通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
源氏物語〈第6巻〉宿木~夢浮橋 (ちくま文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 サバティカル
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【カバー】若干の傷み・ヨレあり、【本文】使用感は少なく、概ね良好な状態です__【発送】クリーニング済、防水梱包し、発送致します
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

源氏物語〈第6巻〉宿木~夢浮橋 (ちくま文庫) 文庫 – 2010/1/6

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 源氏物語〈第6巻〉宿木~夢浮橋 (ちくま文庫)
  • +
  • 源氏物語〈第5巻〉御法~早蕨 (ちくま文庫)
  • +
  • 源氏物語〈第4巻〉若菜上~夕霧 (ちくま文庫)
総額: ¥4,644
ポイントの合計: 141pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

中の君は匂宮と結ばれ二条院に迎えられるが、匂宮はほどなく右大臣家の婿となる。一方死んだ大君を忘れられない薫は、中の君に面影を求めて迫るが、かわされる。そんな二人の前に現れた、中の君の異母妹・浮舟。二人の貴公子の欲望に翻弄される浮舟が、絶望の果てに選んだ道は…コミュニケーションがうまくできない男と女。長い物語の最後はあまりに唐突ながら、深い余韻を残す。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大塚/ひかり
エッセイスト。1961年、神奈川県生れ、早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒業。出版社勤務を経て、1988年、失恋体験を綴った『いつの日か別の日か―みつばちの孤独』(主婦の友社)以後、古典エッセイが多数ある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 639ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2010/1/6)
  • ISBN-10: 4480424865
  • ISBN-13: 978-4480424860
  • 発売日: 2010/1/6
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 457,173位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
全54帖の源氏物語は相応に長いです。
どうしても同じ集中力で読み続けること難しいもので、かといって古典となるとすこし散漫になるとすぐに話の筋を見失ってしまいます。
この本の特徴である「ひかりナビ」は読んできた部分をもう一度解説してくれるので、軌道修正が容易にできます。数多き登場人物、同じ名前の別人が多い源氏物語ではとても便利なものだと思いました。

ただ私としては、特に宇治十帖におけるある点で「ひかりナビ」には好印象を持てませんでした。
あまりにも著者の登場人物に対する主観が述べられすぎ、と思います。登場人物に対し、どう感想を持つか、もっと読み手に自由を与えてほしかった。
薫に対する辛辣な評価は、的を射ている部分もあるのでしょうが、私には不快でしかありません。
事実を客観的に述べる分にはとても重宝するものですが……。

とはいえ、その点を差し引いてもお勧めできる一冊です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヒデボン VINE メンバー 投稿日 2010/1/11
形式: 文庫
 最終巻だが俄然面白い。光源氏の息子とされているが、実は柏木の息子にほぼ間違いないあの薫クンが「中の君」にしつこく接近する様が非常にいやらしい。大塚ひかりセンセの「ひかりナビ」も絶好調で、ここで充分「イケます」「抜けます」、頼れます。女二の宮なる16歳のギャルと結婚しようというのに人妻が好きな薫、今や「奇妙な男」から「気持ち悪い男」になってしまっている。中の君はこの「女々しい」薫を突き放したいばかりに、浮舟のことを漏らす。するとこの薫、今度はこの浮舟に接近、ついには宇治に拉致してしまう。浮舟の悲劇はさらに続き、薫を装った匂宮に犯される、いやはやなんとも。
 薫と匂宮、二人のスケベ人間の間をゆれる浮舟はついに・・・・・。

 身分差を原因とする中世格差社会のコミュニケーション・ブレイクダウンとメロドラマを背景に、東国の実力者の姿がちらほら見え、いよいよ武士階級の出番が伺われる重要なターニング・ポイント。これをさりげなく描く作者紫式部の歴史観、すごいと思う。また、この「宇治十帖」、尻切れトンボで終わっているのも極めて現代的で面白おかしな21世紀的なドラマの終わり方ではないだろうか。

 古典新訳ブームの中、ついに全6巻にもわたる「源氏物語」の現代語訳を読み終えることが出来た。それもこれも、大塚ひかりセンセのナビゲーションに依るところ大で
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告