中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

灘中 奇跡の国語教室 - 橋本武の超スロー・リーディング (中公新書ラクレ) 新書 – 2011/8/10

5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

遠藤周作、東大総長、最高裁事務総長、数多くの医師らを育て、灘校の「東大合格率日本一」に貢献した究極の授業とは?

出版社からのコメント

伝説の教師・橋本武の授業と『銀の匙研究ノート』の内容を再現。 灘中・灘高で6年間の教えを受けた現役神奈川県知事の『恩師の条件』を新書化。 巻末に橋本武氏の「特別授業」、『灘校 なぜ「日本一」であり続け るのか』筆者橘木俊詔氏による「解説」を掲載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 222ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2011/8/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121503945
  • ISBN-13: 978-4121503947
  • 発売日: 2011/8/10
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 248,759位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
本書は恩師の条件―あなたは「恩師」と呼ばれる自信がありますか?の値段があまりに高騰してることを受けて、一部加筆修正を加え出版したものらしいです。
橋本先生と言えば、取り立てて目立つような実績をまだ持っていなかった灘中学校・高校においてある年突然複数の東大合格者を出し、その後合格者数日本一という偉業を成し遂げた立役者の1人として非常に有名です。
本書の1行1行を読むたびに、「子の曰く、これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。(孔子
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 在星猫 VINE メンバー 投稿日 2011/9/17
形式: 新書 Amazonで購入
著者の黒岩祐治は元フジテレビのキャスターで現神奈川県知事です。そしてこの本の舞台である灘中・高の卒業生でもある。
本書は著者が2005年に刊行した「恩師の条件」という本が昨今の橋本ブームで古本価格も高騰しているというので若干の手を加えて新書として発行したものである。ちなみに本書自身も既に品薄で価格が高騰している。手に入るまでは図書館で読みましょう。
東大合格者数全国一になったということで名前が売れた同校だが皮肉なことに著者は灘中に入るのに浪人し東大にも二浪して早稲田へ入学したという意味では、灘中・高における本流ではない。それでも橋本先生の授業の進め方にはぞっこんであり、誇りをもって世間に紹介をしている。
読んで分ることは知識や受験法に流れるのでは無く真の意味の教養を身に着けさせようという6年間の教師の努力が東大合格者数日本一という花になって咲いているということであろう。
こういう先生は今となっては学校よりは塾にいるのが昨今のようである。しかし高橋先生が言われるようにそこまでやったら割に合わないから趣味と思ってやるという境地に達する人がこれからもいるかどうか甚だ疑問ではあります。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 「詰め込み教育」の反省から「ゆとり教育」となったが、その後、学力の低下
が憂慮され、まだ日本の教育は「模索状態」といった感じである。
 友人に勧められてこの本を手にしたが、「東大進学校」で有名な灘中に、こん
なにもユニークな発想を持つ国語教師がいることを知り、深く感動を覚えた。
 
 私が、この本から学んだのは、教育の成果が上がるか否かは、決して授業の
「量」の多寡にあるのではない、ということ。別の角度からの発想が大事だと
いうことだ。本の中では、「銀の匙」というたった一冊の本を国語の授業の教
材として、授業中に駄菓子を試食したり、美術の時間と連携を取って凧作りや
凧揚げを実際に行ったり、本に出てきた疑問は、すっきりするまで徹底して解
明していこうとの教育の実践が紹介されている。

 一例を挙げると……。
 中国では「干支」の「干」が幹にあたり、「支」が枝にあたる。日本に渡って
それぞれを「兄」と「弟」に配したという。基礎をしっかりと固めて次に進むという
「道すじ」がしっかりと示される。この次に「木火土金水」を組み合わせて「き
のえ(木の兄)」「きのと(木の弟)」「ひのえ(火の兄)」「ひのと(火の弟)」
という「
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
銀の匙という古典の本をもとに、6年間国語の授業を進めるという驚きの内容でした。本の中に出てくる内容から派生して色んな教養を身につけていく様子が、本来、学ぶということは好奇心に従って探求することなのかもしれないと考えるきっかけになりました。
授業という形をとる限りどうしても、受容学習にならざるおえないのですが、好奇心を持って学習をすることができれば自ずと教養は身につくという内容に感銘を受けました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック