中古品:
¥96
お届け日 (配送料: ¥257 ): 7月29日 - 30日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバーに少々イタミ等あり。少々歪みあり。その他、各コンディションに応じた使用感がある場合がございます。アマゾン専用在庫です。丁寧な梱包いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


温対法と省エネ法の原単位問題―「全電源平均」と「火力平均」 単行本 – 2007/4/1

5つ星のうち4.0 4個の評価

価格
新品 中古品
単行本
¥96
¥4

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

温対法の改正に伴い、大規模工場等ではCO2の排出量を国に報告することが義務付けられるなど、温室効果ガス算定・報告・公表制度が始まっています。その中で、電力削減に伴うCO2排出削減量の算定に用いる換算係数を、「全電源平均原単位」か「火力平均原単位」にするかは議論のあるところですが、省エネ法での原単位の考え方も含め、エネルギーの価値を公正に評価することは、今後の省エネ・CO2削減を実効性あるものにするために重要な課題です。本書ではエネルギーフローを把握しながら、具体的データをもとに理論的な解説をしています。今後の我が国のエネルギーとCO2対策(環境政策)の方向性を示唆する書籍です。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

田中/俊六
1971年3月早稲田大学大学院理工学研究科建築学専攻博士課程取得。1971年10月東海大学工学部専任講師(建築学科)。1979年4月東海大学工学部教授。1992年4月東海大学工学部長。1998年4月~2000年3月東海大学学長。2000年5月~2002年5月(社)空気調和・衛生工学会会長。東海大学名誉教授(工学博士)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ オーム社 (2007/4/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2007/4/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 114ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4274203891
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4274203893
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 4個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
4 件のグローバル評価
星5つ
33%
星4つ
33%
星3つ
33%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

VINEメンバー
2008年3月7日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2007年4月25日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2007年5月6日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2007年5月5日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告