通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【48時間以内に防水処理をして発送いたします。】帯付き、若干の使用感・傷みなどがありますが、めだったダメージは見られずキレイな状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

温故一九四二 単行本 – 2006/4/8

5つ星のうち 3.9 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,285

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 温故一九四二
  • +
  • 人間の条件1942 ― 誰が中国の飢餓難民を救ったか
総額: ¥3,564
ポイントの合計: 33pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容紹介

日中戦争末期、飢餓地獄にあえぐ数千万人の河南民衆を救ったのはなんと日本軍だった!?現代中国屈指のベストセラー作家が埋もれていた真実に迫った。 中国で映画化計画されるも当局の許可が得られず頓挫。 日本図書館協会選定図書。 「災害と文化」二00八年世界P.E.Nフォーラムで、「温故一九四二」の朗読(山根基世)・画(井上洋介)・音楽(森ミドリ)・脚色(吉岡忍)によるパフォーマンスが上演され、大きな反響を呼ぶ。

レビュー

一九四二~四三年、中国河南省で旱魃(かんばつ)と蝗害(こうがい)による大飢饉(ききん)が発生した。農民は草の根、木の皮はもちろん、空腹を癒(いや)すため毒草や土を食った。人まで食った。餓死者は無慮三百万人。皮肉にも、大飢饉から農民を救ったのは侵略日本軍が放出した軍糧だった。 「歴史ルポ小説」と銘打たれたこの作品を読んで強く印象づけられるのは、飢餓に喘(あえ)ぎながらしぶとく生き抜いた農民の姿もさることながら、それとは対照的に描かれた政治権力の本性である。大飢饉に対して蒋介石(しょうかいせき)はほとんど何もしなかったが、それは実情を知らなかったからではない。彼にとって三百万人の餓死者よりも重視すべきことがほかにあったからだと著者はいう。しかも蒋介石は飢餓の実情を知らないふりをして、河南省から従来どおり重税を取り立てた。おそらくは一部フィクションをまじえることによって、この作品は政治権力の何たるかを鋭く抉(えぐ)り取っている。劉燕子(リュウイェンツ)訳。 評者・戸部 良一(防衛大学校教授) --「読売新聞」2006/06/05

一九四二年、大飢饉で河南省の農民を救ったのは、日本軍だった―。そんな歴史の真実を捉え、ロングセラーとなっている中国の小説がこのほど日本で翻訳出版された。劉震雲さん著、劉燕子さん翻訳の「温故一九四二」(中国書店)だ。日中政府が歴史問題で対立を深めるいま、庶民にとっての歴史とは何か、二人の「劉さん」にたずねた。 「庶民にとって、歴史とは生活の連続。生活とは、食うこと。食べるものがなければ飢え死にするしかない」と、劉震雲さんは力をこめる。同小説は、日中戦争の最中の一九四一年―三年、河南省を襲った旱魃による被災者三千万人、餓死者三百万人という大飢饉の状況を農民、蒋介石ら指導者、米国人記者、日本軍の立場から多面的に描き出した。 飢饉の原因は天災だけでなく、中国軍の容赦ない軍糧のとりたてのせいでもあった。その中で、日本軍は餓死寸前の農民に軍糧を放出した。他の中国人から収奪したものだったとはいえ、農民はこれに応えて、猟銃やクワを握って武装し、軍糧を巻き上げてきた中国軍を武装解除させた。 「民衆が死んでも土地は中国人のもの。兵士が死ねば日本人がこの国をわがものとする」と軍糧の過剰なとりたてを黙認する蒋介石に対し、食べることが何より優先事項だった庶民。「最後に歴史を動かすのは庶民の基本的生活の要求だった」と劉震雲さんはいう。 河南省生まれの劉震雲さんは、当初は故郷の災害史をまとめるつもりで、祖母や叔父らをインタビューし新聞記事を集めていた。史実に初めて触れて驚愕すると同時に「人の記憶は意外にあいまい。こんな大事件をみんなあまり覚えていない」と、ショックを受けた。それではいけないと、九三年に小説として発表。以来、読者の圧倒的支持を得て、今も重版が続くロングセラーになった。”中国の山田洋次”と称される馮小剛監督による映画化も決定。当局の審査が厳しくクランクインが遅れているものの「遅くとも来年の冬には完成する」という。 翻訳者の劉燕子さんはこの小説に魅了された一読者だった。九一年に留学。今は大阪で、文芸誌「藍・BLUE」編集長を務める。「日中の懸け橋になりたいと思って文芸誌を編集してきた。この小説こそ日本の人々に読んでほしい」と、日本語で「劉震雲文学」の世界を再現した。翻訳に当たっては、防衛庁の戦史と照らし合わせ、史実を確認した。 昨年四月の反日デモから一年。しかし劉震雲さんは「故郷(河南省)の老人たちは、日本人に好感を持っている。子供のとき日本兵にアメをもらったりしたそうです」とほほえんだ。 --「産経新聞 2006/04/14

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 226ページ
  • 出版社: 中国書店; 1版 (2006/4/8)
  • ISBN-10: 492477992X
  • ISBN-13: 978-4924779921
  • 発売日: 2006/4/8
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 64,988位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2012年11月2日
形式: 単行本
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2012年1月17日
形式: 単行本
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年9月20日
形式: 単行本
VINEメンバー
2006年6月24日
形式: 単行本
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2006年6月16日
形式: 単行本
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告