通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
漂流記の魅力 (新潮新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。■Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。 ■全品簡易クリーニング済み。 ■ビニール包装のうえ毎日発送しています。 ■通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ■シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 ■Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ■不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

漂流記の魅力 (新潮新書) 新書 – 2003/4/10

5つ星のうち 4.4 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 199

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 漂流記の魅力 (新潮新書)
  • +
  • 科学者は戦争で何をしたか (集英社新書)
総額: ¥1,490
ポイントの合計: 30pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

 日本にはイギリスの海洋文学にあたるものがない、といわれてきたが、江戸時代に漂流して帰還した者たちから聴取した、何作もの「漂流記」こそ、日本独自の海洋文学ではないのか。ここに、1793年、奥州石巻を出港し、難破してロシア極東沿岸に漂着した「若宮丸」の漂流聞書き『環海異聞』がある。極寒の辛苦に耐えてロシアに10年、生き残った津太夫ら四人の水夫は、鎖国日本へ開港を促すロシアの使節船に乗船し、日本人初の世界一周の旅に出る。夢に何度も見た故国の地を踏んだ彼らを待っていたのは、厳しい取り調べだった。しかし、彼らは『環海異聞』という貴重な証言を残してくれた……。
 これまで、六篇の「漂流小説」を書いてきた私(著者)は石巻に赴き、200年前、「若宮丸」が出発したかもしれない港を遠望する高台に立ち、深い感慨にふけるのである。

内容(「BOOK」データベースより)

日本には海洋文学が存在しないと言われるが、それは違っている。例えば―寛政五(一七九三)年、遭難しロシア領に漂着した若宮丸の場合。辛苦の十年の後、津太夫ら四人の水主はロシア船に乗って、日本人初の世界一周の果て故国に帰還。その四人から聴取した記録が『環海異聞』である。こうした漂流記こそが日本独自の海洋文学であり魅力的なドラマの宝庫なのだ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 191ページ
  • 出版社: 新潮社 (2003/4/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106100029
  • ISBN-13: 978-4106100024
  • 発売日: 2003/4/10
  • 梱包サイズ: 17.9 x 12.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 195,966位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
新書であり、またタイトルからして、漂流記の一般論あるいは総論を期待したのであるが、そういう部分は第1章のみで、残りのすべては、津太夫の漂流記に費やされている。ま、ケーススタディとして取り上げたのかなという感じであるが、若干、牛頭狗肉の感はぬぐえない。
ただ、新書であるから、小説ではなくドキュメントタッチで、ある意味、学術的な突込みであるが、実際のところは、あっさりしていてむしろ良かったと思う。
漂流記の入門編としては、もう少しいろいろなパターンを詳しく扱ったほうがよかったのではないかという気もするが、読んでみると、この方がよかったかなと思うのと、もっといろいろな漂流記を読みたいという気にさせるという点で、成功していると思う。
1 コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 イギリスの海洋文学に相当する漂流文学が日本は存在する、と吉村氏はいう。具体例として、津太夫という男性の漂流譚に本書のほとんどを割いている。
 船が漂流してロシアの北辺にたどり着き、シベリアを横断してアレクサンドル一世(後にナポレオンを破る)に謁見し、気球を見て、ヨーロッパ・大西洋・南アメリカ・太平洋ルートで帰国する。つまり、日本で初めて世界一周した人物というわけだ。
 しかし、学がなかったために十分な知識をもちかえれず、また仲間割れ等したために、大黒屋光太夫や高田屋嘉兵衛ほどの知名度や評価を得られなかった。
 だが吉村氏は、そこにこそ緊迫した人間性のドラマを見出すのだ。実際に東北に足を運び、ロシア皇帝から賜った服を見に行くのがこの筆者らしいところだ。ややタイトルと中身にかい離があるかもしれない。津太夫のドラマを味わう一冊であろう。 
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2004/2/23
形式: 新書
 『戦艦武蔵』や『ポーツマスの旗』などで知られるノンフィクション小説家吉村昭氏の著作。吉村氏には『漂流』や『大黒屋光太夫』などの作品もあり、もともと漂流記には多大な関心があったらしい。本書は1793年に遭難し、ロシアに漂着した若宮丸の乗組員たちを主人公に据えている。
 シベリアの寒さとどのように戦かったか、皇帝との謁見、世界を半周する航海、長崎に帰着してからの苦難と、ほぼ乗組員たちの行程に沿って物語は進む。しかしロシアに残って日本語教師・通訳として良い暮らしをするか、それとも帰国するかをめぐって起こる仲間割れに重点が置かれ、緊迫感あふれる人間ドラマともなっている。
 ただ人間描写、政治状況の分析、漂流記の扱いなどは総じて甘く、物足りなさを覚える。
 改行がものすごく多く、平均して一段落が3行くらいなのも奥行きのなさを助長している。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 
 江戸時代、荷を積んで沿岸を航行していた船が暴風雨に遭遇し、沈没は免れたものの舵や帆を失い流されるだけとなる事故が少なからずあった。こうなると乗組員はひたすら船の上で耐え、どこかの島に流れ着くのを待つのみとなる。多くはそのまま死を迎えるのだが、ごくまれに異国の地にたどりつき、さらには運良く日本に帰還するというケースもあった。
 
 鎖国中ゆえ異国に行くことは大罪とされていたことから、帰還者は厳しい取り調べを受ける。また異国の情報を持ち帰ったことから、学者が詳しく聴き取りを行うこともあった。

 吉村昭は20代の頃からそうした記録に興味を持ち、漂流した人々を主人公に据えた作品を(本作品を入れて)7作残している。本書は、吉村昭最後の「漂流もの」であり、“これまでの一応の総決算として漂流そのものについて書いた”(本書あとがき)ものである。

 新書ということで序盤は解説スタイルだが、第2章以降では、実際に起こった壮大な漂流事件を取り上げていて、他の作品と同様「漂流もの」の面白さを味わえる1冊となっている。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
江戸時代の日本では、弁才船と呼ばれるマストが一つのみの内海航路に適した船が流通を大きく担っていました。陸路よりもはるかにコストも日数も掛からない航路という存在は、地方から江戸への流通経済に欠かすことが出来ないインフラだったと思います。

今のように船全体が金属で出来ているわけでもなく、原動機も付いていないといった状況では、海流や風といった自然の影響が船の運航に大きく左右します。そのような環境では、船の運航を従事する人間の経験、勘に頼っていた部分がかなりあったと思います。
そういった不安定な環境下では、船が頻繁に行き来する航路において、しばしば船が海難事故に遭い、多くの命が失われました。それはさほど珍しくない事だったと思います。

そして運良く生き残り、漂流者になったとしても、今のように救難信号を出して、海上で救助をひたすら待つということは出来ません。
そこに待ち受けているのは、漂流者としてのサバイバル生活と神頼みの日々です。常に飢餓状態に置かれ、栄養不足の中で倒れる者、病気で亡くなる者が続出する状況…中には絶望との共同生活に耐えられず、精神が変質し、狂ってしまう人も出てくるでしょう。
そういった過酷な日々をなんとか過ごし、運良く別の大陸や島を見つけ、上陸したとしても、言葉が通じず、文化も違う地元住民に殺された人も
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告