この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

清水の次郎長〈上〉 (PHP文庫) 文庫 – 2006/2

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 150
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 292
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • ※在庫僅少本につき、新品でも黄ばみ、5mmほどの折れなど多少の汚損がある場合がございます。この場合、「希少本」を示す低粘着シールが貼付されておりますので、予めご了承ください。


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

旅行けば、駿河の道に茶の香り——。
浪曲でもおなじみの清水の次郎長は、文政3年、駿河国は清水湊にて誕生。遊侠の世界へ身を投じ、喧嘩渡世で諸国を股にかけた“海道一の大親分”。生来の粘り強さと狂暴かつ大胆な気質に加え、状況判断と予測性の鋭さは群を抜き、大政、小政、森の石松ほか多くの乾分(こぶん)を従えて、その名を広く知らしめた「漢(おとこ)の中の漢」である。
本編は、生誕から“次郎長親分”の誕生、久六仇討ち、森の石松斬殺事件までに至る、文政から幕末にかけての激動の若き時代を、鬼才・黒鉄ヒロシが緻密かつ大胆な構図で描いた作品である。「黒鉄歴画」ならではのブラックユーモアを随所に散りばめつつ、アウトローたちの“義理と人情”にあふれたさまざまな人間模様をときにシュールに、ときにコミカルに描く超大作!
次郎長率いる清水一家の並々ならぬ活力がよみがえる、「黒鉄歴画」シリーズ第4弾・<前編>。

内容(「BOOK」データベースより)

駿河国は清水湊の生まれ。遊侠の世界へ身を投じ、喧嘩渡世で諸国を股にかけた清水の次郎長。大政、小政、森の石松…多くの乾分を従えて、その名を広く知らしめた“海道一の大親分”。本編は、次郎長の誕生から久六殺害、森の石松斬殺事件までに至る、文政から幕末にかけての激動の若き時代を描く。次郎長率いる清水一家の並々ならぬ活力がみなぎる、「黒鉄歴画」シリーズ第4弾・“前編”。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 533ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2006/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569665403
  • ISBN-13: 978-4569665405
  • 発売日: 2006/02
  • 梱包サイズ: 15 x 10.4 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 555,083位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/2/29
形式: 単行本
幕末のヒーローを追って漫画化してきた黒鉄氏の番外編的一冊。清水次郎長について細かい資料を収集し、ついに立体化したという印象を受けた。本人はあとがきで「無意味なカタルシス」といっているが、次郎長がなぜ日本人にこれだけ受けたのか、それを知るための一冊ともいえる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
名前は知ってるが、何をした人なのか?
そういう著名人のランキングがあったら
清水の次郎長は入るのではないか?

静岡県清水市生まれの社員に聞いても
あまり明確な答えはなかった。

マンガだけどかなりのボリュームがあり、楽しく読める。
なぜ、清水の次郎長が有名になったのか、
山岡鉄舟との関係は?など書籍でなくマンガで十分理解できる。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この漫画を読んで、清水まで行きました。それほどのインパクトだったと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告