中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆全体的に使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

灘中 奇跡の国語教室 - 橋本武の超スロー・リーディング (中公新書ラクレ) 新書 – 2011/8/10

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

遠藤周作、東大総長、最高裁事務総長、数多くの医師らを育て、灘校の「東大合格率日本一」に貢献した究極の授業とは?

出版社からのコメント

伝説の教師・橋本武の授業と『銀の匙研究ノート』の内容を再現。 灘中・灘高で6年間の教えを受けた現役神奈川県知事の『恩師の条件』を新書化。 巻末に橋本武氏の「特別授業」、『灘校 なぜ「日本一」であり続け るのか』筆者橘木俊詔氏による「解説」を掲載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 222ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2011/8/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121503945
  • ISBN-13: 978-4121503947
  • 発売日: 2011/8/10
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 351,175位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 在星猫 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/9/17
形式: 新書 Amazonで購入
著者の黒岩祐治は元フジテレビのキャスターで現神奈川県知事です。そしてこの本の舞台である灘中・高の卒業生でもある。
本書は著者が2005年に刊行した「恩師の条件」という本が昨今の橋本ブームで古本価格も高騰しているというので若干の手を加えて新書として発行したものである。ちなみに本書自身も既に品薄で価格が高騰している。手に入るまでは図書館で読みましょう。
東大合格者数全国一になったということで名前が売れた同校だが皮肉なことに著者は灘中に入るのに浪人し東大にも二浪して早稲田へ入学したという意味では、灘中・高における本流ではない。それでも橋本先生の授業の進め方にはぞっこんであり、誇りをもって世間に紹介をしている。
読んで分ることは知識や受験法に流れるのでは無く真の意味の教養を身に着けさせようという6年間の教師の努力が東大合格者数日本一という花になって咲いているということであろう。
こういう先生は今となっては学校よりは塾にいるのが昨今のようである。しかし高橋先生が言われるようにそこまでやったら割に合わないから趣味と思ってやるという境地に達する人がこれからもいるかどうか甚だ疑問ではあります。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本に書かれている橋本先生の姿勢は、
国語教育、という観点からもなるほど!と敬服する点が多かったが、
同じ職業柄、自分自身にとっては、教師という仕事をもう一度考え直す
いい契機になった。
教師という仕事は、その科目の知識を生徒に教え伝えるだけではなく、
時として、生徒の人生をも変えるほどの影響力を持っていることを
改めて自覚した。
もちろん、生徒や親御さんに甘いことばかりも言ってはいられない。
本当に相手のためになると判断したら厳しいことを言う必要もあると思う。
でも、真摯な気持ちで向き合えば、橋本先生のように生徒たちを
より豊かな方向へと導けると思う。その初心を忘れず心で仕事をしたい。
常に自分を振り返る書として意味のある一冊だった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 「詰め込み教育」の反省から「ゆとり教育」となったが、その後、学力の低下
が憂慮され、まだ日本の教育は「模索状態」といった感じである。
 友人に勧められてこの本を手にしたが、「東大進学校」で有名な灘中に、こん
なにもユニークな発想を持つ国語教師がいることを知り、深く感動を覚えた。
 
 私が、この本から学んだのは、教育の成果が上がるか否かは、決して授業の
「量」の多寡にあるのではない、ということ。別の角度からの発想が大事だと
いうことだ。本の中では、「銀の匙」というたった一冊の本を国語の授業の教
材として、授業中に駄菓子を試食したり、美術の時間と連携を取って凧作りや
凧揚げを実際に行ったり、本に出てきた疑問は、すっきりするまで徹底して解
明していこうとの教育の実践が紹介されている。

 一例を挙げると……。
 中国では「干支」の「干」が幹にあたり、「支」が枝にあたる。日本に渡って
それぞれを「兄」と「弟」に配したという。基礎をしっかりと固めて次に進むという
「道すじ」がしっかりと示される。この次に「木火土金水」を組み合わせて「き
のえ(木の兄)」「きのと(木の弟)」「ひのえ(火の兄)」「ひのと(火の弟)」
という「
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Vic VINE メンバー 投稿日 2011/8/17
形式: 新書
本書は灘中の橋本武先生の授業について書かれた本です。橋本先生の授業は検定教科書を一切使わず、中勘助著銀の匙 (岩波文庫)を3年間精読するというスタイルで行っていました。橋本先生は本文に出てきた文言を一言一言丹念に掘り下げ、百人一首やたこ揚げ、さらには駄菓子の食べ比べまで様々な追体験をすることで色んな事に興味を持ってもらおうと苦心したとのことでした。灘中というと日本最難関の学校として有名で、とかく受験勉強ばかりしているのでは、と思っていました。でも実際には受験とはかけ離れた授業が展開されていることに驚きました。最近では効率ばかりが唱えられる時代ですが、本書を読んでそのような脱線したことも時には必要ではないかと感じました。
教師を志す方はもちろん、教育に関心のある方には読んでもらいたい本です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー