中古品
¥ 600
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■ご注文通知から1営業日以内に発送。■水ヌレ、ヨゴレ、キズ防止の為、エアキャップまたはクッション封筒に入れて発送いたします。■万が一、こちらの商品説明及びガイドラインで認められている範囲以外に不良点がございましたら送料及び商品代金を全額返金いたします。■商品の状態 【カバー】一部にヤケあり。多少のキズ・ヨゴレあり。【本体】カキコミなし。多少のキズ・ヨゴレあり。【付属品の不足】問題なし。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

源義経の合戦と戦略 ―その伝説と実像― (角川選書) 単行本 – 2005/4/25

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 600

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

〈目次〉
はじめに─組み立て方─
第一章 義経の時代と生い立ち
一 義経の時代
義経の生きた時代/『平家物語』について/『吾妻鏡』について/古文書・日記類他について
二 義経の生い立ち
武家の棟梁/義経の生い立ち
第二章 挙兵から一ノ谷の合戦まで
一 頼朝の挙兵と義経
頼朝の挙兵/黄瀬川での再会
二 京・鎌倉政権の交渉
木曾義仲の挙兵/義仲軍の上洛と平家の都落ち/義仲の上洛と洛中狼藉/後白河院と頼朝の交渉─さぐり合い─/後白河院と頼朝の交渉─威嚇─
三 義経上洛
義経の最初の仕事/上洛前夜/攻撃の開始/頼朝軍入洛の戦略
四 一ノ谷の合戦
平家追討と安徳天皇の安全/一ノ谷の合戦への途/一ノ谷の合戦への視角/『玉葉』二月八日条の語る合戦/なぜ「一ノ谷」の合戦か/戦争劇/「一ノ谷の合戦/「鵯越の逆落とし」の罪/再考「一ノ谷の合戦」/湊川の合戦の場合/「鵯越の逆落とし」の解明/山の手を攻略したのは誰か/平家の人々の退路の不審/平家と摂津・播磨/搦手義経軍の進軍ルート
第三章 在京期
一 頼朝在京代官として
在京期の活動の評価/在京頼朝代官の課題/武士狼藉について
二 頼朝在京代官の職務
一ノ谷の合戦後の配置/守護人・惣追補使の展開/在京代官義経と平家追討/洛中守護/大義と現実/武士狼藉停止問題/義経の武士狼藉停止作業─摂津国垂水牧─/義経の武士狼藉停止作業─紀伊守護人豊島有経─/頼朝の政治方針と義経の命題/畿内近国以西への守護人の配置/義経の直轄国
三 自由任官問題
没落への布石/従来の説/『吾妻鏡』の説/自由任官問題への疑問/検非違使任官の真実/後白河院陰謀説について
第四章 西海の戦陣
一 屋島の合戦
屋島の合戦の概観/範頼主力部隊の出陣/範頼軍の九州上陸/義経再出陣の事情/義経の再出陣と朝廷側の対応/義経の出陣準備/義経の阿波渡海について/阿波の反平家勢力/阿波国津田島と海運/阿波民部大夫成良/住吉神社の鏑鳴り/逆櫓談義/梶原景時の動向/屋島の合戦の総括
二 壇ノ浦の合戦
壇ノ浦の合戦への準備/義経軍と範頼軍/熊野水軍の動向/義経の熊野勢力の取り込み/弁慶と伝承世界/熊野と弁慶/壇ノ浦の合戦の概要/『平家物語』の壇ノ浦の合戦/周防国大島津から壇ノ浦へ/長門国の動向/潮流の問題/義経軍勝利の要因
三 論功行賞をめぐる義経の蹉跌
戦後処理/京都と鎌倉の評価の違い/義経の自尊/頼朝軍の事情/腰越状的理解への疑問/論功行賞をめぐって/鎌倉幕府成立史における義経の位置づけ
結びにかえて
あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

義経伝説は「時代に翻弄された悲劇のヒーロー」という日本人好みの物語として、種々肉付けされてきたが、伝説の中にも真実に導く鍵が隠されている。『平家物語』諸本や『吾妻鏡』、公家の日記から合戦経過を克明に辿り、義経伝説を徹底的に解明。義経の戦略を浮き彫りにする。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 221ページ
  • 出版社: 角川書店 (2005/4/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 404703374X
  • ISBN-13: 978-4047033740
  • 発売日: 2005/4/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 666,606位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
義経は治承・寿永内乱の英雄であり、平家物語等の軍記物語にその活躍が華々しく描かれ、また各地に義経伝説が残されており、その名を知らないという人は少ないだろう。
だが、多くの人が抱いているのは、そうした後世の創作が含まれた「武勇に優れながらも政治的センスに恵まれなかった悲劇の天才」といったイメージであり、義経の実像についてはあまり分かっていないということ自体、知らない人が多いのではないだろうか。
本書はそうした義経の実像に迫ろうという試みがなされ、様々な史料から義経の参加した合戦の経過を明らかにし、その素顔を探ろうというものである。
 
例えば平家物語で義経の一ノ谷の戦いにおける名場面「鵯越の逆落とし」であるが、現実には鵯越は一ノ谷とかなり離れており、また実際に山の手口を攻撃したのは義経ではなく、多田行綱であり、義経軍の進路は異なっていることを同時代の九条兼実の日記『玉葉』等から明らかにしている。
決して断崖絶壁を強引に駆け下るような蛮勇ではなく、事前に策を練り、平家の動向を見越したうえでの合戦であったことが導き出されているのである。
また、兄頼朝との対立を招いたとされる無断任官問題であるが、頼朝の叱責に関する記録は後世の編纂物である『吾妻鏡』にしか見えないうえ、他日条の記事との間で内容に矛盾が生じていることを紹介し、これは義
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
例えば、勝浦合戦。
著者は「義経が上陸した勝浦は津田港である」との新説を提唱している。
しかし、地元・徳島の伝説では「義経の上陸地は小松島市整合である」と言われている。
地元には、義経が勝浦に上陸した後に、軍勢を閲兵した「勢見山」の地名が残っている。
また、地蔵院東海寺には、義経の食事のメニューが伝わっている。
これらの地元の伝説は、上陸地として「整合」を支持しており、「津田港」では不都合である。
著者は、文献の解析を自慢しているが、地元の伝説を勉強すべきである。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック