数量:1
火天の城 [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【通常送料無料】✩国内正規品✩ ●はがき、チラシ、説明書付き。 多少の使用感はありますが、鑑賞に支障ありません。 水気防止のビニールで覆い、保護の上でアマゾン倉庫より迅速に発送致します。 ●365日24時間発送。お急ぎ便も利用可能です。アマゾン専用在庫のため、在庫切れはありません。 ●お支払いは、代金引換・コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払いが利用できます。 ●検品には万全を尽くしていますが、万が一何らかの不備がございましたら  返品、返金等の対応させていただきますので安心してお買い求めください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,660
通常配送無料 詳細
発売元: M&K
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

火天の城 [DVD]

5つ星のうち 2.8 32件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 815 (20%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 3,175より 中古品の出品:10¥ 1,300より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 火天の城 [DVD]
  • +
  • のぼうの城 通常版 [DVD]
  • +
  • 超高速! 参勤交代 [DVD]
総額: ¥7,969
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 西田敏行, 福田沙紀, 椎名桔平, 大竹しのぶ
  • 監督: 田中光敏
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日 2010/02/21
  • 時間: 140 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 32件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002WJZYZ8
  • EAN: 4988101148660
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,000位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

【キャッチ】
信長の夢に賭けた男、支えたのは家族の愛。
戦国武将・織田信長の厳命のもと、
総工費1000億円をかけて造られた
空前絶後の城郭要塞・安土城。
それは、築城に命を賭けた名工・岡部又右衛門と、
名もなき百万の民の“誇り”となった。

【解説】
信長に命を受け、空前絶後の巨大建築〈安土城〉築城に挑む熱田の宮大工・岡部又右衛門。知られざる戦国時代の名工にスポットを当て、安土城築城の裏にある無名の男たち、女たちの壮大なドラマを描いた山本兼一著「火天の城」(文藝春秋刊)。第11回松本清張賞を受賞した同名歴史小説が完全映画化! 現在の価格にして、およそ1000億円もの巨費が投じられたという安土城とは、いったいいかなる形で戦国の世にそびえ立ったのか。戦国時代の「プロジェクトX」とも言える、かつてない時代劇がついに誕生!

【ストーリー】
時に1575年(天正3年)、長篠の戦いで甲斐の武田勢を破った織田信長(椎名桔平)は、翌1576年(天正4年)、その天下統一事業を象徴するかのごとき巨城を、琵琶湖を臨む安土の地に建築することを決意した。設計及び現場の総棟梁として信長が見込んだ男こそ、今川義元との戦以来、十数年に渡って才気を評価してきた熱田の宮大工・岡部又右衛門(西田敏行)であった。
信長から直々の指名を受け、後に行われた指図(図面)争いにおいても、金閣寺を建立した京の池上家、奈良の大仏殿建造を担った中井一門に勝ち抜いた又右衛門は、妻・田鶴(大竹しのぶ)や娘・凛(福田沙紀)、門下の大工たちの支えを得ながら、徐々に築城を進めていく。しかし、空前絶後の巨大建築の完成には、多くの困難が待ち受けていた…。
時には危険を顧みず敵地に乗り込み、理想の木材を探す又右衛門。一方、国元では新たな戦乱の暗雲が立ちこめ、又右衛門の帰還を待つ大工たちを苦難に巻き込み、さらに妻の田鶴にも病魔が迫っていた。やがて勃発する悲劇的な争い、仲間の死。又右衛門は目指す檜を得ることができるのか。信長の野心を現実のものにすることができるのだろうか……。

【キャスト】
西田敏行/福田沙紀/椎名桔平/大竹しのぶ

【スタッフ】
原作:山本兼一「火天の城」(文藝春秋)
脚本:横田与志
監督:田中光敏
製作総指揮:河端進
ゼネラルプロデューサー:河端勲
プロデューサー:進藤淳一/藤田重樹
VFX:白組
主題歌:中孝介「空が空」(EPICレコードジャパン)
題字:武田双雲

【公開日】2009年9月公開

【スペック】
●映像特典(予定)
◆特報
◆予告
◆TVスポット
●ピクチャーレーベル

DSTD03201/3,800円(税込3,990円)/COLOR/140分(予定)/片面2層/1.主音声:ドルビー5.1ch/日本語字幕/16:9LB

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

直木賞作家・山本兼一の歴史小説を西田敏行主演で映画化。甲斐の武田勢を破った織田信長は翌1576年、その天下統一事業を象徴するかのごとき巨城を、琵琶湖を臨む安土の地に建築することを決意。信長に見込まれた宮大工・岡部又右衛門が築城に挑む。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

