通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
渇水都市 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、表紙に擦れなどの使用感がある場合がございます。丁寧な梱包にて迅速に発送いたします。 274269
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

渇水都市 単行本 – 2009/9

5つ星のうち 1.9 7件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 782 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

市の財政難でグローバル企業・WE社に水資源を牛耳られた北東京市。深刻な水不足によりテロが頻発する中、幼児に謎の病が蔓延する。水道水が原因という噂を聞いたWE社の海原は調査を 開始するが、調べていくうちに驚愕の事実に直面する……。水問題で海外に翻弄される日本の姿を描く衝撃エンターテインメント! --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

世界的な水不足と地方自治体の財政破綻がもたらした未曾有の水飢饉。「格差」が生み出す不幸の連鎖を断ち切るため、一人の青年が敢然と立ちあがった―。経済小説の雄・江上剛が果敢に挑んだ問題作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 398ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2009/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344017293
  • ISBN-13: 978-4344017290
  • 発売日: 2009/09
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,655,696位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
既に始まっているといわれている水戦争について、
どのように臨場感あふれる作品に仕立てているか
を期待して読み始めた。
しかし、期待は裏切られた。

現実のデータもいくつかは反映されているようだ
が、ストーリーはおとぎ話のように進む。
問題認識はされているようだが、自身の解決策を
提示することなく物語りは終わってしまったよう
だ。

現実の問題を近未来に反映させた作品として、森
氏の「東京スタンピード」や中村氏の「シカゴファ
イル2012」を読んでいたので、水問題をどの
ように料理してくれるかを期待したが、残念な結
果となった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 qma 投稿日 2013/7/29
形式: 単行本
こんなに面白くない小説は久しぶりです。
ストーリーはもちろん、言葉選びにもその組み立てにも文章にもセンスが感じられない。
どういう種類の志を持って書かれたものなのかわからない。
これを読了することと、褒めるポイントをが見つけることは大変困難と言わざるを得ません。

こんな内容でも出版してもらえるなんて…。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 imuzoh 投稿日 2009/11/1
形式: 単行本
これまで江上剛さんの作品は全て読んできました。
金融と人物描写の秀逸さは、他の金融小説とは比べようもありません。

その江上さんが本作では近未来小説に挑戦したようですが、
正直がっかりしました。

安易な人物設定といい、登場人物が用いる言葉の軽さといい、
せっかく購入したハードカバーも読み進めるのに時間がかかりました。

著者としては、新たな境地に踏み込まれた意欲作だったのかもしれませんが、
ファンとしては正直、残念な気持ちでいっぱいです。

これまで、著者の作品を常に内容を立ち読みすることもなく、
自宅に持ち帰るまで我慢できずに、近くの喫茶店で読み始めてしまう楽しさが
あったのですが、今後は店頭で検討してから購入する必要があると感じてしまう
ほどの「駄作」でした。

編集者の方も、きちんと著者と向かい合って、せっかく新たな分野に踏み込む
のなら、それなりのフォローをすべきではなかったでしょうか。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
北東京市を舞台にした2040年の水道事業を近未来小説で仕上げたSF作品。
財政難に喘ぐ自治体は地方自治が行う水道事業を民間に委託した。
しかもその民間は世界最大規模の水道事業者。
電力と同様大事業者には安く一般家庭には高額な料金体系で市民の生活を圧迫している。
ここまでは良いが後は空想小説でオモシロオカシク展開し水道を市民の手に取り戻す内容。
2040年の物価がどの程度かが全く分からないので、作品中の水道料金が果たして高いか安いか全くわからない。
また本自治体以外の水道のあり方などの比較がないためいくら空想とはいえ切実感がなかった。
一般文学通算1431作品目の感想。2015/06/01 19:00
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告