¥ 994
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
火山で読み解く古事記の謎 (文春新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

火山で読み解く古事記の謎 (文春新書) 単行本 – 2017/3/17

5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 994
¥ 994 ¥ 944

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 火山で読み解く古事記の謎 (文春新書)
  • +
  • 人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか (ブルーバックス)
  • +
  • 植物はなぜ薬を作るのか (文春新書)
総額: ¥2,938
ポイントの合計: 91pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

7300年前、日本列島を襲った巨大カルデラ噴火を
縄文人が記憶していたのだとしたら――
地質学データ、文献、足で集めた情報をもとに
古事記神話の謎に挑戦する意欲作!
日本列島の原風景、日本人の意識の「古層」を探る旅。

第一章 アマテラスと縄文時代の巨大噴火
第二章 出雲――八雲立つ火山の王国
第三章 縄文時代に出現した天孫降臨の山
第四章 女神イザナミ――黄泉の国は火山の国か
第五章 熊野――謎の巨大カルデラの記憶
第六章 大地を鎮める王――永遠に遍歴するヤマトタケル
終章 日本列島における火山の記憶

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ、古事記神話は日向(九州南部)と出雲(島根県)を主な舞台としているのか。もし、7300年前の巨大噴火を縄文人が記憶していたのだとしたら―。地質学データ、足で集めた情報をもとに古事記神話の謎ときに挑戦する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 252ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2017/3/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166611224
  • ISBN-13: 978-4166611225
  • 発売日: 2017/3/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,752位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
火山で解釈すれば、いろんな疑問が融けます
特に、天に岩戸神話の鬼界カルデラ大噴火説、ヤマタノオロチ溶岩流説、寺田寅彦を含め先人の慧眼に驚いています
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
とても、興味深い内容で
あっと言う間に、読んでしまいました。
面白いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
問題提起としては面白い。

気になるのは、ここでいう火山の噴火が
7300年前の縄文時代に起こった、
鬼界カルデラ噴火であること。

東日本大震災が起きた後で、貞観地震(869)の
再来と言われたけど、その時の被害について、
万人が知る程伝えられてきた訳ではない。

1150年前のことですらこの程度なのに、
7300年前のことをそこまで伝承されるのか?
というのが素朴な疑問である

火山を想起させるような記述があるのは確か
だが、対象となる火山が違うのではという
感想を持ちました
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
古事記の神話を火山に関連付けて読み解く説は私は聞いたことがなかったのだが、面白い試みだなと思い、本書を読んでみることにした。『はじめに』によると、こうした試みは、さまざまな分野の人たちが早くは戦前から発表しているのだそうだ。ただし、その顔ぶれの中には専門家の名前はなく、筆者自身が「火山と神話を結びつける言説は、古事記の専門家による注釈書や解説書ではほとんど関心を払われていません。トンデモ学説とみなされているのかどうかはわかりませんが、異端的な古事記解釈として黙殺されてきました」と述べている。そういう前提のある説であっても気にならず、興味を持てるという方は、本書を読んでみる価値はあるというのが、本書を読み終わった後の私の率直な感想だった。 

特に、アマテラスの「岩戸隠れ」神話において有力とされている日食説と冬至説のうちの日食説について、わずか数分間で終わってしまう日食には当該神話に記されているような祭祀を行えるような時間などなく大騒ぎする問題であるとも思えないとし、また冬至説についても、太陽を永遠に隠してしまうほどの恐るべき力が日本の冬にあるとは思えない(しかも、冬至は毎年同じ時期に必ずやってくる)としているのは、言われてみればたしかにそのとおりだと思う。それに対し、日本全土がほぼ火山灰に覆われ、長期にわたり太陽光が失われたという縄文
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ウシン・ソージスト トップ500レビュアー 投稿日 2017/3/20
形式: 単行本 Amazonで購入
これまで幾つかの古事記関連本を読み、其々独自の解釈には
刺激を受けて来ました。
しかしながら、以下の疑問点は解消されずに残っていました。

それは例えば、スサノオの狼藉であり、糞が多出することで
あり、出雲や諏訪の正体であり、何故日向に降臨したのかで
あり、ヤマトタケルとは何であるか等々、といったことにな
ります。

鬼界カルデラ噴火と古事記を結び付けるという大胆な発想に
惹かれて読んでみた本書は、上記の疑問点を払拭してくれた、
紛うことなき傑作でした。

火山と神話と古事記を巡る数多くの書物を引用したうえで、
著者は見事に自らの論考として、纏め上げて行きます。

それは、これまでの古事記=稲作=弥生といった観念を突き
崩し、縄文=火山周辺文化=火山鎮撫=古事記という、実に
新鮮な立論を示しています。
これにより、上記の疑問点が劇的に氷解する様には、全くも
って納得させられました。

この視点により、アマテラスと古事記が蘇り、天皇による鎮
めの源流が鬼界カルデラ噴火の衝撃にまで辿られることにな
ります。

『宇宙に「終わり」はあるのか』(ブルーバックス)も含め、
今年は早々に、新書年間ベストワン級が出現しています。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告