中古品
¥ 37
+ ¥ 305 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 LTF BOOK STORE
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※Amazon専用在庫です。巻頭に印あり、天地小口に蔵書印有。若干の線引きや書き込みはございますが、通読に支障のないコンディションです。◆簡易なエコ防水封筒にて迅速丁寧に発送しております。※特に記載の無い場合は特典は付属しておりません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

漂泊の精神史―柳田国男の発生 (小学館ライブラリー) 単行本 – 1997/9

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

昭和期に入って確立した「民俗学」の創始者・柳田国男。彼は、明治から大正にかけて、木地屋や巫女、聖(ひじり)といった漂泊の民についての論稿を残しています。この今まで関心を寄せられることのあまりなかったテキスト群を、著者は「漂泊の精神史」という名のもとに論じています。 ここでは、柳田の漂泊民論の核のひとつが、漂泊民と定住民との織りなす歴史的なダイナミズムにおいての、農民生活誌をトータルに記述しようとする志向であるとし、もうひとつは漂泊の民と宗教とのかかわりだとしています。 そして、亡魂の鎮めと死穢の浄めを、重要な職務のひとつとしていた一群があると述べ、「死穢にたいする忌避の心性を無化していくことが、差別という問題そのものを浄化するための、ある秘められた回路であると柳田はおそらくかんがえていたが、その試みはついに中途で放棄されてしまった」としています。柳田の漂泊の民論を通じて、彼の前期思想の可能性の限界を問いかけています。 この作品は「柳田国男の発生」全4部作の第2部として、1994年に刊行されたものです。

出版社からのコメント

漂白民と定住者の関係、漂白民と宗教の関係の論考を残した柳田国男。中途で放棄されたこの論稿を現代の視点でたどるとともに柳田の限界を問い、いわれなき差別構造を論じる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 433ページ
  • 出版社: 小学館 (1997/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409460104X
  • ISBN-13: 978-4094601046
  • 発売日: 1997/09
  • 梱包サイズ: 16.2 x 11.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 891,172位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2001年11月22日
形式: 単行本
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告