¥ 3,888
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
満洲の光と影 (コレクション 戦争×文学) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

満洲の光と影 (コレクション 戦争×文学) 単行本 – 2012/2/3

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,888
¥ 3,888 ¥ 1,797

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 満洲の光と影 (コレクション 戦争×文学)
  • +
  • 帝国日本と台湾・南方 (コレクション 戦争×文学)
  • +
  • 帝国日本と朝鮮・樺太 (コレクション 戦争×文学)
総額: ¥11,664
ポイントの合計: 225pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「王道楽土」に見た夢と、その崩壊を追う
五族協和を謳い建国された「満洲国」。内地から押しよせた人々が抱いた夢の下には、その重みに潰される現地の人々がいた。楽土の理想と現実、それら全てが崩れ去るまでを三木卓、宮尾登美子らが描く。

<『満州の光と影』収録作品>
伊藤 永之介『万宝山』
徳永 直『先遣隊』
牛島 春子『福寿草』
今村 栄治『同行者』
野川 隆『狗宝(ゴウボウ)』
竹内 正一『流離』
八 義徳『劉広福』
水上 勉『小孩(ショウハイ)』
三木 卓『われらアジアの子』
長谷川 四郎『張徳義』
里見 弴『みごとな醜聞』
清岡 卓行『サハロフ幻想』
村上 春樹『動物園襲撃』
坪田 譲治『包頭(パウトウ)の少女』
森川 譲『ホロゴン』
宮尾 登美子『満州往来について』

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

伊藤/永之介
1903(明36)・11・21~59(昭34)・7・26秋田生。中通尋常小学校高等科卒。21年、雑誌「種蒔く人」に影響をうけ、新秋田新聞社に入社。24年上京、やまと新聞に入社。「文芸戦線」七月号に「新作家論」、九月号に小説第一作「泥溝」を発表。28年、労農芸術家連盟に加入。38年6月に発表した「鴬」で新潮社文芸賞受賞。43年10月、秋田県横手に疎開。44年7月から11月まで陸軍報道班員として中国湖南地方に派遣される

今村/栄治
生没年、その他不明な点が多い。本名張喚基という朝鮮人で、朝鮮に生まれ、満洲に移住。木山捷平、逸見猶吉ら満洲在住の日本人文学者と親しく付き合う。在満朝鮮人作家として「新京文芸集団」同人となり、「満洲文話会」に関わる。1941年には満洲国弘報処の肝入りによって発足した満洲文芸家協会の書記となった。45年8月15日の終戦、満洲国消滅後、まったく消息不明となる

徳永/直
1899(明32)・1・20~1958(昭33)・2・15熊本生。錦城学館中退。生家は小作農で貧しく、印刷工場、煙草専売局、発電所、新聞社などを転々として働く。労働運動に関わり、新人会の後藤寿夫(のち林房雄)を知る。1922年上京。博文館印刷所(現・共同印刷)の植字工となる。26年の共同印刷争議の体験をもとに、29年「太陽のない街」を「戦旗」六~九月号、一一月号に連載。38年9月から10月にかけて北満開拓移民地を旅行

牛島/春子
1913(大2)・2・25~2002(平14)・12・26福岡生。久留米高女(現・県立明善高)卒。1931年、日本足袋(現・ブリヂストン)に工員として勤め、労働組合組織に関わり解雇される。労働組合運動に従事するが、33年、一斉検挙で逮捕され、数か月間拘留される。36年結婚、満洲奉天に渡る。37年、初の短編小説「豚」を執筆、「大新京日報」の建国記念文芸賞に応募し当選、「王属官」と改題されて掲載される。41年「祝という男」が芥川賞候補となる

逸見/猶吉
1907(明40)・9・9~46(昭21)・5・17栃木生。早大政経学部卒。中学時代にランボーと出会い、大学時代に高橋新吉を知り、草野心平が主宰する詩誌「学校」に詩を発表する。32年、広告代理店に入社。34年、日蘇通信社に入社。35年には草野心平らと「歴程」創刊に参加。37年、新京支社に赴任。39年「満洲浪曼」同人、41年、満洲文芸家協会委員となる。43年、陸軍報道隊員として北満に派遣される。新京で終戦を迎えるが、肺結核、栄養失調となり、死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 696ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/2/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4081570167
  • ISBN-13: 978-4081570164
  • 発売日: 2012/2/3
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 14.2 x 4.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 167,590位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
戦争は植民地満洲から始まった。傀儡国家として葬り去るのも自由である。ただリアリティーのある文学作品として後世に遺すことは必要なこと思われる。ここに明治生まれの里見惇、徳永直、大正生まれの清岡卓行、宮尾登美子、昭和生まれの三木卓、村上春樹ほか、満洲体験のある著名な作家たちの満洲を描いた短編が収載されていて、読み応えがある。700頁に及ぶ本書は、じっくりと読むに堪える力作集である。(個人的に言えば、私の父は満洲開拓団長として彼の地に客死しているので、本書を哀憐深く読み込んでいる)
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック