長篇、短篇、戯曲など、その作品群は100以上にのぼる。現在も全世界の読者に愛読されており、その功績をたたえて大英帝国勲章が授与されている

中村/妙子
東京大学文学部卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 453ページ
  • 出版社: 早川書房 (2003/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4151300546
  • ISBN-13: 978-4151300547
  • 発売日: 2003/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,776位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
アガサ・クリスティが生んだポワロと並ぶ名探偵、ミス・マープルの短編集
コレを読むのと読まないとでは、マープルの他の長編物の味わいが180°変わります。
その位重要な作品です。
この作品を読んで、ミス・マープルの人となりや推理手法を知ってください。
マープル物の味わいは、マープルの人間性と切っても切り離せないところにあるからです。マープルを知っていればこそ、味わいを楽しめる仕掛けがたくさんあります。

事実、私がポワロに夢中だった頃にマープルの長編を読んだ時はそれほど凄いとは思えず、何故マープルが探偵として高く評されるのか理解に苦しんだものでした。
しかしその後、時を経てこの火曜クラブを手にして読んだ時、私の中のThe best of 探偵 は入れ替わり、その瞬間からマープルの大ファンになったのです。

私はこのミス・マープルを通してクリスティ自身を感じます。
クリスティが伝えんとするところがマープルを通じて語られる。
そしてその視線は慈愛に満ちていてとても優しい。(適度な皮肉もまた心地良い)
だから皆マープルが好きなんだと思います。
是非読んでみて下さい。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 リリ 投稿日 2008/7/10
形式: 文庫
ミス・マープルと甥のレイモンドを中心に様々な職業の人たちが
集い昔の事件を語り合う「火曜クラブ」。
短編13編がそれぞれ特色のある興味深い事件ばかりです。
クリスティーは長編もおもしろいですが
短編もなかなか捨てたものではありません。
夜の読書にピッタリです。
ネタばれするのであまり詳しくは書きませんが、
私が特に気に入ったのは、
不思議な血痕の原因をさぐる「舗道の血痕」、
旅行先で突然起こった1人の老婆の死の真相を描いた「2人の老婆」、
妻殺しの完全犯罪を見事に解決する「クリスマスの悲劇」など、
どれをとってもミステリーファンにはたまらないモノばかりです。
おススメします。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この短編集で、ミス・マープルの真髄を味わってください。贅沢な13篇です。買って損はありません。私は旧文庫版で3回読み返し、娘に児童版を推薦し、今回このクリスティ文庫を購入しました。
みんなから始めは数のうちにも入れられていない老婦人が、実は抜群の洞察力と推理で謎を解く。これがたまらなくうれしいのです。
ひとつひとつのお話も、その語り手の個性とあいまって全てパターンが違っており新鮮です。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bluesnow トップ500レビュアー 投稿日 2013/11/3
形式: 文庫
初めて読んだのは近所のお姉さんにいただいた小学生か中学生の頃。
あれから30年近く。いまだにその本を保持。訳者も中村妙子さんなので、それほど訳は変わっていないはず。
その間誇張なくほんとに100回以上読み直してます。翻訳のみならず原作まで手を伸ばした数少ない作品です。
わたくしがキャラクターものに弱いのもあるのでしょうが、なんといってもミス・マープルの魅力が抜群です。
田舎ぐらしの独身で一見害なさそうで品のよいお年寄りが、これだけの洞察力、時にぴりっとした皮肉も効かせ、でもそれが浮かない人柄の魅力。
もちろんミステリーの女王なので、正当派のミステリだと思いますし、脇を固める人物たちや、背景に描かれているイギリスの姿も魅力的。
英文学を専攻していた知り合いが、アガサクリスティーが人気があるのは英語が平易というのもあるのよ、といってました。
有名な話はほかにもあるのですが、難しい言葉でなくこれだけの心理描写やトリックを書いてしまう、アガサクリスティーの魅力を一番感じられるシリーズではないかと思います。
キャラクターものでないアガサも好きだけど、アガサクリスティーといったらやっぱりこれを最初に勧めたくなる。
私にとってのイギリスはアガサだ、とまで言いたくなってしまう作品集。
星5つではとても足りない作品です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
マープル物13編を収録。ミス・マープルに興味を抱いた方であれば、他のどんな作品よりもまず最初に手に取ることをお勧めします。何しろ、本書に収録されている「火曜クラブ」は彼女の初登場作品であり、それに続く12編を通して、ミス・マープルのキャラクター性、推理のスタイル、さらにはシリーズに繰り返し登場するバイプレイヤーたちまでもが確立されていったのですから。まさにミス・マープルを知る第一歩であり、外すことのできない一冊といえます。

さらに、本書はマープルシリーズに留まらず、クリスティの全作品中でも上位の、短編集に限れば間違いなくベスト3に入る完成度を誇ります。ミステリとしての面白さと語り口の妙を、これほど高次元で融合している作品はクリスティの中でも少ないでしょう。

もちろん、本書収録の作品は1927~1931年、つまり昭和2~6年に書かれているので、医学・薬学的な記述や、警察の捜査方法、あるいは当時の英国で一大ブームを起こしていた心霊主義の影響など、今から見れば、古いと感じる部分もあります。しかし、ポーの諸作やホームズ譚が古いからといって無価値ではないように、ミステリにおけるクラシックとして、今なおその価値と魅力は燦然と輝きを放っています。しかも、抜群の読みやすさ。邦訳の上手さも手伝って、中学生レベルの国語力があれば十分楽しめます。もともとクリス
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック