Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 533

¥ 43の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[藤田晋]の渋谷ではたらく社長の告白〈新装版〉
Kindle App Ad

渋谷ではたらく社長の告白〈新装版〉 Kindle版

5つ星のうち 4.0 220件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 533
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 576 ¥ 192

商品の説明

メディア掲載レビューほか

渋谷ではたらく社長の告白
 インターネット広告代理店・サイバーエージェントの社長が自ら綴った半生記。起業までの道のりや、その後の苦悩を率直に振り返る。

 平凡なサラリーマン家庭に育った著者は、「1度しかない人生を悔いなく送りたい」と起業家を志すようになる。大学卒業後に入社したインテリジェンスでは休みも取らず猛烈に働き、実績を上げた。その働きぶりは宇野康秀社長(現USEN社長)の目に留まり、インテリジェンスの出資を得てサイバーエージェントを設立する。インターネットの拡大に伴って業績を伸ばし、2000年には26歳の若さで同社を東証マザーズ上場にさせた。

 だが、間もなくネットバブルの崩壊に見舞われる。株価が低迷し、株主からの批判が社長に集中。ライバル企業からは買収話がいくつも持ちかけられた。急拡大したツケで、社内も混乱を極めた。著者自ら、株価対策に奔走するが、一向に効果が出ない。社内外から激しい突き上げを受け、絶望の淵に立たされた著者は、一時、USENの身売りを決意したと告白する。

 つき合いのある堀江貴文ライブドア社長や三木谷浩史・楽天社長ら話題の経営者のエピソードも盛り込み、ネット業界の一面がうかがえる興味深い内容となっている。


(日経ビジネス 2005/05/09 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

二一世紀を代表する会社を作りたい――。高校生のときに抱いた起業の夢は、サイバーエージェントの設立により実現した。しかし、社長になった彼を待っていたのは、厳しい現実だった。ITバブルの崩壊、買収の危機、社内外からの激しい突き上げ……。孤独と絶望、そして成功のすべてを赤裸々に告白したノンフィクション。夢を追う人必読の書。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 383 KB
  • 紙の本の長さ: 94 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2013/4/15)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00CBU28FC
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 220件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 4,331位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 mari 投稿日 2016/10/13
形式: Kindle版 Amazonで購入
この本を初めて読んだ当初、衝撃で、良くも悪くも、わたしより年下の時にこの本にある経験をされていたということに衝撃・尊敬しました。
面白かったので周りの人に貸していたら無くなったので、今回電子で購入。
約6年ぶりに読むと、年取った分感じ方も違くて、今読むとちょっと辛いかなという感じ。
若い子に読んで欲しい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
だいぶ前の作品ですが、今読んでも準備の大切さや、変な見栄を張ると良くないということが伝わってきます。さくっと読めますし内容も深すぎないと思うので、ベンチャー企業やIT関係を起業したい方や、若い学生さんにおすすめかなと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ss4 投稿日 2008/10/8
形式: 単行本 Amazonで購入
一気に読破しました(笑)

内容は面白いですが余りにも凡人には真似の出来ない創造力そして行動力の数々には驚かされました。

二十歳そこそこの年齢で、誰が夏の暑い日に、これからどうなるとも分らない会社の新規立ち上げ商品を抱え"自分の名前ではない名刺"(これは実際に本を読んで下さいww)を持ち歩き1日100件の飛び込みが出来ますか?

"後に"来る会社存続の危機は間違いなく社長自身が作った物だとは思いますがそれを救ったのは紛れもなく彼の人脈そしてその時の彼の考え方一つが大変に大きな役割をしたと思います。

起業のみならず社会人にとって彼の思考そして行動は大変に参考になり又、勇気づけられる物でした。

ただ、もう少し"遊び心"を持った方がいいのかもね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
現在私はサラリーマンとして勤めておりますが、藤田さんの様な生き様にとても刺激を受け、感銘致しました。自分自身、このままでは人生において何を目標にしているか分からないまま、惰性で生きて行く事になりそうで、その気付きのキッカケとなりました。ありがとうございます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
1冊目になんとなく選んだのがこの本で良かったです。
時にクスッと、時に涙ぐみながら、時に今の自分の状況と重ねてみたりして、引き込まれて最後まで読み切ることができました。

1番の収穫は、自分が働いている会社が、どんな想いで作られここまで大きくなって来たのかを知ることができたことです。

全ての始まりを知ることで初めてそこに感情移入し、「会社」という何ものでもない無機質なイメージに色がついて、もはや友達のような親近感が湧くのが不思議です。

もっと早く読めばよかった。
本を語るなんておこがましいので、感想のみで失礼します。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「告白」のネーミングはまさにこの本に相応しいと思いました。
ズルいこと、恥ずかしかったこと、傲慢だったこと、弱かった時のこと。
負の部分をここまでさらけ出すビジネス書はないと思います。
幻冬舎の見城徹さんが他の本でこの本について
「優れた青春小説だ。」と言っていたことにも頷けます。

「会社の強さはビジネスモデルではなく、採用や社員の士気の高さ」、
「組織の強さはトップの抜きん出たリーダーシップにある」、
「どんなことがあってもキレたらゲームオーバー」。
ビジネス的なことで学ぶことも多かったですが、
何よりもこの本では、「成功する」とはこういうことなんだ、
ということを教えられた気がしました。

自分の人生をどうしていきたいか、
ということも考えさせられた本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
何も考えずに、「イケてそうな会社」と今秋インターンに参加した自分を恥じた。
サイバーエージェントの大きな魅力は社員にあると思う。それをこの本を読んで更に実感した。サイバーを今受けている就活生は、絶対に読むべきだと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本は経営ノウハウや役に立つ情報というよりからは藤田晋社長のこれまでの人生について書かれています。価格がリーズナブルでしたので評価は☆4です。
藤田晋社長はとにかく仕事に生きる人です。麻雀に明け暮れた大学生活を終え、新卒で入社したインテリジェンスでは朝から晩まで長時間のハードワークをこなし、一年目から圧倒的な営業成績を残しています。そこから、営業力を武器に起業し数々の困難がありました。今こそメガベンチャーと呼ばれるサイバーエージェントですが、買収の危機や赤字続きで世間からの強烈なバッシング、藤田晋社長の孤独、経理ミス、社員をクビにするなどなど様々な苦境を乗り越えてきたことがこの本に書かれてあります。

特に役立つ情報が書かれている訳ではありませんが、右肩上がりに業績を伸ばし続けている社長はどのような人なのか?サイバーエージェントはどのように作られたのか?に興味を持っている人は是非読むべきでしょう。

いくつか非常に心に残っている話がありました。そのうちの一部をご紹介させて頂くと、「ビジネスモデルではなく、採用や社員の士気の高さが競争力になっている」という話です。藤田晋社長が働いていた当時のインテリジェンスのビジネスモデルは他者との差別化は一切なかったようです。しかし、なぜ会社は急成長しているのか?この答えは「他者と比べて明らかに
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover