この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

満州-最後の奉天、望郷と鎮魂 -ある民間人引揚者母娘の二代記 単行本(ソフトカバー) – 2012/12/27


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 5,800
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

「どちらの出身ですか?」と、問われることがある。初対面で互いの紹介をする時などによく出てくる問いであるが、こう問われるごとに私は戸惑いを覚える。私自身にどこどこの出身という意識が存在しないからである。
遠く南米に移民となって故郷を離れた人たちの望郷の思いは強い。あるいは中国「残留孤児」といわれる人たちは故郷の記憶こそないが、ルーツを激しく求めるがゆえに記憶にない故郷こそが自らの出身地であると意識する。
私は旧満州国営口市に生まれ、引揚地は父の故郷徳島県鳴門市であった。父はすぐに仕事を求め神戸市に移住、私はそこで高校卒業までをすごし、その後進学のために上京した。両親はその後まもなく神戸市から明石市に転居した。
--中略--
残留孤児になる可能性があった私の人生の始まり、また満州崩壊後の混乱の中で母和栄がチフスに罹患するなどの状況下で生き延びてきたこと、祖母トクが、病死した伯父大ひろしが、私に対しかけがえのない愛情を注いでくれていたこと、それらを手記によって知ることができた。このような中で生かされてきた自分の命を考えると、もっと世の中に役立つ人になるべきだったという後悔の念もわく。祖母は「命を永らえたということをもってよし」と言ってくれそうな気もするが、なんとなく面目ないという気持ちになってしまう。
母和栄のライフヒストリーは祖母トクの手記と直接的連動性に欠けているが、戦後を生き残った者としての母娘二代のライフヒストリーとして掲載した。
本編「序」より抜粋

著者について

鹿児島国際大学福祉社会学部教授
1945年 旧満州営口市にて出生
早稲田大学第一文学部仏文科中退
東京都内にある児童養護施設の児童指導員として26年働く
放送大学人間の探求学科卒業、人間の福祉研究科修了
日本社会事業大学大学院修士課程修了社会福祉学修士
2000年 鹿児島国際大学福祉社会学部社会福祉学科に赴任


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 200ページ
  • 出版社: ラグーナ出版 (2012/12/27)
  • ISBN-10: 4904380207
  • ISBN-13: 978-4904380208
  • 発売日: 2012/12/27
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,339,146位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう