中古品:
¥ 4,006
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: アマゾン配送センターから無休で発送されますので、迅速、かつ安心です。当商品は、アマゾン評価基準の「良い」に該当する商品です。ディスクに傷があるものの、傷が小さい商品です。中古品ですので、多少のスレ、折れ、傷、焼けがある場合がございます。その際はご容赦ください。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。貼付ラベルは剥がせるタイプを使用。万が一、映像の乱れ、音飛び、著しい傷み等があった場合は返品・返金を致します。◆当店の商品はすべてアマゾンの倉庫に預けており、手元にございませんので、商品に対する詳細な返答はできかねる場合がございます。ご了承くださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

火宅の人 [DVD]

5つ星のうち 4.3 13件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 15,880より 中古品の出品:9¥ 3,650より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 緒形拳, いしだあゆみ, 原田美枝子, 松坂慶子
  • 監督: 深作欣二
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東映ビデオ
  • 発売日 2003/06/21
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 13件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000095YHG
  • EAN: 4988101104239
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 71,310位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   作家・桂一雄(緒形拳)は、最初の妻に死なれ、後妻・ヨリ子(いしだあゆみ)と再婚。ヨリ子は一郎(利根川龍二)、次郎、弥太、フミ子、サト子と5人の子どもを育ててきた。昭和31年夏、一雄は、同じ九州出身の新劇女優・矢島恵子(原田美枝子)と事をおこしてしまう。それより前、次郎が日本脳炎にかかって言葉も手足も麻痺してしまい、ヨリ子は怪しげな宗教にすがるようになり、あげくの果ては家を出ていってしまう。  小説家・壇一雄の小説を深作欣二監督が映画化。実際に壇一雄の娘である壇ふみが、一雄の母親役で特別出演している。煩悩に支配され、放浪を繰り返すだらしない男の一代記、という見方も出来るが、男の立場から見ると、そんな男の本能を刺激してやまない魅力的な女性たちの逞しい生き様を描いた作品ともとれる。男女の命がけのせめぎ合いを、時にアクション映画のタッチさえ取り入れながら描いた、深作欣二の骨太な演出が光る文芸エンタテインメント大作。(斉藤守彦)

内容(「Oricon」データベースより)

壇一雄の自伝的ベストセラー小説を映画化。気の向くままに旅をし、女を愛し転々流浪する男の浪漫を深作欣二監督が描く。出演に緒方券、いしだあゆみ、原田美枝子ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
原作は著名な檀一雄の「火宅の人」。家庭を持ちながらも、様々な女性との情事。流浪のように流れ流れ流れる旅。しかし、原作のトーンとも通低するのが、暗く、憂鬱にならず、あっけらかんと明るいところが本作の特徴。普通これだけ問題があれば、家庭なんてめちゃめちゃなんだけど、すべての人間の真剣な切なさを持ちつつも、前向きに生きる明るさはとても良い。脚本・演技・演出の完成度も高く、かなり面白い。主演の緒形拳は放蕩しつつも憎めない「壇一雄」をはつらつと演じていてとても好感。監督は、あの「深作欣二byバトルロワイヤル」さんです。邦画って捨てたものじゃないです。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画映画館で見たのですが、いまDVDで観てみると当時と感想がまったく異なっております。まあ人生経験の度合いで見方が変わるのでしょう。
3人の女性はそれぞれに純粋な気持ちを持っているのですが,主人公がどうも気持ちが定まらない。その3人の女性をいしだあゆみさん(妻)原田美枝子さん(愛人)松坂慶子さん(旅の道連れ)ときれいな映像で撮りきっております。妻は愛人がいることで見切りをつけるのですが,子供のために家庭は維持します。この妻の心情を表情でも見事にいしださんが演じきってますね(私はこの俳優が好きなせいか一番女性らしいと思いました)しかし、映画は二人の女とのシーンで2つのピークをつけます。ダブルトップというやつですね。まずは愛人の原田さんとの瀧のシーン。映画的にかなり良いシーンでしょう。俳優も景色も音楽も照明明も全て完璧。この映画の原田さんは本当に美しいです。「青春の殺人者」の時よりも良くなっているような気がします。きれいに成長したという感じで前半の山を作ります。後半の山は松坂さんと五島列島と九州の旅。それまで沈滞していた家庭と愛人の間から開放された自由な空気を画面いっぱいに松坂さんの元気の良い演技で充満させます。今思うと他の二人がいい演技しているので特別良いと言う感じではないのですが、自分自身の気持ちとして別れて行く心がきれい。「こんな楽しいこと一生続くわけないでしょう」
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
愚かしくも、心の欲するままに生きる主人公を絶妙なストーリーテリングで魅せる本作。その作品の良さは他の方も書かれている通り。是非未見の方は、観て頂きたい。個人的な想い出を書かせていただくが、映画好きがこうじて、映画館でアルバイトした私の最初の一般映画が本作。『重くて困った』から嵯峨美子の主題歌で、お帰りの扉を何回開けた事か。休憩時間で館内に入って何度も鑑賞しました。あれから30年弱、人生の良し悪しを多少なりとも経験し、別れた子供を思い、日々の仕事を埋没し、漂うように生きる私には未だに到達出来ない憧れのような映画です。当時、好評なのと、次番組の草刈正雄主演の『白い野望』が弱かったからか、いきなり二本立てになって、バイトの私達を驚かせました。駄目なら簡単に上映回数を減らすシネコン全盛の今では、考えられませんよね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
特筆すべきポイントは2点
・壇一雄の「火宅の人」を映画化したこの作品に壇ふみさんがでてます
・原田美枝子さんが期待以上にいいです。キレイです。あんなにもきれいで豊満で形のいいバストだったなんて、と感嘆してしまいました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
深作欣二作品の、人間の業すら吹き飛ばす色鮮やかなドンガラガッシャン感が、主人公桂=檀一雄の衝動パワー炸裂の暴走人生にぴったりマッチした強力な作品。
世間体を気にするような普通の人の感覚からすればダメ男なんだけど、衝動に任せて行動し、本気で泣いて笑って怒って青ざめて、それをあけっぴろげに小説にして、綱渡りながらも妻子も愛人も養えるくらい稼ぐところは、ある意味甲斐性のあるどてらい男なんじゃないの?生きる力ありすぎ。

主人公の役は、通常の精神状態では演じ続けることが非常に辛いと思われるが、緒形拳がさまざまな修羅場をやけくそパワーで演じ、しかも起伏する感情を丁寧に表現していてすごい。締切デッドラインにいながらも妊娠を告げた愛人が家を飛び出すと、焦る編集者をいなしながらも「桂子さーん!!」と叫び続けるところがもうめちゃくちゃで最高。一方で子供に食事をさせるシーンの暖かい父親ぶりも印象的。桂はマルチタスクすぎる。

また主人公を取り巻く女たちも、むちゃくちゃな桂を愛してしまう女たちも世間体から超越していて魅力的。
いしだあゆみ…不幸すぎる正妻役だが、夫を愛しており絶対に別れない、女の業という妖怪的なものを表現しすぎ。嵐の夜のドタバタな状況に突然冴え冴えとした顔で家出から帰ってくるシーンは爆笑!自転車に乗ってるラストシーンはカワイイ。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
トピックをすべて見る...

関連商品を探す


フィードバック