中古品
¥ 952
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

瀬戸内国際芸術祭 2010 作品記録集 単行本(ソフトカバー) – 2011/4/23

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 952
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 272ページ
  • 出版社: 美術出版社 (2011/4/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4568504236
  • ISBN-13: 978-4568504231
  • 発売日: 2011/4/23
  • 商品パッケージの寸法: 28.4 x 21.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 695,447位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
いや〜、暑かった……。蘇るあの夏の思い出。
行った人には感慨深く読めます。フェリーや高速艇に乗り、潮風をこれでもかと浴びながら島々を渡り歩いたな〜とか、島のじっちゃんやばっちゃん優しかったな〜なんて。
うん? もちろん、行かなかった人には「行けばよかった!」と悔しく……そんなことよりも「こんな盛り上がった芸術祭があったんだ!」と思わせてくれるこの本。
芸術祭の年表から座談会まで収録されていて、地元サポーター「こえび隊」や島民、アーティストなど、芸術祭に関わった人すべての思いがギュッと凝縮。ここまでいろんな人のアツ〜い情熱が詰まった本ってなかなかないですよ、マジで。
盛り上がったのはおしゃれだから、ブームだからといった理由だけではない。瀬戸内の島々が抱える過疎。この芸術祭の背景には、地元の人たちによる行動の記録が刻まれている。作品集じゃなくて記録集だからこそ味わえるこの熱気。
さらにさらに、装丁も中身のレイアウトも写真もカッコいいっ!
2010年の夏、瀬戸内の島々が日本全国だけでなく、世界に発信したんです。「何を?」って気になったアナタ、この本を見るとよく分かります。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
買いました!!
作品写真があるかと思っていたのですが、公式ガイドブックの補足版のような本でした。
あくまで「作品集」ではなく「記録集」、写真集ではありません。
芸術祭開催中にうかがったのですが、作品のの写真撮影がほとんど禁止だったので、その部分を満たしてくれるのかと思っての購入だっただけに残念。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
現代アートの聖地として世界的にも注目を集める直島など、瀬戸内海の島々を舞台に2010年に初めて開催された瀬戸内国際芸術祭。本書は、そこで展開されたアート作品やイベントの写真、解説を中心に、開催の経緯や準備の様子、実績などがまとめられた記録集である。
過疎高齢化が進む島々に日本中、世界中から人が押し寄せたこの芸術祭は、ある意味で事件だったように思う。会期中に訪れ、単純に楽しんだが、そのときはあまり気に留めていなかった背後にある理念や、なぜアートなのかといった根本的な理由が、さまざまな関係者、参加者の言葉から浮かび上がってくる。
近年は各地でプロジェクト型のアート活動が盛んだが、その活動を俯瞰して眺められるような記録がまとめられていることは少なく、まとめられていたとしても一般には入手困難であることが多い。瀬戸内国際芸術祭ほどの大きなプロジェクトの記録が、きちんと書籍として流通していることは、活動の成果を社会へと還元しようとする姿勢の現れだろう。同様の取り組みが行われている横浜や新潟と比較して読むのも面白い。
ひとつ注文点をあげるとすれば、アートによって瀬戸内の島々自体を浮かび上がらせようとした芸術祭なのだから、もう少し島の歴史や暮らしぶりに迫る内容が欲しかったところではある。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
瀬戸内の風土や風景は前から好きでしたが、普段あまり人が行かない島々に足を踏み入れるきっかけになった芸術祭は、本当に素晴らしい企画です。今年の芸術祭は他の島にも行く機会ができ、今から楽しみです。アート作品がというよりも、島を知り、風土や歴史、人のいとなみにスポットを当てるのが目的の芸術祭でしょう。そんな意味で、島の人達の暮らしがもっと感じられるような内容が少し欲しかったような気がします。でもたくさん織り込まれていた風景写真はなかなか素晴らしかった。島を知り瀬戸内を知り、芸術祭が行われる背景となった瀬戸内がこんなに美しいところだなんて、美しい写真の数々を見て改めて思いました。瀬戸内の風景を見るだけでも価値がある記録集です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告