原作の良さを、こうも殺して良いのかと思うほどの駄作

木曾義昌に笹野高史 のような俳優を起用しておきながら、原作に見られた老獪な両面外交など全く無く、しょうもない領主におとしめているのは他意があるとしか思えない。

そう言えば信長も含めて、いずれの武将もバカ殿みたいで、全体に安っぽい階級闘争みたいなものさえ感じられる。何より原作に見られた父と子の関係がなく、無理に福田沙紀 なんかを登場させる意図も不明。

原作が良かっただけに、ショックでした。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
姫路出身の姫路城大好きな私だから、過度の期待をしていたからかもしれないけど、ちょっと期待外れだった。

原作の小説は面白いのかもしれないけど、なんだかストーリーがあっちこっち行って、それ必要???と思うことが2−3あった。

だから、じーんと来るべきところもなんか締まらないし、それなくてもええやんと見ながらつっこんでしまう。

浅い複線はるより、もっと築城という観点を強調してほしかった。

☆面白かった点
-築城という観点で映画を作ったところ。

☆残念だった点
-チラホラ出てくる芸人の演技が軽すぎる。だけど、ネームバリュー上、どうしても目立つからその部分が際立つ。
なのに、その部分はストーリー上、あまり関係なかったりする。で、それ必要???と思っちゃう。
-上と似てるけど、演技のうまい人とへたな人の差が激しすぎて、バランスが変。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 shin 投稿日 2010/8/8
原作を読んでから観たところ、原作の良いところを完全に潰しています。
城作りを通しての父と息子の相克、そして一皮剥けた息子に対する
父のよろこびなどが、息子が娘になったため全くなくなってます。

また、岡部又左右衛門も過小評価されすぎです。

原作は非常に面白い小説なのですが、その面白さを1/10も伝え切れていません。
戦争に対する考え方など非常に左の臭いが強く、原作にないエピソードを
無理矢理作って、面白さを無理矢理削いでいます。
この監督に問題があるように思います。

レンタルで観る価値もない映画になっています。
ただ、原作は非常に重い白いのですよ。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
最近の洋画は、中世、神話の時代を題材に、結構面白いダーク・ファンタジーな映画を供給している。
戦国時代という興味深い題材を活かして行けば、邦画はそれらに対抗出来る面白い映画を
もっと供給出来ると信じている。(例えば『もののけ姫』アニメではあるが...)
数年前に本作の原作を読了し、安土城後を訪問したこともある私としては、このDVDを
非常に楽しみにして見た。
結果は、他のレビュアーの方のコメントに明白に述べられているように、

・本筋である築城話が弱い、薄い。弟子たちの演技が、あまりに空々しい、よって盛り上がらない。
 (山本太郎が一人浮いているし、寺島進はSWATの小隊長にしかみえない。)
秀吉役の河本はダメだろう.. 築城奉行の丹羽にしても、建築と石材料の両棟梁に、そんなに
 簡単に刀を抜いては信長に叱られるだろう。

・挿話が伏線もへったくれもなく、突然始まって、突然終わる。本筋以上に薄い。
 テロ集団のくだり(これを経て、皆がまとまる、という重要な話なんだが..)
なんかは、伏線を張って、何時来るのかと見る側をジリジリさせないと、いきなり始められても
 単なる通過イベントとしてしか見る側は捕らえられない。
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ちょうどこの前見たのですが、結論から言うとタイトル通り「良くはないけど悪くもない」映画でした。他人に勧めるかと聞かれたらおそらく勧めませんし、また見るかと言われたらまず間違いなく見ません。DVDを買うかと聞かれたら買わないでしょう。ただ、2時間損した!俺の2時間を返せ!と言うような駄作でもありませんでした。あえて言うのであれば総合的には凡作と言うところです。以下ネタバレが多いのでご注意あれ。

既に指摘されているように西田敏行は岡部又右衛門と言う建築一辺倒の不器用な棟梁(宮大工)の役を多少大仰ながらもうまくこなしていますし、妻(鶴)役の大竹しのぶの演技も見事です。鶴が亡くなるシーンは結構ジーンときました、が、これも指摘されているのですが何かと「唐突」な場面が目立つ映画でそれがどうにも気になりました。

まず第一に凛(福田沙紀)と市造(石田卓也)の唐突に始まって唐突に終わり、唐突に再開されるラブストーリー。演技の質もやや微妙なんですがそれ以前にこの流れ自体が完全に蛇足だったような気がしてなりません。特に最初に市造がストーリーから『退場』した時に明確に「死んだ」とは誰も言っておらず、その描写もなかったため「これはひょっとしたら後半に復帰するんじゃ・・・」と言う悪い予感はしていたんですがこの予想は見事に的中しました。しかも何の説明もなくいきなり復帰
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック