通常配送無料 詳細
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
火宅の人 (下) (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

火宅の人 (下) (新潮文庫) 文庫 – 1981/7/28

5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 723
¥ 723 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 火宅の人 (下) (新潮文庫)
  • +
  • 火宅の人 (上巻) (新潮文庫)
  • +
  • 檀 (新潮文庫)
総額: ¥2,009
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 476ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1981/7/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101064040
  • ISBN-13: 978-4101064048
  • 発売日: 1981/7/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 80,613位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
有名な作家の有名な作品ですが、私は初めて読みました。

複数の女性と乱れた交際をしますが、性描写がないのでくどくありません。

奥さんのことを大事にしてないのかと思いきや、意外と好きらしくて子どもがたくさんできます。

寝たきりの障害者の息子が死ぬと、そのショックでかなぜかラブホテルで暮らし始めます。

でもそのラブホテルはゴキブリだらけで驚きです。

ユーモアと人情味あふれる物語で、太宰や坂口のような死にたくなるような暗い作品ではありませんでした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 paruparu 投稿日 2012/6/16
形式: 文庫 Amazonで購入
「壇一雄の自叙伝」的な小説後半です。

20年の歳月を掛けて、死の3ヶ月前に書き上げたそうです。
この下巻は、文章からも「時間がない!」と、いうような焦り(?!)が
感じられるように思います。

内容としては。。。

「小説」として「物語」を「お話」を楽しもうとするのなら
残念ながら★は1つになってしまうと思います。

それぞれのエピソードは面白いのに、ところどころで
「あれ?!この続きは???」と、思う様な
もやもやする事が多いです。

ただ「壇一雄氏の半生(反省?!)記」として
読むのなら、檀氏が何をこの世に残しておきたかったのか。
と、いうことを感じられるし檀氏がどの様な方であったのか
知る事ができ、壇氏をとても身近に感じてあたかも
「知人の近況報告を手紙で読んでいる様」に感じました。

そして、下巻は上巻の雰囲気とは変わっていて
下巻は自分を取り囲む方(特に女性達へ)への
旅立ちのメッセージ(遺書?反省文?)というように
感じました。

お料理がとても得意でお好きな方だし、色々な所を旅していた方なので
その部
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 KJZ 投稿日 2016/1/14
形式: 文庫 Amazonで購入
ただ同然の本であったが、書店の管理が行き届いており何ら問題はない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
20年間にわたって書き続けた壮大なる自分史です。私は檀一雄氏については檀ふみさんの父親という印象しかなかったのですが、本書を読んで当時、いかに檀一雄氏が人気作家であったかが良く分かります。そして本人が人気作家である事を利用して思うが儘、我儘に生きてきた事の証と反省と誇りが集大成されたのが本書です。これは人気作家であったからこそ出来る生き方なのでしょうが、サラリーマンの私にとっては非常に羨ましい生き方に感じます。人間が飲食や性、そして生きる事に対して素直に生きたらきっと著者のような生活になるのだと思います。太宰治と比較してこのような生き方の出来た著者は非常に幸せな人に感じます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告