中古品
¥ 299
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ネッチー書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●●●ごらんいただきありがとうございます。若干日焼けあります。表紙若干スレ、シミ使用感あります。中古品ですので、中身は並です。消毒、クリーニング後、エアーキャップ(プチプチ)包装、発送致しますので安心です。注文確定後2日以内発送致しますが、速達や早く送ることはできません。中古品ですので、美品をお求めの方や、神経質な方はご遠慮ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

渡哲也 俺 単行本 – 1997/11

5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 61
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

がんの大手術から6年、寡黙な男、渡はなぜ今、自らをさらけ出し、半生を赤裸々に語るのか。初めて明かされる衝撃の新事実。

内容(「MARC」データベースより)

人生なんて、言ってみれば流れる雲のようなもの。則天去私ですよ。がんの大手術から6年、寡黙な男、渡哲也はなぜ今、自らをさらけ出し半生を赤裸裸々に語るのか。初めて明かされる衝撃の新事実。


登録情報

  • 単行本: 357ページ
  • 出版社: 毎日新聞社 (1997/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4620311987
  • ISBN-13: 978-4620311982
  • 発売日: 1997/11
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 101,999位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 響子 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/9/9
形式: 単行本
本書は1年間にわたって、毎日新聞に連載された「渡哲也の生きる」をベースとして、構成を大幅に変更して加筆されたもの。
渡さんにまつわる書籍は珍しいので、そういう意味では大変貴重なものだと思います。中古を入手しました。
渡さんのご家族の写真を含めるプライベート写真、出演作の写真、渡さんのご両親の手紙も掲載されているので、読みごたえと共に、見ごたえもある本だと思います。
本書の構成が時系列順ではないため、その点では少し読みずらい部分もありますが、書かれている内容には、すごく感銘を受けました。
著者は、渡さんご本人、高倉健さん、吉永小百合さんたちから、直接取材して著していて、出版にあたっての渡さんからの注文は「自分のことは何を書かれても構わないが、他人を傷つけたり迷惑をかけることだけは避けてほしい」という一点だったそうです。

渡さんの生い立ち、暴れ者になった少年期、映画界入り、運命的な出会いの裕次郎さんとの思い出、奥様との出会いから結婚に至るまで、「西部警察」に出演した5年間への渡さんの驚くべき本音も書かれています。
私は、本書に書かれていた数多くのエピソードに、心を揺さぶられたのです。
反抗期の渡さんに宛てた父の手紙、初めて結婚を意識した女性にまつわるエピソード、裕次郎さんが闘病中に渡さんが決意した壮絶な覚
...続きを読む ›
2 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 大スター、渡哲也の半生を本人や関係者のインタビューを交えて描くドキュメンタリー作。

 渡氏は「西部警察」の大門団長のように完全無欠のタフガイというイメージが強いが、現実は何度も病と闘い休業することがあり、悩みながら生きてきた様子がつづられており、衝撃的であると同時に深い感動を覚える。

 特に、渡氏の苦悩で印象的だったのは、直腸がんにより人工肛門になることを迫られた話である。
 渡氏が直腸がんになった1990年初頭でさえ、芸能人ががんだけでなく、人工肛門であることをオープンにすることがタブー扱いであった。
 しかし、悩みながらも隠すことなく振舞う姿勢に渡氏の人間としての強さを感じ、思わず涙を流しならページをめくってしまった。
 
 また、本書の残念な点は、石原軍団の役者が舘ひろししかピックアップされていなかった点である。
 神田正輝や峰竜太などの話も読みたかった。

 それでも、実弟の渡瀬恒彦との関係や妻子との仲など滅多に明かされないエピソードが細かく述べられ、貴重な写真も多いため、ファンの方にとってたまらない本であることは間違いない。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/11/6
形式: 単行本
最初は「また芸能人の本か~…」と思って読み始めまã-たが、実際、ほとã‚"どの人が抱いているであろう渡å"²ä¹Ÿã•ã‚"のイメージã‚'大きく覆す本でã-た。まず、厳ã-い家庭ç'°å¢ƒã‹ã‚‰å§‹ã¾ã£ã¦ã€è¯éº-なé'å¹'時代、芸能界にå...¥ã£ãŸçµŒç·¯ã€ä»•äº‹å†...容にé-¢ã™ã‚‹ä¸æº€ã€ã¾ã§äº‹ç'°ã‹ã«è¨˜ã•ã‚Œã¦ã„て、ã"れはファンでない私でもかなり興å'³æ·±ã&e...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とかく浮ついた世界とみなされる芸能界で、高倉健さん(惜しくも亡くなられましたが)と並ぶ人格者とされる渡哲也さん。
男として、映画俳優として、完璧すぎる容姿と声を持つ渡さんはまた、病魔との闘いを繰り返してきた、耐える人でもある。

「なぜ自分だけが!」という正直な感情の吐露。弱音。しかし、渡さんはやはり強い。耐える男だ。敬愛していると語る健さんをある意味で超えていると言えるのではないか?自分を慕う者のため、組織のため、家族のため、人のため。多くのものを背負いながら、耐えている姿。逃げ出したい本心を自覚しながら、じっと耐える渡さん。すごい方だと思う。決して見習えはしないが、男の生き方の極北のように思う。

「流れ者に女はいらねぇ」と女をはね退ける渡さん(東京流れ者)。慟哭の熱い涙を流す渡さん(人斬り五郎)。「あちきもすっかりラブでんす」と照れながらおどける渡さん(浮浪雲)。何もやってもサマになる大スター・渡哲也さんの内面を伝える名著。渡ファンはもちろん、潔く生きたいが、つい萎えてしまう弱い男性にも薦めます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告