中古品の出品:4¥ 1,979より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

火垂(ほた)るの墓 [DVD]

5つ星のうち 4.5 223件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:4¥ 1,979より

この商品には新しいモデルがあります:

火垂るの墓 [DVD]
(223)
再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 辰巳努, 白石綾乃
  • 監督: 高畑勲
  • 形式: Color, Dolby, Letterboxed, Limited Edition
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2006/07/14
  • 時間: 88 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 223件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000FQW0WA
  • JAN: 4988135574923
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 83,094位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

昭和20年、夏。ぼくと妹は、ふたりぼっちになった。

太平洋戦争末期。神戸に暮らす清太と節子の兄妹は、空襲で親も家も失ってしまう。親戚の家に身をよせたものの、邪魔者扱いされた二人は、大人の力を借りずに防空壕で暮らすことを決めた。夢見たのは、自由気ままな二人だけの暮らし。しかし幼い兄妹を待っていたものは、想像以上に厳しくつらい日々の始まりだった…。
映像特典…オリジナル劇場予告編

Amazonレビュー

   父は出征で消息が知れず、空襲で母と家を亡くした兄妹が、親戚の家に引き取られるも邪魔者扱いされ、やがて防空壕に移り住み、ふたりきりで生きようとするのだが…。原作者・野坂昭如に「アニメ恐るべし」と言わしめた、高畑勲監督の傑作反戦アニメ。

   ホタルの光と人の命を重ね合わせた趣向もうまいが、ドロップ飴の缶といったアイテムの使い方も憎いくらいにすばらしい。しかし、そのあまりのリアルで冷徹な描写の数々に、もはや涙を越えて拒否反応すら示す観客も続出。なにせ初公開時の同時上映が『となりのトトロ』だっただけに、どちらを先に観るかで個々の評価が大いに異なってしまうほどだった。いわゆる声優を用いない高畑映画独自のキャスティングも、この作品あたりから定着していくことになる。(的田也寸志)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
この映画は、私にとってもほんとにトラウマになるほど強く強く心に残っている作品です。
タイトルを聞いただけで、たくさんのシーンが瞬時に心に浮かんで胸が痛みます。
最近、ふと 「この作品を昭和の戦時中の日本を知らない海外の人が見たらどう思うんだろう?」 と思い、
海外の映画レビューサイトをのぞいてみました。
そこには、あらゆる国籍の、あらゆる年代の人たちが、それぞれに
自分がどんなふうにこの作品に出会って、どう感じたか、一生懸命に熱く語っていてとても驚かされました。

見終わったばかりで、「今、泣きながらこのレビューを書いています」 という人。
「2階で寝ている3才の娘のところへ駆け寄って思いきり抱きしめました」 という人。
友達にジブリの作品だよ、とプレゼントされて「わーい!」と思って観たら、「あまりのショックで1週間ずっと立ち直れないでいます」 という人。
ある日いつもより早く目が覚めてテレビをつけたら偶然やっていて 「何の予備知識もなく見てとても大きな衝撃を受けた」 という小学生の男の子。
「両親にも見せなければ」 と強い気持ちに駆られて、その後家族全員で見たという高校生の男の子。

主にアメリカ、そしてイギリスやドイツやアジア、南米、中東、アフリカま
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
想像以上にパワフルでとんでもない映画だった。胸が張り裂けそう。
背景、人物は細部まで丁寧に描かれ、本当に美しい。30年以上前の作品だけどその濃密な画面に驚く。悲しいストーリーと絵や声の美しさが相乗効果で高めあっているんですね。濃ゆい、全てが。
悲劇的なシーンで主人公が泣き叫ぶ訳でなく、淡々としているのが逆にものすごくリアル。貝で作ったしゃもじ、節子の名前の小さな花壇、ボロボロになってく二人、描写される全てが言葉以上に語っている。いっしょうけんめい、生きてたんだね。

節子の動き、声、もうめっちゃくちゃかわいいんです。たまんないわ・・・ 写実的なだけではなく、演出が工夫されていて飽きない。あっという間。節子は終盤はもう全てを悟っていたかのよう。泥団子を差し出すところなんて、節子は母親のかわりになったかのよう。

驚いたのは、ラストで二人は蛍ではなく、現代のビルの明かりを見つめているところ。
戦争時代を忘れたかのような現代、でも二人は止まった時間のまま私達をじっと見てる。じっと見られてるような気がした。私達が背負った運命を、後の時代の人はどう思ってるの?って言われてるような気がした。本当に美しいラストシーンだと思いました。
弱いものが守られない、ジワジワと世の中に余裕が無くなっていく、これが戦争の姿なんです
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
自身は今まで3回ほど観たのですが、毎回テレビ放映を録画してあっても切なくて観ることができません。

でも、息子が小学生になったら毎年8月15日に一緒に観ようと購入しました。

難しく映画の本質などと考えず、ただただ「戦争には良いことが一つもない」と感じてほしいです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
この作品、二度と見たくない映画だとか、重いだとか、悲しすぎるだとか、見た人の心にグサーっと残る作品であることは間違いないようです。
今回初めて最初から最後までじっくり見ました。
セイタとセツコのかわいらしさといったら忘れられないような気がしています。
戦争で親を亡くした幼い兄と妹に明るい未来などなく、悲しい結末を迎えなければならないお話なので涙することは避けて通れませんが、
誰かに勧めたくなる作品です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
「となりのトトロ」がメインで、「火垂るの墓」は併映扱いでの上映。
私が劇場に行った時にも、「トトロ」目当ての親子づれがたくさんいました。
私自身も事前にどんな映画かは知ってはいたものの、
想像を遥かに超える内容に涙腺崩壊状態でした(もう大人でしたが)。
さて、隣に座っていた親子づれ(母子)は、夢いっぱいの「トトロ」の後に、
テンションがまったく違う内容に、母親は涙腺崩壊で、子供は泣くこともせずに愕然としてた記憶があります。
当時、あまりに内容が悲惨なのと衝撃的だった為、「トトロ」の話題はできても、
「火垂るの墓」の話題は何を話しても伝わらない感じで、あまり話題に上がらなかった。
でも、しばらくしてテレビ放映されてからは、もう絶賛の嵐でしたね。
ずっと終戦の日のテレビで毎年放映されたように思います。
ソフトも、LD~DVD~Blu-rayと購入しましたが、
ソフトが変わるごとに、画質があがってたように思います。
話が悲惨なうえに、背景は水彩画チックで、表情は昔のアニメ映画「指環物語」のようにリアルな動き、
節子を燃やす火の美しいことで、感情に迫る強さは倍増してます。

でも、今でも思いますが、
どうして「トトロ」との併映上映に
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す