中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

湘南人肉医 (角川ホラー文庫) 文庫 – 2003/11

5つ星のうち 3.7 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 2,737 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

食べることで得られる、女性との一体感、エクスタシー。

湘南で整形外科医として働く小鳥田優児は、神の手と噂されるほどの名医。数々の難手術を成功させ、多くの女性を見違えるほどの美人に変貌させていたが…。

内容(「BOOK」データベースより)

湘南で整形外科医として働く小鳥田優児は、神の手と噂されるほどの名医だった。数々の難手術を成功させ、多くの女性を見違えるほどの美人に変貌させていた。しかし、彼は小さな頃から人肉に対して憧れを持っていた。そして、ある日、手術で吸引した女性の臀部の脂肪を自宅に持ち帰り、食べてしまう。それは麻酔が施されていたため、苦く、おいしいものではなかったが、人の肉を食べるという禁を破ったことに対して、優児は強いエクスタシーを感じた…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 302ページ
  • 出版社: 角川書店 (2003/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043572069
  • ISBN-13: 978-4043572069
  • 発売日: 2003/11
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 368,348位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ノエル 投稿日 2006/9/11
形式: 文庫
レンタルショップでなんとなく手に取った「最後の晩餐」でカニバリズムに興味を持ち、今回原作のこの本を読みました。もう最高でした!確かに小鳥田先生は人を殺して食べる異常者なんですが…食事シーンや同僚との絡み(エレベーターのワイヤーの話等)で妙に親近感がわいてしまいました。だから最後はちょっと残念にも思いました(>_<)
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この手の作品はやはり、リアリティが命だと思う。
だけど、あまりに稚拙なストーリー展開や人物設定に興ざめしてしまい、途中で読むのを諦めました。
仮に後半で、すべて主人公の妄想だったというオチがあったとしても、それを期待して読み進める気にはなりませんでした。

まず、主人公がこれから襲おうとしている女性に対して、「あなたを食べたい」と何度も言う整合性が感じられません。
そんなことを言って警戒感を抱かれたらどうするのか、理解に苦しみます。

次に、自分が勤務している病院で全身の美容整形をする女なんているわけがありません。
仮に変わった思考の人がいたとしても、それが大勢いるという時点で荒唐無稽過ぎます。

その他、読めば読むほど設定に無理が目立ちました。
この作品が評価されている理由は、多くの作家が忌避しているテーマを果敢に描いたことのみだと思います。
ストーリーとしての面白味は、まったく見出すことができませんでした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
大石圭さんの作品の中でもかなり上位に食い込む作品だと思います。
食事と性に対する生生しさがとてもいいです。
解体に精通している設定で主人公が医師だったのも好きでした。
個人的に『殺人勤務医』が好きな人はこの作品も好きなのではないかと思います。
いつもはあまり使わない表現(『あなた』のところ)での文章がとても印象的でした。
大石圭さんの作品ではよく「いつかは捕まるかもしれない」というのを匂わせてはいますが、
今回のようなラストは何だかあまり無いような気がしました。
大石圭さんの作品を読んでいると同じような表現、同じような言い回しが出てきますが、
それが大石圭さんらしさのような気がして私は好きです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 horror88 投稿日 2006/7/23
形式: 文庫
内容が著者の他の作品とかぶっているので、読んでいて既視感を感じました(特に主人公の少年時代)。

伝えたいことや、作者の信念が貫かれているからでしょうか?

それでももう少し異なる形でアプローチして欲しかったです。

ワンパターン感は否めませんが、面白いと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この人肉嗜食の物語は禁断のテーマを扱っていながら、そのストーリーテリングはどこか耽美的、官能的な雰囲気さえ漂っています。人食の描写もそれほどグロテスクな表現は無く、しかしながら禁断のテーマでもあるので、何か後ろめたさを感じながら読み進める事ができると思います。
「本当かよ?」と思わず突っ込んでしまった、所々に散りばめられている「カニバリズムの史実」はこの物語にある種のリアリティを与えていますし、主人公もなぜか、どこか憎めない部分もあって、通り一辺倒のエンタメ小説に飽きたかたなのであれば、是非読まれては如何でしょうか?
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
面白いというのは、主人公が殺人をすることではありません。
人が人を食べる事、人徳の中の最も禁忌なことを犯している主人公
の殺人を犯してでも人の肉を食べたい・・という思いです。
そんなに人の肉っていうのは美味しいものなのかと、作品中の描写にちょっと
興味を惹かれてしまいました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/11/10
形式: 文庫
タイトルどおりのカンニバル。自分の欲望のままに殺人を繰り返しその人肉を食べるのですが、その描写たるや、さすが、大石圭!
思わず『ホントに食べたコトあるのか?この人は』と聞いてみたくなるほどです。
やはり、この彼にも「殺人勤務医」のようなプラスとマイナスの思考があり、殺人ハンティングをするかたわら、ボランティアにいそしむ面もあったりして。しかし「殺人勤務医」の彼ほどの、肩入れはできかねます。
うちの冷凍庫にあるこのお肉って・・・なんのお肉だったかなぁ(怖っ)
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー