中古品
¥ 355
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品になりますので、多少の傷み、ヤケ、使用感がございます。掲載されている画像に関しては当店で登録しておりませんので、装丁等が異なる場合がございます。また、店舗でも販売しておりますので、売り切れの際は返金いたします。ご了承ください。 20033
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

激闘マリアナ沖海戦―日米戦争・最後の大海空戦 (光人社NF文庫) 文庫 – 2000/2

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 280

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカ軍から“マリアナ沖の七面鳥撃ち”と名づけられた悲痛なる戦いの実相を、国際経済ジャーナリストの眼がとらえた日米対照戦記。技量未熟な若年搭乗員、航続距離の長い搭載機―その二つを考慮して生み出された『遠距離先制攻撃』戦法もむなしく、大敗を喫した運命の対決を綴る話題のノンフィクション。


登録情報

  • 文庫: 298ページ
  • 出版社: 光人社 (2000/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4769822642
  • ISBN-13: 978-4769822646
  • 発売日: 2000/02
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 525,708位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
3
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
華々しい戦争の火蓋をきった真珠湾攻撃、そして初めての手痛い敗戦であるミッドウェー海戦は非常に有名なのに対して、その後の海戦は語られることが少ない。自分はほとんど知らなかった状態で本書を読んだので非常に参考になった。

本書はミッドウェーの後、アメリカ軍が少しずつ日本の南太平洋の占領地であった島々を食い荒らしていき、最後の決戦であるマリアナ沖海戦をクライマックスとして大変読み応えのある本になっている。

淵田 美津雄氏の著作「ミッドウェー」と異なり、著者の江戸雄介氏は当時中学生で戦争には直接関わっていなかったことから全て著者が戦後に調べた資料がベースになっているので実際に船に乗っていた人たちの証言を直接読んでみたいものだが、著者は繰り返し日本軍の作戦の甘さを指摘する。ミッドウェーの作戦も空母四隻沈められても、大和をはじめ戦艦駆逐艦の機動部隊でミッドウェーに上陸できたと述べているが、これは、淵田氏の本を読んだ自分は江戸氏の主張はちょっと受け入れられないと思った。飛行機なしで艦隊だけで島に行けばそれこそ敵戦闘機の餌食になるだけではないか。

さらに江戸氏は、山本長官そしてそのあとを継いだ古賀長官が艦載機を島にあげたことが飛行機を大量に失うこととなった原因と主張するが、ここも自分はよくわからなかった。空母にのせるより島に上げておい
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
太平洋戦争を語るときに出てくる名前は、真珠湾、ミッドウェー、ガダルカナル、インパール、レイテ、硫黄島、サイパン、沖縄、広島・長崎などでです。
その中にマリアナの名前はありません。
マリアナ沖海戦、この名前を知る人は少ないです。
しかし、日本が真に敗戦を自覚した戦いがマリアナ沖海戦なのです。
なぜかマリアナ沖海戦を取り上げた戦記はわずかしかありません。
本書は、そんな戦いを描いた貴重な戦記です。

真珠湾作戦、ミッドウェー作戦を上回る空母、航空機を投入したのがマリアナ沖海戦です。
真珠湾作戦360機、ミッドウェー作戦261機,マリアナ沖海戦が450機です。
そして、395機もの航空機、400人もの搭乗員、3隻の空母を失い、立ち直ることができないほどの大敗北を帰したのです。

日本海軍は、米軍機が届かない距離から攻撃をしかけるアウト・レンジ作戦を採用しました。
しかし、マリアナ沖海戦に参加したパイロットの多くは、飛行経験の浅い未熟なパイロットでした。
アウトレンジ作戦を遂行するには無理がありました。
なぜなら片道3時間にも及ぶ飛行を続けてから敵艦隊を攻撃するからです。
ベテランパイロットを擁した真珠湾作戦でさえ片道の飛行時間は2時間弱、ミ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書は、第二次世界大戦下の1944年6月19~20日の2日間に渡って日米海軍が戦ったマリアナ沖海戦を国際経済ジャーナリストとして知られる江戸雄介氏が描いた戦史小説です。

読後の感想は過去の先行研究誤りの集大成といった感じで、国際経済の著作では蒙を開かれることがある江戸氏の著作としては、微妙な印象を受けます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック