通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
漆原の物理(物理基礎・物理)明快解法講座 三訂版(... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 見た限り書き込みありません。古本ではございますが、使用感少なくきれいな状態の書籍です。通常2営業日以内で迅速丁寧に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

漆原の物理(物理基礎・物理)明快解法講座 三訂版(大学受験Doシリーズ) 単行本 – 2013/7/24

5つ星のうち 3.7 29件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 408

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 漆原の物理(物理基礎・物理)明快解法講座 三訂版(大学受験Doシリーズ)
  • +
  • 漆原の物理(物理基礎・物理)最強の88題 三訂版(大学受験Doシリーズ)
  • +
  • 大学入試 漆原晃の 物理基礎・物理[力学・熱力学編]が面白いほどわかる本
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 118pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



高校生・大学受験生のためのフェア
シリーズごとのおすすめの参考書のほか、最新の受験情報や試験対策、各大学の学部・学科といった大学受験生に必要な情報など受験に役立つ本を幅広くご紹介。 高校生・大学受験生のためのフェアへ

商品の説明

内容紹介

大人気講師の漆原晃先生が、入試の頻出問題を厳選し、解法のノウハウをこの1冊に凝縮しました。
『漆原晃の物理 物理I・II明快解法講座』の新課程版です。
●入試問題を徹底的に分析。
→合格点を取るために必要な頻出出題パターンを絞り込み、入試の核心部分を抽出した「超頻出重要問題」を掲載しました。
●どんな問題にもあてはまる解法の手順を「漆原の解法」として掲載。
→即、試験で役立つ解法が身に付きます。
●改訂によりさらにパワーアップ!!
→さらに分かりやすい解法にパワーアップし、頻出出題パターンも追加しました。

出版社からのコメント

「漆原の解法」を身につけて入試問題に立ち向かえ!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 304ページ
  • 出版社: 旺文社; 3訂版 (2013/7/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4010340185
  • ISBN-13: 978-4010340189
  • 発売日: 2013/7/24
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,535位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
旧課程版を所持しており、新課程版を購入し全ページ比較しました。
新課程版となっての変更点は
・ページレイアウトにゆとりを持たせている。行間を広くしたり、旧課程版では図を文章の横に配置していたものが、いくつか改行されている。色調が明るくなった。レイアウトの関係上、旧課程版では各stageは全て左ページから始まっていたが、新課程版では右ページから始まるstageがいくつかある。
・stage4「慣性力」が、新課程版ではstage4「慣性力・束縛条件」となり、「動滑車」「動く三角台」の2題が追加。「問題に入る前に」の部分では束縛条件に関する説明は特に無く、旧課程版と変更無し。
・stage9「単振動」に「単振り子の周期公式」「単振り子と見かけの重力」の2題追加。「問題に入る前に」の部分の変更は無し。
個人的には旧課程版の暗い色調の方が好きだったが、見やすくなったのは確か。
点数を取ることを重視した名著である。

学習指導要領に縛られた高等学校教育現場では、微分積分を用いた定量的な指導が出来ないため本質的な理解ができないと様々な場面で嘆かれてもいるが、数式で表し考えることだけが物理の本質では無いことは、著名な物理学者ファインマンも言っていたことであり、学力差のある30人以上の生徒全体に一斉授業を行う高等学校の現
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
すでに複数の人が書いている通り『エッセンス』と比較して、はるかに解説はわかりやすい。

ただし、問題数、問題の難易度はエッセンスのほうが上で、どちらが良いか悪いかというよりも、両者は種類の違う書籍なのだと思う。

『エッセンス』は、基本ができている人が中級以上の問題を数多くこなすための本、
本書は出題頻度の高い厳選された問題を丁寧に解説している本。

あと、本書は、中経出版から出ている同じ漆原著の『面白いほどわかる本』と、解説も問題も、かなり重複している。

本書は、全3巻の『面白いほど』のダイジェスト版に、応用問題を付け加えたという感じ。

既に『面白いほど』を一通りやった者にとっては、同じ解説、同じ問題を多数目にすることになる。
その点は、承知しておいたほうが良い。
2 コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
高校物理は解法が全てです。 東大物理、京大物理も間違いなく解法暗記でどうにでもなります。

私は京大工学部→南カリフォルニア大建築へ進みましたが世界最高峰の理系大学ですら入試は解法でどうにでもなります。
むしろ向こうの大学の入試は京大入試に比べたら全然楽です。
正直英語を除けば理科大日大レベルの方でも最高峰の大学に合格できます。
入ってからの忙しさ、学費はえげつないですが。

つまり物理の本質なんぞ大学に入ってからでいいわけで大学入試で本質を理解していなければ解けない問題なんてほとんど出ません。
私自身この参考書の旧課程版を使用し、過去問演習で京大に合格しました。
微積物理なんていりません。 本質なんていりません。
必要なのは難問であっても形式的に解く
ということなのです。

駿台に入って微積物理を教わっても大半の方々は結局従来の解き方をします。 この参考書は本質を理解できないなどと叩いている方は本当に他の参考書で物理学の本質を理解できているのでしょうか。

大学物理を学んでも本質はもっともっと深いところにあります。

つまりこの参考書でだいたいの大学は受かります。
合わない方は解説が合わないと素直に言えばいい。 的の外れた酷評をするよりとっとと違う参考書に移行してください。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
物理のエッセンスをやっていて結構苦労していたものです。確かに回答は詳しいですがやはり疑問が山のようにでてきます。本書はエッセンスが嫌になって買いました。最初は普通の参考書だなと思っていましたが、気づけば疑問が生まれず、どんどん進みます。模試を何回か受けていますが、よく目にする問題ばかりです。本書に出会えて良かった。エッセンス苦労してる人はこっちがよい!
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
物理の参考書は解法派か原理解説派(いわゆる微積物理)に分かれるのですが、
この参考書は解法派の代表格の参考書です。
3STEPで問題が解ける。前田和貞先生「前田の物理」の衣鉢をついだような参考書です。
物理は教科書と入試問題の乖離が大きい科目ですが、この参考書や坂田アキラ先生の
参考書で解法覚えれば入試問題も解けるようになるでしょう。
数学、化学にもいえますが、
いかに本質的理解であっても入学試験で問題が解けないと意味がありません。
微積物理や有機電子論などは大学に合格してからやればいいのです^^
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック