中古品
¥ 138
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品となりますので多少のスレ・傷・日焼け・汚れ等はございます。カバー・表紙の装丁・出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます。帯・特典等の付属品につきまして、記載がない場合は付属しておりません。また、店舗でも販売しておりますので売り切れの際は、ご注文をキャンセルし全額返金いたします。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。 199062
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

渡辺芳則組長が語った「山口組経営学」 (竹書房文庫) 文庫 – 2008/6/25

5つ星のうち 3.4 9件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

バブル経済崩壊後暴力団も冬の時代を迎えた。
その中で渡辺芳則五代目組長就任後の山口組は急速に組員を増やし、
引退時までに全暴力団員数の47.5パーセントを占めるまでに至った。
一人勝ち状況をもたらした要因は何か?
渡辺組長をたびたび取材した著者が貴重なインタビューテーフ゜をもとに話を再現。
その語録から組織拡大戦略、人身掌握術、危機管理の対応など「山口組経営」の本質を読み解く。
さらに稲川会・故・石井進会長、弘道会・司忍会長(当時、現・山口組六代目組長)の証言も収録。
山口組ウォッチャーの第一人者が贈る話題騒然の書。

内容(「BOOK」データベースより)

バブル経済崩壊後、暴力団も冬の時代を迎えた。その中で渡辺芳則五代目組長就任後の山口組は急速に組員を増やし、引退時までに全暴力団員数の四十七・五パーセントを占めるに至った。一人勝ち状況をもたらした要因は何か。渡辺組長をたびたび取材した著者が貴重なインタビューテープをもとに話を再現。その語録から組織拡大戦略、人身掌握術、危機管理の対応など「山口組経営」の本質を読み解く。さらに稲川会・故・石井進会長、弘道会・司忍会長(当時/現・山口組六代目組長)の証言も収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 283ページ
  • 出版社: 竹書房 (2008/6/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4812435218
  • ISBN-13: 978-4812435212
  • 発売日: 2008/6/25
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 382,827位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 drg75 投稿日 2014/1/24
形式: 単行本 Amazonで購入
5代目に就任する前の山口組組長の発言をまとめた本。
組織の人数を増やす事で抗争での経費を全員で分担するといった合理的な経営哲学から
仲間内で金の貸し借りや賭け事をしないといった人付き合いの知恵、周囲の敵味方問わず
大物やくざについての組長による人物評まで内容は幅広い。暴対法により世間に手の内を
見せなくなった今の体制からすると近代の任侠界を垣間見れる大変貴重な資料と言える。

組長の「平和の均衡は武力によって維持される」という考えは、当時抗争で生き死にの日常
を過ごしていた集団のトップが語っているので言葉に重みがあり、今の世界情勢にも通ずる
真理を突いている。経営本というよりは組長の生い立ちに関する話がメインで、日本一の親分
の日本一の子分と言われた大物の山健組組長、山本健一氏と出会って大きく成長していくの
だが、山口組内の最大勢力の組長と近づけただけでも幸運なのに山本健一親分の為に身を
投げうって懲役に行ったり忠誠を尽くして苦労もいとわなかったので、やはり努力が強運を
引き寄せたのだと思えた。

その渡世の親である山本健一組長の育て方が苛烈なスパルタ教育では無く、手を出したり
せず諭すやり方を貫いていたのが最も意外で、我々一般社会に
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
山口組の五代目組長の渡辺氏のインタビューをまとめたもの。渡辺氏は少年院や不良少年グループや劣悪な家庭環境とは無縁だったそうな。本書の価値は何と言っても希少性だろう。この手の情報で発言者の名前まで明示されているものは少ない。ただ、タイトルでは「経営学」となっているけど経営に関する話は最初と最後に少し載っているだけで、基本的には渡辺氏がどういう人かを探っている本である。あと、インタビュー中の発言が一部の固有名詞が伏せられていることを除いてそのまんま掲載されているようなので非常に読みにくい。神戸地方の方言(漫才師の関西弁ではない)までそのまんまなので非常によみにくい。

読んでいてわかるのは、普通の組織やら企業やらと共通する部分がけっこう多いということ。幹部にもなると、その辺の下手なお偉いさんよりもマトモかもしれないということ。山口組幹部から経営感覚と度胸と部下への思いやりを取り除いたら…と考えてみると色々と面白い。思い浮かぶ人がけっこういる。もちろん分かりやすい違法行為と切り離せない経営形態なんて褒められたものじゃないが、それを理由に全てが普通の組織よりダメだというのも間違いであることがよくわかる。

本書で最も残念なのは経営やお金のことがほんの少ししか書かれていないこと。暴力団経営もお金とは切り離せないことは強調されているけど具体的な記述に乏し
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今まで何冊かの山口組に関する本を読んできたが今回初めて渡辺組長の

生の声を聞いたような気がします。あの山口組の四代目組長射殺後の混乱の時代にいきなり水生のように現れ一気にトップまで登りつめたその

秘密は何か?また山口組を短期間の内にここまで大きくした秘訣は?今までにこんな組長はいなかったような気がします。性格もあっけらかんとしたやくざであってやくざでないような。でも人をひきつける何かが

あるように思います。今の山口組を知る上で貴重な一冊だと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
本書の著者は「最初にして最後のインタビュアー」と自認しているが、
実際に渡辺氏が組長に就任する前に10回近くも詳細なインタビューをして本書を書いているという。
その点において、単なる噂や周辺関係者の話から書き立てるような記事とは次元が異なり、鬼気迫る迫真の書であると感じられた。
すばらしいノンフィクションだと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
五代目山口組の頂点に立っていた、渡辺芳則組長がいかなる考え方、理論を持っていたかを知ることが出来る。
今は亡き、稲川会会長・石井進氏の話や三代目若頭夫人・山本秀子氏、六代目・司忍組長など今となっては貴重な人物のインタビューが満載である。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告