通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
漢文の話 (ちくま学芸文庫) がカートに入りました
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


漢文の話 (ちくま学芸文庫) (日本語) 文庫 – 2006/10/1

5つ星のうち4.1 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥1,045
¥1,045 ¥450
お届け日: 12月3日 - 9日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
7 時間 37 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 漢文の話 (ちくま学芸文庫)
  • +
  • 中国文学入門 (講談社学術文庫)
  • +
  • 「論語」の話 (ちくま学芸文庫)
総額: ¥3,014
ポイントの合計: 29pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

江戸の伊藤仁斎、荻生徂徠、明治の漱石、鴎外、露伴、昭和の荷風、芥川龍之介…、日本人は漢文を愛し、日々の覚えや自らの思いを漢文で記した。また、「論語」「五経」「史記」などの古典は必読の書でもあった。私たちの教養に深く入り込んでいた漢文を歴史的に説き起こし、その由来や美しさ、読む心得や特徴などをわかりやすく解説する。見慣れぬ漢字に臆せず、直感を養い、リズムを重視する―中国文学の碩学が、優れた例文を示し、漢文が本来的に持っている魅力を余すところなく語った最良の入門書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

吉川/幸次郎
1904年、神戸市に生まれ、1980年、没。1923年京都帝大文学科に入学、支那文学を専攻。’28年中国に留学、’31年帰国。同年、京都大学人文科学研究所東方学研究部の研究員となり16年間をすごす。’47年京都大学教授。この間、数々の著書を発表、日本の中国文学の普及に大きく貢献、芸術院会員、文化功労者となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2006/10/1
  • 文庫 : 280ページ
  • ISBN-10 : 4480090274
  • ISBN-13 : 978-4480090270
  • 出版社 : 筑摩書房 (2006/10/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 5個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
5 件のグローバル評価
星5つ
71%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
29%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2009年5月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年9月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告