中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

湾岸ミッドナイト C1ランナー(2) (ヤングマガジンKC) コミック – 2010/3/5

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『Matty式マッサージが自宅でできる! 脂肪とり! むくみとり! こりとり! 解毒棒』
足ツボ師Mattyの手のカーブや関節の形を忠実に再現し、むくみや冷えの改善、こりの解消、美ボディづくりに役立つ「解毒棒」。イタ気持ちいい刺激で、全身がスッキリ。 今すぐチェック

商品の説明

内容説明

RGOをやめて自動車ライターとなった荻島は、かつて編集していた「GTカーズ」をweb上で展開し、評判をよんでいた。そんな時、自動車評論家の荒井が、新「GTカーズ」を起こすべく、荻島らを誘いに来た。「読者参加型のドレスアップ中心の合法的な楽しいチューニング」が新「GTカーズ」のメインテーマだが、「首都高最速は誰か?」という本音のテーマがあった! 首都高を舞台に『湾岸ミッドナイト』のセカンドステージが始まる…!!

自動車評論家の荒井が主導するチューニング雑誌「GTカーズ」復活の動きに、荻島、ノブ、リカコら、様々な人間が関わるようになっていく。そんな中、荻島は、新「GTカーズ」のスポンサーである椎名耕平から、荒井の過去を聞かされることになる。なんと荒井は、荻島が夢中になって読んだ企画「C1アタックFD号」を手掛けた顔出しNGの編集者・RYOであった…!

著者について

楠 みちはる
1977年、『あこがれの白いスポーツカー』でデビュー。代表作は『あいつとララバイ』、『シャコタン★ブギ』、『湾岸ミッドナイト』など。現在、『湾岸ミッドナイト C1ランナー』を連載中。


登録情報

  • コミック: 208ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/3/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063618757
  • ISBN-13: 978-4063618754
  • 発売日: 2010/3/5
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
『湾岸ミッドナイト』からのスピンオフとなる本作は、タイトルの『C1ランナー』が示すようにC1(首都高環状線)が舞台となる。2巻目にしてようやく役者が出揃ったというイメージ。

この巻ではオヤジたちのレクチャーを受けながら「C1を走るということ」に対する理解を深めてゆくノブと挑戦者(ライバル)の少女エリの交流が描かれる。FD vs. S2000の対決の刻はもうすぐ…!

自分は、「C1を走る」という共通項で結ばれた、さまざまな世代・立場のキャラクターたちが織り成す人間ドラマに小気味良い読後感を受けました。オヤジの語る薀蓄(ウンチク)に頷くもよし、若者たちのバトルに心躍らせるのもよし。「走り」の醍醐味を知っているヒトには、たまらないストーリーだと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック