お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

渇き。 プレミアム・エディション(2枚組+サントラCD付)[数量限定] [Blu-ray]

5つ星のうち 3.0 60件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,264
価格: ¥ 4,727 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,537 (25%)
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで3,000円OFF 1 件

通常7~10日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 4,727より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 期間中にパナソニックの液晶テレビとDVD・ブルーレイソフトをまとめて買うと、合計金額から3,000円OFFに。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • DVD商品2500円以上購入で買取金額500円UPキャンペーン対象商品です。商品出荷時に買取サービスでご利用いただけるクーポンをメールにてご案内させていただきます。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 渇き。 プレミアム・エディション(2枚組+サントラCD付)[数量限定] [Blu-ray]
  • +
  • 告白 【Blu-ray完全版】
総額: ¥9,075
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 役所広司, 小松菜奈, 妻夫木聡, 清水尋也, 二階堂ふみ
  • 監督: 中島哲也
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: ギャガ
  • 発売日 2014/12/19
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 60件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00NSKBHYW
  • JAN: 4589921400435
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 19,566位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

『告白』を上回る、衝撃!! 大論争を巻き起こした、中島哲也監督 最新作! 『渇き。』
どいつもこいつも狂い過ぎ?! 日本映画界を代表する超豪華キャスト陣がやり過ぎ熱演!
アウターケース+ブックレット+サントラCD付 スペシャル仕様

[期間限定特典]デジタルコピー付き(ダウンロード可能期間:2014年12月19日~2015年6月30日まで)

【キャスト】
役所広司
小松菜奈
妻夫木聡
清水尋也
二階堂ふみ
橋本愛
國村隼
黒沢あすか
青木崇高
オダギリジョー
中谷美紀

【スタッフ】
監督・脚本:中島哲也
原作:深町秋生「果てしなき渇き」(宝島社刊)

【ストーリー】
元刑事のロクデナシ親父・藤島昭和(役所広司)に離婚した元妻から連絡が入った。
成績優秀なうえ、容姿端麗、学園のカリスマでもある女子高生の娘・加奈子(小松菜奈)が失踪したという。
自分のせいで全てを失った男が、再び“家族"を取り戻すべく、姿を消した娘の行方を追うことに。娘の交友関係をたどって行く先々で、語られる“知らない加奈子像"に戸惑う藤島。
想像を超えて肥大し、踏み入れるほどに見失う娘の正体。
やがて藤島の激情は、果てしない暴走をはじめる―。


【特典映像】
<本編ディスク>
■予告編集(約5分)
■キャスト・スタッフ プロフィール(静止画)
■プロダクションノート(静止画)

<特典ディスク>
■アイシテルからぶっ殺す! [メイキング](約30分)
→主演:役所広司と監督:中島哲也が、“藤島"の人物像、そして“渇き。"にかけた熱い想いについて語った貴重映像。
各主要キャストの名シーンの裏側に迫ったメイキング映像も満載!
■私はわたしを探しています。[メイキング](約35分)
→加奈子役で女優デビューを果たした小松菜奈のピュアな魅力が全開!
映画界最注目の新鋭・山戸結希監督が、小松菜奈の素顔に迫ったスペシャル・メイキング!
■原作者:深町秋生インタビュー(約10分)
→原作「果てしなき渇き」の作者 深町秋生が、原作の誕生秘話、原作と映画の異なる魅力について語ったインタビュー映像。
■イベント集(約25分)
→豪華キャスト陣が登壇した完成披露試写会、初日舞台挨拶など、イベント映像を一挙収録。


※特典映像、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『告白』の中島哲也監督、役所広司ほか豪華キャストで贈るサスペンス。失踪した娘・加奈子の行方を追う父親・藤島昭和。先々で語られる“知らない娘の姿”に彼は激情し、次第に暴走を始める。特典ディスクほかを封入。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
見る観客を選ぶ映画ですね。
私はいきなり購入しましたが
レンタルで見てから買うのが最適。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
とても引きこまれる作品でした。
でも最後見終わって、え…ってなりました。なんだったんだこの作品…

⚫︎残念だった点
一人ひとりのキャラクターが生かされてない感じです。。ネットで解釈をみると「え!そうだったの?」となりました。そこらへんをもっと分かりやすくして欲しかったです。

テンポが早く映像がごちゃごちゃしてて理解できなくなってきます。(私の理解力が乏しいのも原因ですが(^^;;)

確かに予測はできなかったけど、見終わって「え…こんなアッサリな結末なの⁈」ってなりました。

⚫︎良かった点
・小松菜奈ちゃんがめちゃくちゃ可愛いです!異性も同性も虜にしてしまう劇薬です(^.^)
純粋で爽やかな彼女も良いし、化け物みたいに狂った彼女もまた魅力があります。小松菜奈ファンになりそうです

・クレイジーな気分になれます♪

・皆さん演技が素晴らしいです。

⚫︎全体的に
・人を選ぶ作品です。
・グロは少なめですが、流血はR15なのでもちろんたくさんあります。モツも一瞬ですがあります。

個人的には、面白かったけど、面白くなかったと言われると面白くなかったかも…(分かりにくくてすみません(^^;;)とにかく「え…」感がすごいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
役者陣や映像は素晴らしいのだけど、ゴシャゴシャと話が展開するから一度混乱すると話が理解出来なくなったわ。

そういう作りなんだろうけど、『告白』が凄まじかったから、監督も更にぶっ飛んだ奇抜な演出にしようとしたんでしょうね・・・。

解りやすい展開が傑作とは言えないけど、個人的にはこの映画は解りやすく作った方が良かったと思うのよね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
役者さん達の鬼気迫る演技、素晴らしかった!!演技に関しては☆5つ、それ以上です!!この映画で見直した(上からっぽくてすみません)俳優さんがたくさんいました。イメージが変わってしまうことや好感度なんて無視した、役者魂を感じました!痛いシーンの多い映画ですが、痛がる演技、狂気的な演技どれも素晴らしい。
映画全体としてはもう少し分かりやすいといいなと思ってしまいました。もちろん万人受けなど考えてはこの映画は成り立たないんですが、そこそこ映画見てる私も混乱したので。
賛否両論ある映画はある意味秀逸であると思うので(誰が見てもクソ映画、というものはありますが)、あくまで私の評価なのですが、☆2つ減らした理由は最後のクドさと、役所広司さんが「クソが!!」ばっか言っててボキャブラリーが……と思ったので。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
オープニングのジャン・コクトーの詩が何を意味しているのか?
最初は分からなかったのですが見終わった後やっと分かりました…。
なるほど、でも付いて行けない私には…
ってこういうのに慣れてしまう人にはなりたくないかな?

主人公について、ここまで感情移入できないキャラも邦画では珍しいと思います。
ただ、救い様のない男を演じた役所広司さんのキャラクターを演じる幅の広さはには驚かされます。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
細かくカットが切り替わり、時系列が入り乱れ、最終的に一つの物語へと収束していく構成なのだけれど、とにかくカット毎の映像がうまい!配役もハマっている。
なんだかCMのような演出もあったのだけれど、どうも監督はCM出身らしく納得。オープニングのルパンみたいなアニメーションや、妻夫木のアメちゃんキャラなど、邦画特融の漫画っぽい演出には違和感を感じずにはおれないけれど、全体を通して見ればこういう演出の邦画の中ではまぁ許容範囲内で、映画の世界観の中に止まっていたように感じた。映画を見終わって冷静に考えると、やはり妻夫木のキャラはあり得ないし設定もよくわからないけれど、映像作品として見ている間はまぁ楽しめる人には楽しめる範囲だと思う。私は違和感を持ちつつも楽しめた。

原作は見ていないが、作品全体を通して小松奈々が繰り替えす「どこまでも落ちてゆく」というこの種類の美学が映像でしっかり描かれていた。深みのあるストーリーや登場人物への感情移入で唸らせるような見せ方ではなく、映像の連続からストーリーを連想させる演出が、どうも好みが別れるところらしい。確かにこのストーリーとモチーフで違う撮り方もできるだろうが、メッセージとして親子関係の因果や愛情のねじれといったコンセプトを描くよりも、ひたすら墜落してゆく暴力的な快楽をテンポよく映像的に描いた点が私にはむしろ好感触であった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。メンズ 靴 カジュアル靴 スニーカー