この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

激突!2015 [DVD]

5つ星のうち 2.9 8件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,175より 中古品の出品:4¥ 1,980より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 激突!2015 [DVD]
  • +
  • 激突!スペシャル・エディション [DVD]
  • +
  • 続・激突!/カージャック [DVD]
総額: ¥5,035
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アンナ・ハッチソン, アンドレア・ウィットバーン
  • 監督: マイケル・バファロ
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2015/10/21
  • 時間: 72 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 8件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B011QDB904
  • JAN: 4988013389786
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 91,239位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

一本の道。美女二人組。自由気ままな車の旅。しかし彼女たちがルートを変更した時、想像を絶する悪夢が始まる・・・

[内容解説]
●スピルバーグの傑作『激突!』を彷彿とさせる緊張度MAX全編ハイテンションのサスペンス・スリラー!
スピルバーグの傑作『激突!』を彷彿とさせる設定とストーリーに、さらに緊張感がプラス。
主人公は若く美しい女性二人組、果たして執拗に追いかけてくる謎のトラックには誰が乗っているのか?
そしてなぜ彼女たちが狙われるのか??最後の一瞬まで目が離せないハイテンション・サスペンス・スリラーの快作が誕生した。
●カルト・サスペンス『アメリカン・ドクターX』の製作陣とカナダ映画界の気鋭監督が創造する新たな『激突!』の恐怖!
劇場未公開ながら、その容赦ない描写が各地の映画祭を震撼させた傑作リベンジサスペンス
『アメリカン・ドクターX』のプロデューサーとカナダの異才監督がタッグを組み、
鬼気迫る迫力満点のカーチェイス作品を誕生させた!
一瞬先が予測できないストーリー展開、運転者が見えない不気味な大型レッカー車の恐怖が全編を支配する!

親友同士のエミリーとレスリーは日常の嫌なことから逃れるため、二人きりで気分転換&自分探しの車旅を計画する。
広大な道を車に乗って進む旅。その旅行中、混雑する高速道路を避けて、砂漠の道に入った二人は、途中で一台の大型レッカー車と遭遇する。
登りの坂道のため、スピードが落ちるトラックを追い越そうとするが、道路が狭いこともあり、なかなか追い越せない二人。
やっと追い越した時に二人が投げた瓶がトラックに当たってしまうが二人は気にも留めずに車の旅を続ける。
しかし、トラックが彼女たちの乗った車を不気味に追いかけ始めたとき、二人の楽しい旅が一転し、想像を絶する生き地獄が始まるのだった・・・

[特殊内容/特典]
【特典映像】(予定)
予告編

[スタッフキャスト]
【CAST】
アンナ・ハッチソン『キャビン』「スパルタカスIII ザ・ファイナル」
アンドレア・ウィットバーン『ボディヒート/秘められた欲望』
【STAFF】
監督/脚本::マイケル・バファロ『NAKED ハンター・キラー』『コベナント』
製作::ジョン・カーティス『アメリカン・ドクターX』



[発売元]ブロードメディア・スタジオ

(C)2015 IW WRECKER PRODUCTIONS INC.

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『アメリカン・ドクターX』の製作陣がスピルバーグの出世作『激突! 』をリメイクしたサスペンススリラー。車で旅をしていたエミリーとレスリーは、砂漠の道で1台のトラックを追い越す。やがて、トラックはふたりの車を不気味に追い掛け始め…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

まさかここまで似せて来るとは思わなかったが、スピルバーグ作品を見ていない人はそれなりに楽しめると思う。主人公を男ひとりから女性2人にしたことによってホラー色が濃くなったが、のろのろ走っているトラックを坂道で強引に追い抜き、投げつけた瓶がトラックに当たったことからか執拗にトラックが2人の車を追ってくる。やがて途中で女の1人が消えてしまったり、警官をひき殺したり、トラックの運転手の悪意そして殺意が露骨になってくる。待ち伏せをされたり、前のトラックとの間でサンドウィッチにしようとしたり、監督はいろいろ頑張っている。しかし、決定的なミスは女性2人に魅力がないこと。よって感情移入が出来ない。最後の終わり方も疑問が残るところである。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 anne4 投稿日 2015/10/10
スピルバーグの「激突」のリメイクということで期待して観ましたが、出来栄えとしては、まあ平均的でしょうか。
個人的には、フォードのマスタングが、予想以上にかっこよく見えたというのはあります。もともと車系(カーチェイスとかアクション)が好きなんですが、アメ車は嫌いでした。でも、この赤いマスタングは、なぜかかっこよく見えました。なので、映画の最後まで飽きずに観ました。「激突2015」を観てから本家スピルバーグの「激突」を観ました。驚いたのは、ストーリーがスピルバーグの映画にそっくり!もう、パクリと言っても過言ではありませんね。ただ、スピルバーグは、主人公を弱気な会社員に設定することと、映像の作り方で、トラックの恐怖をキレイに描いています。さすが巨匠スピルバーグです。こちらの「激突2015」は、ドライバーが逆ギレして攻めのドライブをしているにもかかわらず、物事が前に進展しないので、観客は恐怖を感じることもなく、一本調子というのがあります。
「激突」では、時代がそうなのかも知れませんが、4枚ドアのセダンで、高速走行が苦手で、タイヤの偏平率も大きくて、サスもスカスカなので、道路上で、車が左右にヨタヨタして非常に危険です。危険ですが、土手に乗り上げたり、半分ドリフトしてみたり、サイドターンのようにして、駐車場の柵に軽く横から突っ込む(ドリフト駐車)のようにするなど、カースタン
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本作はストーリーラインはスピルバーグのオリジナルの「激突!」を踏襲していますし、
トラックドライバーが粘着を始めるきっかけはオリジナルよりもわかり易い。
しかし、身勝手な主役の女性(2名)が好きになれず全く感情移入ができない。
逆に最初はトラックのドライバーの側に感情移入してしまいそうになる。
オリジナルの「激突!」はスペックが低いファミリーカーに乗った普通のオッサンが、
素人運転テクの限界ギリギリで、辛うじて逃げるところにハラハラされられるのですが、
本作の場合はトラック(正確にはトレーラーヘッドタイプのレッカー車)よりも速そうな
スポーツ仕様の車が、スペックを生かせずにチンタラ逃げているのが歯痒くて、
物凄くイライラさせられます。(その辺の理由は一応用意してはあるのだが)

意味ありげなラストシーンが何を言いたいのかは理解できなくもないが、
時系列的(時間)に矛盾が生じてしまうので、あれは無い方が良かったかもしれない。
まぁ、仮にトラックドライバーとトラックが複数なら成立するし、色々と合点がいきますね。
主役側、敵側ともにオリジナルの1名から2名になったと解釈すれば面白い。

新しい物を入れ込もうとスタッフが試行錯誤した後は見受け
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
画像が粗く、使い回しのシーンが多いのが気になりました。
何回同じ道を走るんだよ!ってツッコミたくなります。
同乗者の女性はダメダメで感情移入できず、主役の女性も最初はまともに見えますが徐々にダメダメさが露呈してくる(そういう演出では無いと思う)ので、全く感情移入できずに終わります。
テンポは悪くないだけに脚本をもう少ししっかりとしてほしかった。
まあ、深夜に放送していればそれなりに楽しめる作品って感じです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告