通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
火宅の人 (上巻) (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

火宅の人 (上巻) (新潮文庫) 文庫 – 1981/7/28

5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 1981/7/28
"もう一度試してください。"
¥ 724
¥ 724 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 火宅の人 (上巻) (新潮文庫)
  • +
  • 火宅の人 (下) (新潮文庫)
  • +
  • 檀 (新潮文庫)
総額: ¥2,010
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 文庫: 478ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1981/7/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101064032
  • ISBN-13: 978-4101064031
  • 発売日: 1981/7/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 59,256位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 hanaohanao 投稿日 2009/2/5
 戦前・戦中を生き残り、戦後は無頼派として家族を持ち、新劇女優入江杏子を愛人とし、世界各地を放浪し、自ら素材を求めて貪欲に食を求め、最後は九州の孤島で死を迎えた作家の遺作である。
 ある書棚に檀ふみのエッセーと、檀一雄の何冊かの著作が一緒にならべられていた。手にとってみて、自分の人生を私小説として残した父親と、いま・ここでの生活を軽やかに書く才気に溢れた娘の対照的な姿が印象に残った。
 長らく、檀は周囲に許された幸せな人だと思っていた。だが、後に沢木耕太郎の『檀』を読んで印象が変わった。私小説をめぐる当事者の複雑な想いを垣間見たからだと思う。入江さんも檀との5年間の日々を書き残している。この作品を起点に、いくつかの人生が交錯している。

PS.やっぱり檀一雄はカッコいいっす。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
破滅型と、また無頼派と称される作家檀一雄さん。「火宅の人」は、その一面ではあるかもしれないですが、こんなにまで浪漫を追い求めた人。生あるものの側に立った人。戦前の同人誌に発表された「花筐」・「佐久の夕映え」・捕鯨船で南氷洋の捕鯨船に乗り込んだ折りの「ペンギン記」や・戦後直後の「リツ子・その愛」「リツ子・その死」などもぜひ読んで下さい。「火宅の人」読後に当事者である夫人(「檀」沢木 耕太郎著)や恵子さんの手記(檀一雄の光と影―「恵子」からの発信)に関心が集まるのは、私には悲しいことです。「火宅の人」は。確かに私小説家の最後の作品ですが・・・。前妻の闘病と檀さんの必死の献身的な看護、長男太郎さんとの父子の会話など私は何より思い入れがある名作「リツ子・その愛」「リツ子・その死」が、いまだに文庫本でさえ絶版です。USEDでは手に入りますし、檀さんをより深く知りたい方にお勧めします!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
豪快すぎる男だ。旅情、風来、健康すぎる、体力がありすぎるそんな男の人生である。

給料が少ないとか、ちょっと風邪を引いたとか、あの人は、子供がたくさんいていいなとか、そんな些細なことは、人間の生滅に比べると、大したことない。人間の生滅も、人々の歴史に比べたら、短いものだ。ああそれが人生か。人の一生は、大宇宙の時間に比べると、一瞬である。それならば、いっそ、自由に、勝手気ままに、放埒に生きてみよう、そんな気にさせてくれる小説だ。

こういう生き方もカッコいいな。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
夜更けに、街中の建物から屋根をはぎとり空からのぞきこめば、壁にかこまれた四角い空間に、独りぼっちで酒を飲んでいる人間が無数に見つかることだろう。 そんな自分の姿をまじまじとながめたいと思う人はいないだろうし、そんな境遇を楽しんでいる人もあまりいないように思う。しかし、この作品の主人公は、そんな夜を数えきれないほど重ねたすえ、ついに孤独の喜びを自覚するに至るのだ。その道程を描いたのが、『火宅の人』である。
かなり自分勝手な生き方に見えるが、一方では、ある種の素質がなければこんな生き方はできないとも思う。まず、生得の放浪癖がある。しかし、たまらなく人恋しい性格で、つねに自分の周りに子供や動物を散らしておきたい。一方で、人並みはずれて感じやすく傷つきやすい性質なので、老病死などの暗い現実に向き合うのは苦手である。現実に向きあうことを避けているうちに、いつの間にか独りぼっちになっている。主人公に同情することもできるが、これは小説。まずは自由自在を楽しむことにする。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
『リツ子・その愛-その死』と並ぶ檀一雄の傑作私小説である。障害のある子供すらいるのに、女優の愛人と遊び暮らす男、それが檀一雄である。ダメ男のはずなのに、そこに不思議な爽快感が漂い続ける。それは檀一雄という男の魅力なのだろうか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック